ページの先頭です。

岩本ゆりの「病気との付き合い方~医療コーディネーターからの手紙~」 2010年02月

Letter 7 「セカンドオピニオン取得する際のコツは何ですか? ~その1~」

 「セカンドオピニオンを聞きに行ったのに、『今の医師の診断で問題はない』としか言ってもらえなかった」
 「考えてもみなかった厳しいは現状を聞かされて、気持ちが落ち込んだ」

 というようなケースはよくあります。このような失敗をしないために、今回は『セカンドオピニオンを取るコツ』についてお話したいと思います。



Letter 6 「セカンドオピニオンは取った方が良いのでしょうか?」

 セカンドオピニオンという言葉が広まってきたと感じます。数年前まで「セカンドオピニオンって何ですか?」という質問が多かったのですが、最近は「セカンドオピニオンは取った方が良いのでしょうか?」「どこで取れば良いのでしょうか?」という質問に変わってきました。とはいえ、まだセカンドオピニオンの意味をご存知ない方も多いかと思います。



Letter 5 「良い医師(病院)を紹介して下さい その5」

 前回までに、私にとっての「良い医師」を探すためには3つのヒントとして、

 ○専門性
 ○利便性
 ○相性

があることをお話しました。今回は、最後のまとめです。



Letter 4 「良い医師(病院)を紹介して下さい その4 相性の良い医師(病院)がいいです」

 前回までは、私にとっての「良い医師」を探すためには3つのヒントとして

 ○専門性
 ○利便性
 ○相性

があること、そして「専門性」と「利便性」についてお伝えしました。今回は、ヒントの3つ目医師(病院)との「相性」についてです。



ページトップへ
プロフィール
岩本ゆり
(いわもと ゆり)
看護師・医療コーディネーター、NPO法人楽患ねっと副理事長。楽患ナース株式会社取締役。1995年東京医科大学病院産科病棟、1999年東京大学病院婦人科病棟、特別室・緩和ケア病室を経て、2002年NPO法人楽患ねっと開設、2003年医療コーディネーター開業、現在に至る。
2008年フジサンケイ・大和証券グループ Woman Power Project 第7回ビジネスプランコンテスト優秀賞2003年日本看護協会広報委員就任。
主な著書は『あなたの家にかえろう』(共著、2006年)、『患者と作る医学の教科書』(共著、日総研出版2009年)など。

私は看護師として、患者さんが落ち込んだ時も、前向きな時も、患者さんの人生の傍らに寄り添い、その力となる存在であり続けたいと思います。読者の方々のご相談もお待ちしています。
医療コーディネーターへのご相談は以下のサイトからどうぞ。
楽患ナース[治療や病院選びの強い味方]
メニュー
バックナンバー

文字の拡大