ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第39回 [BRANDED TO KILL]

 『殺しの烙印』(’67年、鈴木清順監督、宍戸錠主演)
 この作品は海外で評価が高い作品です。

 「Hi !! Is this Joe Shishido’s office ?」
 電話の通知を確認すると圏外です。どうやら、国際電話みたいです。
 久しぶりに話す、私の拙い英語・・・

続きを読む

 鈴木清順監督が、日活を後にしなければならなくなってしまった問題作は、外国では大変、人気があるようです。
 本日は、『殺しの烙印』のDVDのコメンタリーのインタビュー撮りです。
 何しろ外国とのお仕事は、本当に大変です。
 会話やメール等が、全て英語ですし、どのような会社なのか調べたりと・・・
 今回の担当者は、途中から英語ではなく日本語をお話しになり、どうやら、かたことの日本語はお出来になるようですが、かえってちゃんぽんでわからなくなってしまいます。
 父も最初はあまり信用していませんでした。
 しかし、いろいろな方の協力により調べた結果、引き受けることにした私達は、麻布十番の外国人専用の素敵なマンション一室のスタジオへ・・・入った途端、そこは、もう海外のようでした。そして、打ち合わせも英語と日本語の半々で行われ、私と担当者が英語で話したり、その方がカナダ出身なので、カナダ留学経験のある太田剣も同席していたので、3人で英語で話していました。
 「インタビューは、最初に英語、それから通訳の方が日本語で質問したら、日本語で答える。そして、後で英語の字幕スーパーがでます」と、父に説明しました。
 「OK !!」と、父。
 「日本語でいいんだからね」と、念を押す私。
 「ローリング スタート!!」と、ディレクターが合図します。
 「ハーイ!! アイム ジョー シシド・・・」
 ディレクターが「ニホンゴ デ オネガイシマス」
 「OK!!」と父。
 「英語でもいけるよ」と、父。
 気分はもうアメリカ人。
 「ソレデハ テイク2」と、ディレクター。
 「ウェル・・・」又もや、英語を喋ろうとする父。
 私達は笑うことを我慢することに苦しくなってきました。
 それからも、何度も英語を話し、やり直しましたが、やっと、日本語で話し始めた父。
 「パーフェクト!!」
 この後、彼等は鈴木清順監督のインタビューを撮りに行くそうです。
 「俺も行って、英語で監督をサポートしてやろうか」
 「アリガトウゴザイマス。タノムトキハ デンワシマス。ヨロシクオネガイシマス」
 私とディレクターは笑みを浮かべています。
 次回の仕事で、ニューヨークに行くかもしれないとお話ししたら、「OK! ニューヨーク デ アイマショウ」と。
 私達は外国の空間を後に、麻布十番の商店街に出ました。
 「蕎麦でも食うか」と、父。
 英語に疲れたのでしょうか・・・
 「やっぱり日本人は蕎麦だよな」
 美味しいお蕎麦を食べながら、だんだん、私達の体と頭は日本人に戻っていきました。

sie110722.jpg
外国版[BRANDED TO KILL]コメント撮り/麻布十番にて


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大