メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

トウシツの歩き方――国境を越えて、統合失調症を越えて

フラーノ・哲平(ペンネーム)

ブラジル留学中に統合失調症を発症した著者が、2016年にはリオ五輪を控えているブラジルの文化を交え、悪戦苦闘しながらも症状を乗り越えていく軌跡を綴ります。(隔週木曜連載)

プロフィールフラーノ・哲平

1981年ポルトガル生まれ。東京・ブラジル育ちの日本人。ブラジル留学中に統合失調症を発症し、現在投薬10年目。日本に帰国後、症状に悩まされながらもなんとか大学院を修了。得意なポルトガル語を駆使したアルバイトを続けながら、いわゆる「フツー」に生活できるまでに寛解した。2012年10月にとある企業に就職し、仕事の合間にこよなく愛するブラジル音楽を演奏する日々を送っている。体育会系太鼓チーム『Baqueba(バッキバ!)』所属。

バッキバHP:http://baqueba.blogspot.jp/

第14話 コルコバードの奇跡

「この雲がなければ僕の住んでいるマンションが見えるはずなんですが……」

「へー、そっかぁ。この先に海が見えるんだな。」

 Tさんが言った瞬間だった。雲の端が目の前を通り過ぎると同時に、ボードに描かれたそのままの景色がまばゆい陽射しとともに現れた。今までの雲が嘘のように、太陽光に照らされた美しいリオの街並みが眼前に広がったのだった。僕は思わず「晴れたー!」と叫んでしまった。

 しかし、晴れたのは一方向だけだった。その反対側は依然として雲に包まれていた。そこでTさんの見た方向が晴れると思い込んだ僕はTさんを反対側に連れていき、また同じようにボードの前に立ち、リオの景色の説明を始めた。説明をよそに、心の中では神様への祈りを何度も唱えていた。そして、Tさんが競馬場の方向を指さした瞬間、雲の中からその競馬場が現れた。

 遠くではボリビア人たちが「神様!」と叫んでいる。周りを見渡すと360度雲一つないリオ・デ・ジャネイロの景色に僕たちは包まれていた。この美しい景色をたった5人で独占している。僕は震えた。こんなにわかりやすい奇跡を体験したのは初めてだった。これを奇跡と呼ぶかどうかは個人差があるだろうが、信じ抜いた結果想いが形となったのだ。ただの偶然にしては出来過ぎている。今までぼんやりと信じていた神の存在が心と頭の中で確かなものとなった。見上げれば目の前には巨大なキリスト像がある。僕は神の粋な図らいに感謝するとともに神と自分の距離が近くなったような気がしていた。5分もすると山頂は厚い雲に覆われ、再び景色は灰色に包まれてしまった。
 ボリビア人は最高の写真が撮れたようで、満面の笑みを浮かべていた。
 僕は神に存在を認められた。そんな考えが頭を巡るたびに僕の後頭部は以前にも増して熱く熱くなっていくのだった。