メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

スキップは、設立から13年が経ちました。ヘルパーは9人になりましたが、相変わらず小さな法人です。しかし、コンセプトはいまもずっと変わらないものを持ち続けています。介護産業が大規模化し、施設がどんどんできていく中で、ボランテ…

専門職応援一覧

向上心をもつのは大事なことです。今よりも、もっといい生活がしたい。成長したい。給与も高くなるようにしたい。動機は何であれ、そういった向上心をもち、行動することが成長につながります。以前、セミナーの後の懇親会で、現場のスタ…

専門職応援一覧

認知症のグループホームには外部評価が義務づけられている。仕組みが始まった当初から、これは婆さんにとって応援してくれる人が増える仕組みだから、僕らにとって「仲間なんだ」と言い続けてきたが、首をかしげたくなるような話もたんま…

専門職応援一覧

神様のいたずらか!「NPO法人障害者・高齢者自立支援スキップ」の活動も落ち着いて、穏やかな日々を送り始めた頃、丸山さんの胃がんが発見されました。頸髄損傷という重篤な障害を受け入れ、大学に復職し、退職まで学生の教育に心血を注…

専門職応援一覧

先週末、千葉県千葉リハビリテーションセンター愛育園・児童発達支援センターの虐待防止研修に講師として参加しました。講演とグループワークのセッションがあり、参加者の熱意と集中力にあふれた研修会でした。千葉リハビリテーションセ…

専門職応援一覧

2004年に、「ようやく落ち着いて、不自由ながらも穏やかな日々を送っています」という年賀状を送ってから間もない3月の初めごろ、夫は胃の不調を訴えました。身体のことには割と神経質だったので、それはよくあることでした。私も「また…

専門職応援一覧

新年度が始まり、ようやく落ち着いてきましたでしょうか?来月の5月25日に、私が主宰するCADL研究会の第2回目の発表会を行います。今回は、私の講義「CADLとモチベーション」(予定)とCADL研究会風の事例検討会の様子を、ライブで皆さ…

専門職応援一覧

第4回で芦花ホームの食事介助のあり方が変わるきっかけとして、Bさんの姉さん女房の看取りについて紹介しましたが、今回は特養の食事介助のあるべき姿について思うところを書かせていただきます。空腹は最高のスパイス一日600キロカロリ…

専門職応援一覧

何十年かぶりで人形劇を観に行きました。演目は、宮沢賢治の『注文の多い料理店』です。本当に楽しかったのですが、その楽しさは、人形を見て童心に返ったとかテーマが社会派なので感じ入ったとか、というだけでは説明しきれません。きっ…

専門職応援一覧

丸山さんが頸髄を損傷してから、ご夫婦で経験された本人や家族の思いをはじめ、医療や身体機能の考え方、生活支援方法、福祉用具や住環境のあり方、就労環境の整備方法、社会参加方法の体験と、ヘルパーの介助方法や労働条件、介護業務の…