ページの先頭です。

岩本ゆりの「病気との付き合い方~医療コーディネーターからの手紙~」 2010年04月

Letter16「薬局で「今日はどうなさいましたか?」と聞かれたら その2」

 前回は、とある薬局で私が違和感を持ったやりとりを再現しました。今回は、そのやり取りから考える理由と対策について述べてみたいと思います。



Letter15「薬局で「今日はどうなさいましたか?」と聞かれたら その1」

 今回は日常、だれにでも起こりそうな話題です。



Letter14「納得できる医療を受けるにはどうしたら良いですか? その5・まとめ」

 ここまで3回にわたって、失敗例と有効例をご紹介致しました。
 納得医療を受けることが出来た方と出来なかった方、この差はなぜ生まれたのでしょうか。



Letter13「納得できる医療を受けるにはどうしたら良いですか? その4・有効編つづき」

 前回に続いて、50代の男性のがん患者さんの体験談です。



ページトップへ
プロフィール
岩本ゆり
(いわもと ゆり)
看護師・医療コーディネーター、NPO法人楽患ねっと副理事長。楽患ナース株式会社取締役。1995年東京医科大学病院産科病棟、1999年東京大学病院婦人科病棟、特別室・緩和ケア病室を経て、2002年NPO法人楽患ねっと開設、2003年医療コーディネーター開業、現在に至る。
2008年フジサンケイ・大和証券グループ Woman Power Project 第7回ビジネスプランコンテスト優秀賞2003年日本看護協会広報委員就任。
主な著書は『あなたの家にかえろう』(共著、2006年)、『患者と作る医学の教科書』(共著、日総研出版2009年)など。

私は看護師として、患者さんが落ち込んだ時も、前向きな時も、患者さんの人生の傍らに寄り添い、その力となる存在であり続けたいと思います。読者の方々のご相談もお待ちしています。
医療コーディネーターへのご相談は以下のサイトからどうぞ。
楽患ナース[治療や病院選びの強い味方]
メニュー
バックナンバー

文字の拡大