メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

ブックス一覧

障害があって外出ができないという人がいたら、その障害を軽減させたり、周囲の環境を変えたりして、その人が外出できるように支援する必要性があります。障害があって食事ができない(食事環境がその人の障害に対応できていない)人にも…

ブックス一覧

「なぜ今、このタイミングで、全く新しい企画の話を熱く持ちかけているのだろう……」私と向き合っている久田先生は、これから連載の単行本化に向けての作業が始まるのに、何を言い出しているのかと、不思議に感じたと思います。そのとき…

ブックス一覧

本書は「アローチャート」と銘打ってますが、それを知らなくても大丈夫。とにかく『アセスメント力を付けたい』と思っている方に是非読んでいただきたい一冊です。「アセスメントって、もやっとするものがある」「そもそも良くわからない…

ブックス一覧

「医療的ケア児」とは、人工呼吸器を装着している障害児や日常生活を営むために医療を必要とする状態にある障害児などをいい、全国で約17,000人いるとされています。近年、周産期医療における救命率や集中治療の技術が著しく進歩し、か…

ブックス一覧

本書は、子どもや同僚、保護者など、人と接することを仕事とする保育者が、自分の感情(特に怒り)をどのようにコントロールすればよいのか、その考え方と方法を提案するものです。保育の現場を訪ねると、保育者や保護者が子どもを叱って…

ブックス一覧

500以上の介護事業所、1万人以上の現場の声から生まれた本!著者の大野萌子先生は、産業カウンセラーとして、一般企業はもとより、防衛省や文部科学省においても、人間関係改善に必須のコミュニケーションスキル、ハラスメント対策、ス…

ブックス一覧

「医療的配慮の必要な子ども」とは?最近、テレビや新聞で「医療的ケア児」という言葉を耳にしたり、目にしたりすることがあるのではないでしょうか。「医療的ケア」の必要な子どもというと、気管切開をして人工呼吸をつけて、いくつか管…

ブックス一覧

著者・監修者は、筑波大学の水野智美先生と徳田克己先生です。お二人とも研究や講義の傍ら、全国の保育所・幼稚園等に巡回指導に出かけて「気になる子」についての相談に応じ、対応方法を研究してきました。また、保育者がしてしまいがち…

ブックス一覧

雑誌の連載がそもそもの始まりだけど…弊社の雑誌「ケアマネジャー」で連載をされている高室成幸先生から「ケアマネの会議の本」のご提案をいただきました。ちょうど連載で会議を取り上げていらっしゃった時期でしたので、当時は、単純に…

ブックス一覧

「起立性調節障害(OD:Orthostatic Dysregulation)」をご存じでしょうか?起立性調節障害は、思春期によくみられる自律神経機能不全であり、思春期の子どもの約1割、概算で100万人程度いると言われています。「頭が痛くて朝起きられ…

1 / 1312345...10...最後 »