メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

今月のおはよう21

おはよう21

介護専門職の総合情報誌『おはよう21』最新号の内容をご紹介します。

要介護の「原因」に合わせたケア、できていますか?

 要介護状態にある利用者が介護を必要とするようになる背景には、疾患や障害など、さまざまな理由があります。
「平成28年 国民生活基礎調査」(厚生労働省)の「要介護度別にみた介護が必要となった主な原因」によると、要支援者では「関節疾患」が 17.2%と最も多く、「高齢による衰弱」16.2%、「骨折・転倒」15.2%の順となっています。一方、要介護者では「認知症」が最多の24.8%。以降、「脳血管疾患」18.4%、「高齢による衰弱」12.1%が続きます。
 このように要介護状態を招く原因は多種多様なのですから、たとえ同じようなケアが必要な利用者であっても、当然その原因に合わせてケアの手法も変えていかなければいけません。

 しかし、取材を通じて見えてきたのは、人手不足などの状況のなかで、利用者の既往歴や現病歴を把握できていない職員も少なくないということでした。またケアの基礎となる身体の構造に関する基礎知識や疾患・障害の理解が不十分なために、他職種からの情報が活かされていないという現実も見えてきました。

 このような状況を受けて、発売中の「おはよう21」最新号(2019年3月号)では、「今すぐ点検! 疾患別のケア○と× 状態の悪化を防ぐために」を特集しています。要介護となる原因として多い疾患について、症状や治療といった医学知識とともに、やってはいけないケアとその改善方法を、わかりやすい○×形式で解説します。

 第I章では、連載「重度化を防ぐ ポジショニング・シーティングの技術」でお馴染みの田中義行さん(株式会社大起エンゼルヘルプ 理学療法士、事業部長補佐)に、介護職が疾患や障害の特性を理解していることの意義について語っていただきました。

 続く第II章では、山崎隆博さん(医療法人崇徳会 田宮病院 理学療法士)、中村和人さん(社会福祉法人エンゼル福祉会 特別養護老人ホーム おたけの郷・藤代なごみの郷 理学療法士)、大西美智子さん(天使の翼訪問看護 看護師・介護支援専門員)、長藤成眞さん(社会医療法人社団大成会 長汐病院 看護師・介護福祉士)の4名に、「関節リウマチ」「変形性関節症」「脊柱管狭窄症」「骨粗鬆症」「心不全」「糖尿病」「脳血管疾患」「パーキンソン病」の8疾患について、疾患の特徴とともに具体的なケアの手法をまとめていただきました。

 なお、後日、本特集の内容も一部このけあサポ内で公開する予定です。そちらも、お楽しみに。

今月の特集

今すぐ点検! 疾患別のケア○と× 状態の悪化を防ぐために

  • I 疾患や障害の特性を理解する
  • II 疾患別 やってはいけないケアと改善ポイント

「関節リウマチ」「変形性関節症」「脊柱管狭窄症」「骨粗鬆症」「心不全」「糖尿病」「脳血管疾患」「パーキンソン病」


好評連載中!

 現代の魔法使い・落合陽一さんがテクノロジーによる介護の変容を紐解く「介護の未来」や外国人介護人材の受け入れに向けた体制整備の手法がわかる「外国人介護人材の受け入れ方・育て方」など、介護業界・現場で起こるさまざまな出来事を多角的にとらえた連載が満載です!

  • 【在宅特集】薬のリスクに早めに対応 服薬介助の場面でのリスクを察知する
  • おはようクローズアップ:(地域ケアサポート館 福わ家)
  • おはようアルバム
  • 落合陽一が描く介護の未来:落合陽一
  • “最期まで口から食べる”を支えるケア:菊谷 武
  • 高齢者の病気と薬の基礎知識:佐々木 淳(監修)
  • 認知症の人の思いと力を引き出す支援:稲田秀樹
  • 鎌田實の△な介護のすすめ:(対談)齋藤瞳さん(アオバ住宅社代表)
  • スキン・テアの予防とケア:南 由起子
  • 重度化を防ぐ ポジショニング・シーティングの技術:田中義行
  • あなたはどう考える? 利用者からの「暴力」:藤田 愛
  • 【短期集中連載・最終回】「傾聴」スキルを高めるかかわり方:中尾浩康
  • 施設長・リーダーのための 人材定着・育成のルール:杉本浩司
  • 【短期集中連載】2018年スタートの「共生型サービス」(前編)
  • 外国人介護人材の受け入れ方・育て方:村上隆宏

『おはよう21 2019年3月号』
  • 本書のお買い求めは、中央法規オンラインショップが便利です。
    さらに年間契約で合計5,728円お得になる、便利な定期購読も!
  • 電子版も好評発売中!
    販売サイトはAmazon富士山マガジンサービスから順次拡大予定!
  • けあサポでは今後、中央法規出版発行の月刊誌『おはよう21』『ケアマネジャー』について、最新号のお知らせや、介護現場の皆様に役立つ記事の公開をしてまいります。