メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

「自分が夜勤のときを願っていました」ちょうど3年前、開設時に入居された婆さんがグループホームで亡くなったが、その婆さんを看取ったのは、開設当初からその婆さんとお付き合いさせていただいた四年目を迎えた職員で、その職員がくれ…

専門職応援一覧

 認知症になりたい。以前にもブログで触れたが、本気でそう考えて取り組んだ時があった。その理由は簡単明瞭で、認知症という状態にある人たちへの「理解」や「施策」が、僕が思うようになかなか進まない中で、「当事者の声が一番…

専門職応援一覧

介護福祉士会の集まりにお招きいただき、高知県に行ってきた。高知県といえば坂本竜馬であるが、実は僕の生まれ故郷でもある。生まれ故郷ということもあって、つい熱が入り過ぎて、受講してくれた人たちには「?」の内容になったかもしれ…

専門職応援一覧

全国各地を訪ねさせていただき、僕がもっとも羨ましく憧れたのは「土着」。その土地に生まれ、育ち、成人し、その土地で仕事をする。子どもの頃から転々と暮らしの拠点を移してきた僕にできなかったこと。それが「土着の活動」である。土…

専門職応援一覧

そもそも支援とは、「必要なときに・必要なことを・必要な分だけ」が原則であり、「何が・いつ・どれだけ必要かを見極めること」がアセスメントというものではないか。ところが、アセスメントができたとしても、手立てがとれない現実があ…

専門職応援一覧

全国各地でさまざまな取り組みがされているが、僕の関係するところでも、ショッピングセンターの中に通所介護を開いた(写真奥)。経済産業省の調査活動を経て、センターの活性化を軸に、ひいては町の活性化策の一環として、行政や介護事…

専門職応援一覧

「どこに行かれますか」「ちょっと行きたいところがあって」「お待ちください。ご一緒しますから」鍵をかけて利用者・入居者が外に出ていけないようにしている施設の職員にはわからないかもしれないが、そうでないところではよくある会話…

専門職応援一覧

介護報酬のマイナス改定で多くの経営側にいる人たちは頭を抱えているのではないだろうか。当然、僕もその一人であるが、僕はこのマイナス改定と処遇改善加算の増額改定は「体質改善の好機到来!黒船がやってきた」と、本当にそう思った。…

専門職応援一覧

NHK大河ドラマで吉田松陰という人が登場する。僕は吉田松陰という人の名前は知っていたが、どういう人か、どんなことを言っていた人なのか、恥ずかしながらまったく知らなかった。あるシーンでこんなことがあった。江戸に学びに出たい…

専門職応援一覧

国立と名のつくものはいろいろあるが、「さすが国立」と思えるものがある反面、「それでも国立かぁ」と思えるものもある。今日は「それでも国立かぁ」と怒りを込めて書かせてもらう。認定調査の更新時に医師の意見書がなければ認定審査が…