ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> 介護のひとりごと
介護のひとりごと 2010年04月

後悔したくない

84歳になる母親が脳梗塞で倒れ、左半身麻痺と軽い認知症になりその後、6人いる兄弟なのですが、介護は姉3人と私だけで一年間自宅介護してました。
しかし、姉二人は母親を虐待し、食事もろくに与えてもらえない事を知り、施設を考えました。
私ともう一人の姉は仕事があるので・・・。
しかし、上二人は金銭面で援助はしない!と言い出したのです。幼少の頃に可愛がって貰えなかったから・・・の理由でした。
結局、ケアマネさんと相談して昨年4月から施設に入居してもうすぐ一年・・・。
姉達の援助もなく私と姉一人で金銭の援助しながら頑張ってますが・・・。
正直納得は行きません・・・。介護はしない、金銭の余裕がある二人なのに・・・。
姉二人はこの一年間で面会は一度だけです。
母親と暮らしてた兄は母親の貯金全部使い果たし消息不明・・・。
なんか悲しいです。
後何年生きられるか分かりませんが、自分に後悔したくないので頑張ります。

ハンドルネーム:欄



ページトップへ
コーナー紹介
日々の介護でうれしかったこと、たいへんなこと、つらいこと、みんなで共有しませんか。あなたのひとりごとを、聞かせてください。誰かのひとりごとに、お便りをください。
ひとりごとを投稿する
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大