ページの先頭です。

ホーム >> 家庭介護サポーターズ >> 介護のひとりごと
介護のひとりごと 2009年11月

母をきょうだい3人で介護して

一年半、母親を(まだら認知症)を、兄、姉、私の三人で、介護しました。
母親は寝たきりでは、ありませんが、手を貸さないとトイレに一人で行く事もできません。
ケアハウスに週一日行きました。私と姉はせめて週3日は行ってほしかったのですが、
兄がそんなにやるのは可哀想ときょうだいけんかになり、結局兄の言うとおりにしました。
母親は、かなり動けなくなっても、おむつは嫌がりました。
(おむつを、付けたらおしまいだ)と、口癖のように言っていました。
おかげで年中おもらしをし、介護する私たちは、大変でしたが、
意識がある間はおむつはしませんでした。
去年10月に母親は亡くなりましたが、これで良かったと思います。
ケアハウスはもっとうまく兄と母親をなだめて利用すればよかったと思います。
三人だったので、喧嘩しつつも、どうにかできたのだろう思います。

【ます子】



ページトップへ
コーナー紹介
日々の介護でうれしかったこと、たいへんなこと、つらいこと、みんなで共有しませんか。あなたのひとりごとを、聞かせてください。誰かのひとりごとに、お便りをください。
ひとりごとを投稿する
メニュー
バックナンバー
その他のブログ

文字の拡大