ページの先頭です。

ホーム >> アクティブシニアサポーターズ >> アクティブライフ入門
しえの好奇高齢者俳優・宍戸錠レポート

第21回 “爆笑と問題の日曜日”

 「○○株式会社にレポートに行く仕事ですからね」と、私はバラエティ番組の説明を父にしました。
 「わかった! ソーセージも買ったし、動物とはオレはすぐ上手くいくから!!」と父。
 仕事の書類を渡した私は次の仕事があるため、そそくさと帰路へ。ガレージを後に思わず笑みがこみ上げ、幾度となくその笑みは繰り返します。このまま帰るべきか・・・
 やはり、このままではと、父の元に引き返し、「動物園に行くのではないからね!!」
 「○○会社に行くんだからね!!」と、再び説明し直すと、「よし、わかった!!」と父。さっきの話はどこへやら・・・
 やっと、誤解は解け、「その会社の製品一覧表を調べて、後で持ってくるから・・・」と、私は父の所を今度は本当に後にしました。
 ときどき、酔っているのか、ボケてしまったのか心配になります。

続きを読む

 本日はラジオの仕事。以前に何度かバラエティ番組でご一緒させていただきましたが、面と向ってお話ししたことはなく、彼等と会うことを父は楽しみだと、はりきっています。しかし、オフのときの父の態度を思うと、私はちょっと心配です。トークがメインの仕事。相手はしゃべりのプロ。テンポも速く、ついていけるのかと・・・しかも、生放送。
 私の不安は積もるばかりです。

 少し、早めにラジオ局に着き、プロデューサーからのご挨拶、打ち合わせが済みました。もう、番組は午後1時から始まっていて、父の出演するコーナーは午後4時からです。果たして、彼等のテンポについて行けるのでしょうか、私の方がドキドキしてきました。
 彼等との挨拶もままならず、父はそのアップテンポな空間に飛び込んで行きました。そして、すぐに、業界用語の逆さ言葉で、「チャンユー(石原裕次郎さん)が・・・」等、エンジンがかかり、最後までヒートアップ!!
 だんだん際どいお話になってきたので、これは問題にならないかと、思わず私はプロデューサーに「大丈夫ですか?・・・」と訪ねましたが、バックステージのプロデューサー、スタッフ、弊社スタッフも一同、爆笑でした。

 まさに”爆笑問題”。
 TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」
 ウィットにとんだ日曜の午後(サンデー・アフタヌーン)となりました。

025.JPG
TBSラジオにて、爆笑問題と(2月13日)


--------------------------------------------------
調布映画祭2011 東洋のハリウッドと言われていた頃~赤木圭一郎没後50年~
宍戸錠トークショー&「拳銃は俺のパスポート」上映
3月4日(金)16:10~18:05 調布市グリーンホール大ホールにて
http://www.chofu-culture-community.org/


※コメントはブログ管理者の承認制です。他の文献や発言などから引用する場合は、引用元を必ず明記してください。

コメントを投稿する




ページトップへ
プロフィール
しえ
1963年東京生まれ。83年、20世紀バレエ団附属芸術学校ムードラ(ベルギー・ブリュッセル)にて特別研究生としてモダンバレエを学ぶ。パフォーマンス・アーティストとして活動。女優としてもドラマに出演。93年より俳優のマネージメントを始め、現在、宍戸錠事務所にて父・宍戸錠ほか俳優陣のマネージメントをするほか、エッセイストとして活動。連載エッセイ「しえの がんルネッサンス」(「月刊がんサポート」エビデンス社)、著書に闘病記『がんだってルネサンス』(母で作家の宍戸游子と共著、中央法規)がある。朝日新聞社医療サイトApitalに連載エッセイ「しえの子宮頸がんから始まる新しい旅」3/7(月) スタート。
http://www.mauamoanamana.com(公式サイト)
宍戸 錠 (ししど・じょう)
俳優。1933年生まれ。日大芸術学部中退、日活にニューフェイス第1期生として入社、日活黄金時代に石原裕次郎・赤木圭一郎・小林旭らとダイヤモンドラインとして活躍。“エースのジョー”の愛称で親しまれる。その後はテレビ「巨泉・前武ゲバゲバ90分」「食いしん坊!万才」などでも活躍。最近の出演作品にNHK大河ドラマ「天地人」、映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』、『ケータイ刑事 THE MOVIE 3』(公開中)など。
http://www.joeshishido.com(公式サイト)
メニュー
バックナンバー

文字の拡大