メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

Wath's New

専門職応援

日々の仕事に役立つトピックを、そのジャンルのプロフェッショナルがテーマに沿って連載するコーナーです。
認知症、虐待対応、リーダー論、子育て支援などなど、各テーマ週1回のペースで更新中です。

専門職応援一覧

先日の大雪の時、私はふと気づきました。それは、向こう三軒両隣、皆さん「少しだけ」お隣さんの部分も雪かきしているということです。ほんの1、2メートル程度でも「少しだけ」のご厚意を強く感じます。思えば、私たちは知らず知らずの…

専門職応援一覧

私の読書スタイルは、ここ数十年、仕事に必要なものを中心に、どこか義務に縛られたものでした。それは、虐待問題に「正しく」取組み、「正しく」伝えようとしてきたためです。しかし、今年からは、自分の好奇心に委ねる部分を増やそうと…

専門職応援一覧

相手と交渉するとき、選択肢を出してどれか1つを選んで貰うことがあります。主体性が弱いなど、自由に考えることが苦手な相手にはとくに有効です。しかし、選択肢同士を比較して自分にとっての損得が容易に勘定できないと、選ぶこと自体…

専門職応援一覧

セルフ・ネグレクトというと、すぐに「ゴミ屋敷問題」が頭に浮かびます。家屋と庭はゴミで溢れて生活スペースがなくなり、路上生活を余儀なくされる例すらあります。当然、近隣住民は、迷惑がったり心配したり。ところが、当の本人はいっ…

専門職応援一覧

ある研修会で、福祉施設の施設長様から、「虐待者は、その施設を辞めても、別の施設に就職したらまた虐待をする可能性があるのではないか。しかし、採用する側は、応募者が虐待を行った過去を知る術がない。どうすればよいか」というご質…

専門職応援一覧

「埼玉県虐待禁止条例」が今年7月に公布され、来年4月1から施行されます。この条例は、児童、障害者、高齢者の三虐待を分野横断的にカバーしている点で、おそらく全国初の条例です。「禁止」の語を用い、虐待問題に取り組もうとする県…

専門職応援一覧

ある自治体が主催する高齢者虐待の事例検証会に参加してきました。何年間も継続しているため参加者の力量は向上し、1事例およそ30分ながら、中身はとても濃いものでした。得られた教訓を幾つかお伝えしたいと思います。教訓1:ケアマネ…

専門職応援一覧

私は、本でもテレビ番組でも映画でも、ミステリーものが大好きです。わけてもテレビ番組は、何十時間も録画できますから、一日中ミステリー三昧の休日を過ごすこともあります。何故それほど好きなのか深く考えはしませんでしたが、「物語…

専門職応援一覧

先日、世界的建築家の安藤忠雄氏の「挑戦」という展覧会(に行きました。以前から氏の仕事に対する姿勢に憧れてきたせいもあり、大いに満足しました。このブログの第1回目は「挑戦する心」という題名ですから、勝手に「私の発想は安藤氏…

専門職応援一覧

コントロールフリークについては、これまで度々ふれてきました。しかし、なかには、敢えてスーパー・コントロールフリークと呼びたくなるほど、並外れた支配者がいます。たとえば、施設のトップが虐待者であるような事例で、まるで、「地…