メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援一覧

日本子ども家庭総合研究所の調査により、親からの虐待を理由に、児童相談所の一時保護所に入所した子どもの、半数近くは過去にも保護されていることが明らかになりました。こうした調査は本邦初だと思いますが、虐待の再発防止は不十分だ…

専門職応援一覧

受け身の姿勢で相手と接することも、時には大切です。相手を受け止める気持ちで接していくことで、その気持ちが伝わり、よい関係ができると思います。相手の意見を尊重することにもなるので、大切な姿勢だと思います。意見を言われた時も…

専門職応援一覧

グループホームでマタマタ火災発生!仲間からメールで一報を受け取ったときは「大丈夫やった」って犠牲者が出たかどうかを心配してしまった僕だが、今回はこれまで犠牲を出してきた教訓が生きて何とか犠牲者を出さずに済んだようだ。やっ…

専門職応援一覧

垣谷美雨(かきや みう)著『子育てはもう卒業します』(祥伝社、2013年)という小説を読みました。大きな書店でたまたま見つけたのですが、読み終わるまでずっと興味の尽きない本でした。1970年代後半から今日までの、専業主婦を余儀な…

専門職応援一覧

昨日、私の人生初の年齢の人のお話を聴く機会があった。その方の名は、日野原重明先生。言わずと知れた「歩くアンチエイジングの巨人」。今風に言うと、「102歳の進撃の巨人」といえばいいでしょうか。この日野原先生の講演会が、中央法…

専門職応援一覧

今後、特養で“看取り”を行わなければ、特養の存在意義はない、というくらいの時代になってきているわけですが、そうは言ってもまだブレーキをかけている要因があります。それは、第6回でも触れた家族の思い、家族の迷い、家族の情念と…

専門職応援一覧

関係者の関心事、介護保険改正のデフォルトは、「要介護の状態になっても、住み慣れた地域で生活し続けられるように、医療、介護、介護予防、住まい、生活支援が包括的に確保される体制の整備」だと思います。そして、それを実現する仕掛…

専門職応援一覧

5月29日で45歳になりました。30歳を超えてから40歳になるまでは、「あー、歳はとりたくねえな」と歳をとることに対してネガティブでした。しかし、41歳になる前に「がん」を発症して入退院を繰り返していると、誕生日を迎えるたびに「今…

専門職応援一覧

以前、鵤公舎(いかるがこうしゃ)の小川三夫先生の講演を聴く機会がありました。小川先生は、奈良の法隆寺に修学旅行に行った時に大工を志したそうです。学生時代は記憶力が悪く、中学の時の先生には「おがわてんにならず」と言われたそ…

専門職応援一覧

自治体の障害者虐待防止の取り組みは、自治体や担当者によってかなり実態に開きがあります。「明らかに虐待だと考えたから自治体に通報したのに、迅速な対応をしないどころか、“虐待ではない”との結論になった」とか「虐待かどうか明ら…