メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今月のおはよう21

おはよう21

介護専門職の総合情報誌『おはよう21』最新号の内容をご紹介します。

認知症ケアのこれからはどうなる? 「本人中心」の支援に向けたさまざまな動き

 介護現場の皆様にとって認知症ケアは最大の関心事の一つでしょう。おはよう21編集部でも取材等でさまざまな悩みを伺います。
 その中で最も多いのは「拒否」や「徘徊」などの「BPSD(行動・心理症状)」に関するものですが、近年は「BPSD」と呼ばれる行動には必ずその人なりの意味があること、そこに介護職が気づき対応することの大切さもよく知られるようになり、介護実践に生かされてきていると感じています。と同時に、そうした行動を安易に「BPSD」という言葉でくくらないという認識も広まりつつあると思います。
 また、社会全体に目を向けると、認知症の人が急増する我が国にあって、医療や介護だけが認知症の人々に対応するのではなく、社会全体が認知症の人を当たり前の存在としてとらえる社会の構築が必要だという声もよく聞かれるようになりました。

 さて、3月27日発売のおはよう21(2019年5月号)では、こうした状況の中で「認知症ケア」は今後どのような方向に向かっていくのかを知るための「キーワード」を特集しております。
 「制度・施策」「ケア」「医療」「地域」「本人の思い」「テクノロジー」の各分野に精通した執筆者に今後の方向性を50のキーワードとともに語っていただきました。また、コラムとして、認知症ケアの最前線で活躍する皆様にも文章を寄せていただいております。各分野それぞれに様々な動きがありますが、共通するのはやはり「本人中心」。「本人の声」を第一にケアや支援を考えていくスタンスです。
 日々、現場で認知症ケアに携わっている皆様に、ぜひお手に取っていただき、実践のヒントにしていただければ幸いです。
 後日、誌面の一部もこのけあサポで公開いたします。お楽しみに。

今月の特集

知っておきたい認知症ケアのキーワード50

  • 1 制度・施策:田中元 介護福祉ジャーナリスト
  • 2 ケア:永田久美子 認知症介護研究・研修東京センター研究部長
  • 3 医療:繁田雅弘 東京慈恵医科大学精神医学講座教授
  • 4 本人の思い:永田久美子 認知症介護研究・研修東京センター研究部長
  • 5 地域:小森由美子 NPO法人地域生活サポートセンター
  • 6 テクノロジー:岡田誠 認知症フレンドリージャパンイニシアチブ共同代表理事

今号からリニューアル

 最後に、本誌は今月から4年ぶりにリニューアルをいたしました。デザインを一新して、内容的にも「制度」「研修」「マネジメント」に関する連載をスタートしたほか、和田行男さん・杉本浩司さんをナビゲーターに読者の皆様の声を取り上げる「読者参加型企画」、動画連動型の介護技術解説など、介護現場の皆様にますます役に立つ雑誌を目指してパワーアップしました。

新連載が一挙にスタート!

  • 効果あり! 職員研修はこうすればうまくいく
    → 「ほかの施設ではどうやっているの?」気になる職員研修のプログラムを紹介します。初回のテーマは「年間計画の立て方」です。3つの法人・施設の年間計画とそのポイントを公開します。
  • “イマココ図解"でわかるどうなる? 介護保険・社会保障制度 田中元
    → 複雑な制度の動きの過去・今・未来をわかりやすく図で解説します。初回のテーマは「アウトカム評価の拡大が現場のケアに与える影響」です。
  • 注目ニュースPICK UP
    → 毎号3人の“情報通”が気になるニュースにコメントします。初回は山崎亮さん(コミュニティーデザイナー)、金山峰之さん(小規模多機能事業所ユアハウス弥生)、竹下康平さん(ビーブリッド代表取締役)が登場。一体どんなニュースをピックアップしたのでしょうか。
  • 写真と動画でわかる介護技術スキルアップ 田中義行
    → つい見逃しがちな介護技術のポイントをおなじみの田中義行さんが解説。写真の解説がインターネット動画にも連動しており、体の動きを映像で理解できます。
  • 認知症ケアを変える! 認知症の症状の読み解き方 戸谷修二
    → 認知症の症状を、医学的な視点から正しく理解し、適切にかかわるための視点を整理。
  • 介護現場のマネジメント最前線
    → 人材育成、業務の効率化、外国人職員の採用…。介護現場でますます重要視される「マネジメント」の手法に焦点を当てる連載。初回は社会福祉法人合掌苑の「アメーバ経営」の取り組みを紹介します。
  • 注目対談 和田行男×杉本浩司「介護って何?」
    → 来月からスタートする「読者参加型連載「介護」を語ろう」の初回を記念して、ナビゲーター役の和田行男さん、杉本浩司さんがそれぞれの介護への思いを語るトークイベントを開催しました。その模様をお届けします。

『おはよう21 2019年5月号』
  • 本書のお買い求めは、中央法規オンラインショップが便利です。
    さらに年間契約で合計5,728円お得になる、便利な定期購読も!
  • 電子版も好評発売中!
    販売サイトはAmazon富士山マガジンサービスから順次拡大予定!
  • けあサポでは今後、中央法規出版発行の月刊誌『おはよう21』『ケアマネジャー』について、最新号のお知らせや、介護現場の皆様に役立つ記事の公開をしてまいります。