ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第37回 スティック・ジージー

 「こっち来い!!」
 落ち着きのない私の子供たち・・・
 「お座り!!」
 ジージーに飛びついて、離れない孫たち・・・

続きを読む

 幼い頃から、宍戸家の犬たちは家族の一員です。
 『拳銃は俺のパスポート』(’67年)や、『殺しの烙印』(同)の映画を演っていた頃、ダックスフンドのヘブライ君、ブラニアンくん、カサノバ君が我が家にいました。彼等は、私が生まれる前、そして、3歳まで過ごした目黒の家、それから、世田谷の今の実家に越してと、移動の多い時期にいた家族の一員です。

 そして、間もなく、『青春喜劇ハレンチ学園』(’70年)、『おくさまは18歳・新婚教室』(’71年)等、コミカルな物にも挑戦しだした頃、ボクサーのアルキメデス君がやって来ました。
 家も建て、子供たちも日に日に成長する中、父は必死に家族のために働きました。
 ですから、テレビのバラエティー番組にも挑戦し、ほとんど家には帰って来ませんでした。そんな環境になったから、大型犬を家族の一員に迎え入れたのだと思います。
 大型犬のボクサーは警察訓練学校にも入れ、大変、優秀な犬でした。そのせいか、その後も、アルキメデス2世、3世、4世・・・と、ボクサーたちが、私たちを守ってくれました。

 私たちも成長し、みんなの時間帯がバラバラになってきた頃、初めての日本犬がやってきました。しかし、父は例によってアルキメデスと名付けました。
 「女の子なのに」と、母。
 「じゃー、アルキメデス子、略してアル子でいい」と、父。
 白い大きな秋田犬はアル子ちゃんと呼ばれるようになりました。

 私は留学先のベルギーからヨークシャテリアのメルロード君を連れて帰ってきたり、ハワイ留学からマルチーズのプリンス君を連れて帰ったりしましたが、すぐに、宍戸家の一員となり、大きなアル子ちゃんと仲良しになりました。

 母が亡くなる前の年まで長生きしたパグのムサシマルコちゃん。彼女は、いつも母と一緒でした。父が出演したバラエティー番組で、元・武蔵丸関とご一緒した際、一緒に写真を撮って頂き、母の宍戸家の家族、ムサシマルコちゃんの説明に、元・武蔵丸関はキョトンされていらっしゃいましたが・・・(笑)

 そして、もっとも凶暴な犬、シェパードが我が家にやってきたときは、皆、怖がり、警戒し、なかなか打ち解けなかったサダムフセインコちゃん。
 いつも、ビッグな名前を付ける父です。

 私は今から十年ぐらいまえに、自身の病により子供を失いました。そして、チワワのケニー君とクール君が私の息子となりました。
 母と息子たちと、いつも近所の公園にお散歩に行っていました。息子たちはおばあちゃま(私の母)のことを『スティック・バーバー』と呼びました。公園に近づき、母を発見し、私が「あ!! スティック・バーバーだ!」と言うと、急いで橋を渡って、母の待っているベンチに走り出します。そして、必ずスティック(犬のおやつ)を母から貰うのです。
 そんな母が、去年、他界してからもお散歩に行く度に、母と待ち合わせた場所が近づくと興奮する息子たち。
 「スティック・バーバーはお空に行っちゃったんだよ」
 仕方なく、息子たちは橋を渡らず帰ります。

 先日、仕事の書類を持って、父の所に息子たちを連れて行きました。父の所には大型犬用の大きなスティックしかありません。
 「お座り!!」と、父。
 大きなスティックを一生懸命食べる二匹。
 「これも持っていけ!」と、おみやげまでくれました。
 やっぱり孫には弱いおじいちゃまです。

 最近、公園の帰りにまっすぐ帰ろうとすると息子たちは実家に寄ろうと、必死に抵抗します。
 「スティック・ジージーのとこ行きたいの?」
 はしゃぐ息子たち。

 スティック・ジージーは、今日も大きいスティックを息子たちにくれました。
「オスワリ!!」
「ヨーシ、ヨーシ(^・^)」

sie110704.jpg


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大