メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

受験者応援 » 社会福祉士

月イチ確認テスト

前の月の「今日の一問一答」の問題から20問を抜粋し、月に一回、「確認テスト」を開催します。満点が取れるまで繰り返しチャレンジしてはいかがでしょうか?

2018年07月分の確認テスト

2018年08月15日

内容が正しい場合には○、誤りの場合には×にチェックして下さい。

設問
1
社会福祉士は、専門性の維持・向上を目的として、資格更新研修を受けなければならない。
 
設問
2
リッチモンド(Richmond,M.)は、ケースワークの過程と対象として、個人に直接働きかける直接的活動と、社会環境を通じて働きかける間接的活動を挙げた。
 
設問
3
ジェネラリスト・アプローチは、アメリカにおけるソーシャルワークの統合化の一形態である。
 
設問
4
ノーマライゼーションの理念は、1950年代のデンマークにおける知的障害のある人たちの親の会の活動と、その活動にかかわっていたバンク-ミケルセン(Bank-Mikkelsen,N.)によって具現化された。
 
設問
5
日本社会福祉士会の「社会福祉士の行動規範」によれば、社会福祉士は調査研究の結果を公表する場合、調査者の利益を優先しなければならない。
 
設問
6
システム理論に基づく相談援助では、援助の対象としての個人は、システム概念から除外される。
 
設問
7
問題解決アプローチでは、強化による行動変容によって適応行動を増やす技法を用いる。
 
設問
8
モニタリングは、支援の実施過程において、新たな対応や計画見直しの必要性等の確認を目的として行われる。
 
設問
9
社会資源とは、施設・設備、資金・物品などの有形のものをいう。
 
設問
10
グループの凝集性とは、メンバーがどのような思いや感情を持ってグループの場面にやってくるのかを、援助者があらかじめ理解しておくことである。
 
設問
11
社会福祉法人は、他の社会福祉法人と合併することができる。
 
設問
12
あらゆる環境に適した組織化の唯一最善の方法が存在するという考え方を、コンティンジェンシーアプローチと呼ぶ。
 
設問
13
チームメンバーの人数が多いほど、建設的な交流が促進される。
 
設問
14
年数が経つにつれてキャリアの高原状態に入ることをキャリアアンカーと呼ぶ。
 
設問
15
「平成28年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によれば、高齢者世帯の生活意識をみると、全体の約9割の世帯が、「大変苦しい」又は「やや苦しい」となっている。
 
設問
16
片麻痺がある人が杖歩行で階段を上るとき、杖の次に患側の足を出すように助言する。
 
設問
17
定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、夜間の巡回訪問により、介護その他の生活上の世話をするものである。
 
設問
18
国民健康保険団体連合会は、事業者・施設の利用料金、職員研修の実績などに関する介護サービス情報の公表を行う。
 
設問
19
認知症サポーターを養成する事業は、介護保険法において地域支援事業の一つとして法定化されている。
 
設問
20
「平成23年度全国母子世帯等調査」(厚生労働省)によると、母子世帯になった理由は、死別より離婚等の生別の方が多い。
 

採点結果

あなたの得点は 点です。

問題と解答・解説

設問
1
社会福祉士は、専門性の維持・向上を目的として、資格更新研修を受けなければならない。
正しい答えは『×
社会福祉士の資格更新研修は規定されていない。なお、認定社会福祉士認証・認定機構は、平成24年度に社会福祉士の能力開発とキャリアアップを支援し、その習得した実践力を認定する仕組みとして、認定社会福祉士制度を創設した。
設問
2
リッチモンド(Richmond,M.)は、ケースワークの過程と対象として、個人に直接働きかける直接的活動と、社会環境を通じて働きかける間接的活動を挙げた。
正しい答えは『○
リッチモンドは『ソーシャル・ケース・ワークとは何か』(1922年)において、(1)個性と個人的特徴への洞察、(2)社会環境の資源、危険、影響についての洞察、(3)心から心へ働きかける直接的活動、(4)社会環境を通じて働きかける間接的活動、の四つのスキルが必要であるとした。
設問
3
ジェネラリスト・アプローチは、アメリカにおけるソーシャルワークの統合化の一形態である。
正しい答えは『○
ジェネラリスト・アプローチとは、ケースワーク、グループワーク、コミュニティワークなど、伝統的な方法の区分が対象者の問題や対応を分断するという視点から、統合アプローチとして体系化されたものである。
設問
4
ノーマライゼーションの理念は、1950年代のデンマークにおける知的障害のある人たちの親の会の活動と、その活動にかかわっていたバンク-ミケルセン(Bank-Mikkelsen,N.)によって具現化された。
正しい答えは『○
設問のとおり。ノーマライゼーションは、1959年にデンマークの「1959年法」(知的障害者及びその他の発達遅滞者の福祉に関する法律)に導入され、「ノーマルな生活状態にできるだけ近づいた生活をつくり出すこと」と簡潔に文章化された。
設問
5
日本社会福祉士会の「社会福祉士の行動規範」によれば、社会福祉士は調査研究の結果を公表する場合、調査者の利益を優先しなければならない。
正しい答えは『×
「4)。専門職としての倫理責任」の「7.調査・研究」において「社会福祉士は、社会福祉に関する調査研究を行い、結果を公表する場合、その目的を明らかにし、利用者等の不利益にならないよう最大限の配慮をしなければならない」と規定されている。
設問
6
システム理論に基づく相談援助では、援助の対象としての個人は、システム概念から除外される。
正しい答えは『×
システム理論に基づく相談援助の対象は、人と環境との全体的視座から把握されるため、援助の対象としての個人はシステム概念を構成する一要素である。
設問
7
問題解決アプローチでは、強化による行動変容によって適応行動を増やす技法を用いる。
正しい答えは『×
設問の技法は、行動変容アプローチである。設問にある「強化」はスキナー(Skinner,B.F.)によるオペラント条件付けで用いられている。オペラント条件付けでは、「正の強化」「負の強化」の2種類があげられている。
設問
8
モニタリングは、支援の実施過程において、新たな対応や計画見直しの必要性等の確認を目的として行われる。
正しい答えは『○
設問のとおり。支援の開始後に、利用者のニーズに変化はないか、支援計画が利用者のニーズから乖離していないかなどを支援の実施過程のなかで経過観察を行い、必要に応じて新たに求められる対応や計画の見直しを行うことが、モニタリングの基本的な機能といえる。
設問
9
社会資源とは、施設・設備、資金・物品などの有形のものをいう。
正しい答えは『×
社会資源は、有形のものに限定されず、情報、知識、技能など無形のものも含む。例えば、再就職のために就労能力を得ることがニーズである場合、就労に必要な知識、技能の伝達は無形の社会資源となる。
設問
10
グループの凝集性とは、メンバーがどのような思いや感情を持ってグループの場面にやってくるのかを、援助者があらかじめ理解しておくことである。
正しい答えは『×
設問は波長合わせについての説明である。グループの凝集性とは、グループワークが機能するために必要なグループのまとまり、メンバーの絆のことである。
設問
11
社会福祉法人は、他の社会福祉法人と合併することができる。
正しい答えは『○
設問のとおり。しかし、同じ公益法人である医療法人や特定非営利活動法人、学校法人などとは合併することはできない。
設問
12
あらゆる環境に適した組織化の唯一最善の方法が存在するという考え方を、コンティンジェンシーアプローチと呼ぶ。
正しい答えは『×
コンティンジェンシーアプローチは、唯一絶対(最善)の組織の構造や形態、リーダーシップ等は存在せず、環境が異なれば、最も有効な組織も異なるという考え方である。
設問
13
チームメンバーの人数が多いほど、建設的な交流が促進される。
正しい答えは『×
チームメンバーの人数が多いと、一人ひとりのメンバーがその集団から影響を受け、相互依存関係となるため、建設的な交流は行われにくい。
設問
14
年数が経つにつれてキャリアの高原状態に入ることをキャリアアンカーと呼ぶ。
正しい答えは『×
シャイン(Schein,E.H.)は、キャリア、職業における自己概念/セルフイメージを「キャリアアンカー(キャリアの錨)」と名づけた。
設問
15
「平成28年国民生活基礎調査」(厚生労働省)によれば、高齢者世帯の生活意識をみると、全体の約9割の世帯が、「大変苦しい」又は「やや苦しい」となっている。
正しい答えは『×
高齢者世帯の生活意識については、「大変苦しい」「やや苦しい」が全体の52.0%となっている。
設問
16
片麻痺がある人が杖歩行で階段を上るとき、杖の次に患側の足を出すように助言する。
正しい答えは『×
杖の次に健側の足を出すように助言する。患側(麻痺側)はつま先に重心をかける動作が行えず、自然に足を前に出す動作が困難となる。まず杖をついて、患側に倒れることを防ぎ、次に杖でバランスをとりながら健側から階段を上り、杖と健側で重心のバランスをしっかりとったうえで、患側を引き上げるようにする。
設問
17
定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、夜間の巡回訪問により、介護その他の生活上の世話をするものである。
正しい答えは『×
設問は、夜間対応型訪問介護の記述である。定期巡回・随時対応型訪問介護看護の巡回は夜間に限るものではなく、また「看護」という言葉が含まれることからわかるように、看護師などが療養上の世話や必要な診療の補助も行う。
設問
18
国民健康保険団体連合会は、事業者・施設の利用料金、職員研修の実績などに関する介護サービス情報の公表を行う。
正しい答えは『×
介護サービス情報の公表を行っているのは都道府県知事であり、都道府県知事は指定する情報公表センターに情報公表事務を行わせることができる。
設問
19
認知症サポーターを養成する事業は、介護保険法において地域支援事業の一つとして法定化されている。
正しい答えは『×
認知症サポーターの養成は、介護保険法において法定化されたものではない。「認知症サポーター等養成事業実施要綱」では、都道府県・指定都市の認知症施策等総合支援事業の認知症施策普及・相談・支援事業を、市町村の地域支援事業の任意事業を活用できるものとしているが、法定化されてはいない。
設問
20
「平成23年度全国母子世帯等調査」(厚生労働省)によると、母子世帯になった理由は、死別より離婚等の生別の方が多い。
正しい答えは『○
母子世帯になった理由別の構成割合は、生別世帯が92.5%である。前回調査に比べて生別世帯は2.9%増加しており、死別世帯は7.5%と前回調査に比べて2.2%減少している。

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2019

社会福祉士合格アプリ2019
一問一答+模擬問題+過去問題

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
多彩な問題で試験対策は万全!
一問一答コンテンツ リリース! 9月3日(月)までセール中!!
  • ダウンロードはこちらから
    App
    Google

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。