メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

介護事業者に「支援」してもらうことで、こともあろうに「地域社会生活終焉」の事態に陥れられている人たちがたくさんいる。建物の中に閉じ込められ、特別な時以外は社会と隔絶した暮らしを強いられている人たちであるが、逆に専門職や地…

専門職応援一覧

最近聞かなくなった「自分を主張できる団塊の世代が高齢者になったら、今までのように事は運べないよ」という言い方。つまり「介護側の事情で思うようにできたことも、これからの時代では、そうはいかなくなるよ」ってことなんやろうけど…

専門職応援一覧

高齢者によく「何度も同じ話をする」ひとがいて、家族や周りの人たちから「年とると同じ話ばかりで嫌ね」とか「認知症の周辺症状が出現」なんて言われかねないが、逆に「何度も同じ話ができる生き方ができているか」と自分に問うと!?・…

専門職応援一覧

自分が「する」のは、比較すると容易い。何と比べてかと言うと、他人が「できるようになるように伝えること」よりもである。しかも人は、比較すると容易い方に流れてしまいがちである。何と比べてかと言うと、困難な方よりもである。ある…

専門職応援一覧

介護保険法が施行される前の平成11年、東京都初となるグループホームの施設長をさせてもらったときに、法的な義務づけはなかったが、自ら「食品衛生責任者講習」を受講して、食品衛生に関する自主点検を毎日行うようにした。その理由は「…

専門職応援一覧

100haの耕作地に150万本のひまわりの花が咲き乱れる北海道北竜町。人口2000人の町だが、行かせてもらって感じた印象は「過疎感がない」ってこと。風前の灯の状況のはずなのに明るさを感じたのは、町のシンボルが「ひまわり」だという理由…

専門職応援一覧

今朝の中日新聞朝刊一面に掲載された記事によると、このたび「歴史的な資料」といえる元米大使館陸軍武官室通訳の遺品が出てきたそうで、第二次世界大戦を回避するために尽力した人々の様子が浮き彫りにされていた。誰もが「やる気で向か…

専門職応援一覧

うちの職員が友人と一緒に組んでいるバンドでCDを出したので、その事業所のリーダーがさりげなく届けてくれた。仕事しながらも夢を追いかけている連中ってステキで応援したくなる。リーダーからは「うるさ系の音楽ですから」と聞いてい…

専門職応援一覧

職員が思うように採用できないとなると、配置基準を満たすためにやむなく「派遣」を活用させていただくことになる。ある意味ではありがたい存在ではあるが、「労働者派遣」という仕組みそのものがどうかは別として、派遣の道を選択する労…

専門職応援一覧

うちの職員が「これ見ましたか」、そう言って見せてくれた携帯電話の動画は、障がい者の作業所における虐待の実態(叩く・ののしる)をその家族が撮影したものだった。先日は高齢者施設での虐待の映像が公開されたが、家族も含めて、いわ…