メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

特別講義 第34回社会福祉士国家試験の「この問題、難しかったですね!」
~正誤を分けたFork In The Road


特別講義 第34回社会福祉士国家試験の「この問題、難しかったですね!

問題141:家庭的養護(里親制度)と愛着関係不足を理解することができたかが分岐点

 最後に、問題141について見ていきたいと思います。問題141は、〈(保護者による)療育拒否児童への支援方針〉を問う事例問題です。
 【キーワード】としては、「療育拒否(家庭復帰不可能)」「愛着関係(不足)」「家庭的養護(里親)」「施設養護(児童福祉施設:児童養護施設、乳児院、福祉型障害児入所施設)」などが挙げられるのではないでしょうか。つまり、この問題のFork In The Roadは、「里親」「児童福祉施設」の[知識や技術、制度や政策、価値や倫理]を理解していたか? ということです。例えば、「里親」が、個人家庭で個人的で濃密な人間関係のなかで継続的に育成をする手段であることを知っていたか、「児童福祉施設」では、乳児院や児童養護施設、福祉型障害児入所施設の目的や対象を知っていたかが分岐点となりました。これに加えて、Hちゃん(1歳半)の状況を的確に理解できていたかが重要になりますが、「保護者(Jさん:25歳)は療育する意思がないこと、連絡がつかないこと」「今後も、家庭復帰する可能性がないこと」「この状況が長期的に継続すること」「愛着関係が不足していること」が事例から読み取ることができたかが分岐点となりました。
 ここまで来ると、選択肢4の「家庭復帰」というのは、まったく違うことがわかります。同様に、選択肢5の「福祉型障害児入所施設」については、その対象は「障害児」ですので、Jちゃんについて、障害児である情報はありませんので、本施設の対象でないことがわかります。
 そうなると、選択肢1、3の「施設養護」なのか、選択肢2の「家庭的養護(里親)」なのかということになります。ここで、ポイントとなるのは、「家庭復帰(家族再統合)」が難しいため、Jちゃんの養護は「長期的、かつ継続的」であること、「Jちゃんは、愛着に課題を抱えている(愛着関係不足)」ということです。このポイントから、「里親制度」を検討してみると、乳児期の愛着を十分に受けられなかったJちゃんに対して、個人家庭で個人的で濃密な人間関係のなかで継続的に育成が保たれることが重要であることがわかります。また、2002(平成14)年10月から、虐待など家庭での療育に欠ける児童を、温かい愛情と正しい理解をもった家庭のなかで療育する里親制度の有意義さが認識されるようになり、拡充されています。このことから、選択肢2が適切な支援方針であることがわかります。よって、解答は【2】となります。