メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

先日、介護職を目指す学生が、雑談のなかで、「腰痛を防ぐ動作の理屈はわかっているが、面倒くさいので、つい力任せに動く」と話していました。学生のこの発言は、腰痛が介護職の職業病である事情を、端的に表していると思います。これで…

専門職応援一覧

高齢者虐待防止法が成立して10年もたてば、医療ビッグ・データほどではないにせよ、蓄積されたそれなりに大きなボリュームのデータから、明らかになったことも少なくはありません。「高齢者虐待は身近な関係のなかで起こっている」ことも…

専門職応援一覧

高齢者虐待防止法(高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律)は、平成17年11月9日に成立し、平成18年4月1日から施行されました。成立は既に10周年目を迎え、施行は来年度に10周年目となります。十年一昔、事例の…

専門職応援一覧

前回、主体性を鍛える必要がある、というお話しをしました。しかし、「自分で考えて、判断し、行動し、責任をとる」というのは、言わずもがなのことのようでいて、実はかなり難しいことです。それは、私たちは、他人の考えを全く参考にし…

専門職応援一覧

飴との鞭の「鞭」と、ツンデレのとげとげしい「ツン」は攻撃であり、「飴」と「デレ」は、相手の利欲を先回りして満たす懐柔です。そのため、飴と鞭やツンデレは、いずれも相手に干渉し過ぎる「干渉」の方略だといえます。しかし、攻撃に…

専門職応援一覧

人が人を支配しようとするのは当然であっても、用いられる方略は案外シンプルなのではないでしょうか。もしそうなら、対応策も考えやすくて、救いがあろうというものです。たとえば、支配の動機は、次の3つの方向性に分けられるように思…

専門職応援一覧

私は、虐待の問題に詳しくない方に、虐待についてお話しする時、つい多弁になります。決まって、「へぇー、そうなのですか!」と、驚いてくれるため、調子にのるからです。聞き上手の方なら、誇張して話したい衝動を抑えるのに一苦労です…

専門職応援一覧

科学技術用語に、「処理可能性(トリータビリティー;treatability)」という言葉があります。「その技術が実際に適用できるかどうかの可否判断」を意味しますが、事前の可否判断は、何事においても重要なため、同様の意味を持つ言葉は、…

専門職応援一覧

前回のブログの冒頭で、養護者による虐待の「概ね6割」くらいの事例で分離されていると書きましたが、正しくは「概ね35%」です。ちなみに、「概ね6割」というのは、通報・相談件数のうちの虐待と認められた件数(虐待判断件数)の割合…

専門職応援一覧

養護者による高齢者虐待は、その多くが同居していることもあって、支援方針を大別すすると、長期に分離するか、否か、に分かれます。概ね6割くらいの事例は、長期にわたって分離されているのですが、すんなりことが運んでいると限りませ…