メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

特集③ 夏の勉強法 社会 精神 介護 ケアマネ
特集④ 受けてみよう!「模擬試験」のススメ! 社会 介護

第8回 「地域福祉の理論と方法」のポイント

3.地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民

 本項目は、1)行政組織と民間組織の役割と実際、2)専門職や地域住民の役割と実際の2項目に分けられています。1)の行政組織と民間組織の役割と実際については、地方自治体、社会福祉法人、特定非営利活動法人、社会福祉協議会、民生委員・児童委員、共同募金、自治会、ボランティア組織、企業、生活協同組合、農業協同組合などがあげられます。これらの用語と内容については、確認しておいてください。また、2)専門職や地域住民の役割と実際については、社会福祉士、社会福祉協議会の福祉活動専門員、介護相談員、認知症サポーター、その他の者の役割があげられます。地域福祉に関連する専門職の役割や機能については、テキスト用語辞典などを活用して、その内容を把握しておくとよいでしょう。
 第34回試験では、問題36で「民生委員」について問われました。第33回試験では、問題39で「地域福祉等を推進する民間組織の寄付等」、問題40で「地域福祉の人材」について問われています。第32回試験でも、地域福祉の担い手や組織について広く問われていますが、問題35では「ボランティア活動」、問題37では「市町村社会福祉協議会」、問題38では「民生委員・児童委員」などが問われています。また、第31回試験では、問題37で「地域福祉の担い手や組織」について広く問われています。さらに、第30回試験、第29回試験でも、「民生委員・児童委員」や「地域にかかる専門職及び組織」について問われています。こちらは、過去問をベースに整理しておいてください。民生委員・児童委員については、今年度も出題される可能性が高いので、必ずチェックしておきましょう。

 この他、第31回試験では、災害ボランティアセンターや災害復興ボランティアセンターに関する問題も出題されています。さらに、事例問題は、本項目に該当する内容が出題されやすいですので、前後の項目ごとに分断して学習するというよりは、「地域」をキーワードに具体的な支援や方法、制度や政策、専門職といったように、関連づけて学習してください。

4.地域福祉の推進方法

 本項目は、1)ネットワーキング、2)地域における社会資源の活用・調整・開発、3)地域における福祉ニーズの把握方法と実際、4)地域ケアシステムの構築方法と実際、5)地域における福祉サービスの評価方法と実際の5つに分けられています。

 まず、1)ネットワーキングについては、意義と方法及び実際の理解が大切です。2)地域における社会資源の活用・調整・開発については、地域における社会資源の活用・調整・開発の意義や目的と留意点及びその方法と実際の理解をする項目です。また、3)地域における福祉ニーズの把握方法と実際については、質的な福祉ニーズの把握方法と実際、量的な福祉ニーズの把握方法と実際の理解となります。さらに、4)地域ケアシステムの構築方法と実際については、地域トータルケアシステムに必要な要素、地域トータルケアシステムの構築方法と実際について、それぞれの整理が必要です。

 5)地域における福祉サービスの評価方法と実際については、ストラクチャー評価、プロセス評価、アウトカム評価などの福祉サービスの評価方法や福祉サービスの第三者評価事業、ISO,QC活動、運営適正化委員会などの福祉サービス評価の実際に関する理解が必要となります。第32回試験の問題41では、「社会福祉協議会の福祉活動専門員の行ったアウトカム評価」に関する実例(事例問題)が出題されました。アウトカム評価とは、アウトカムは〈成果〉ですので、「どのような成果=アウトカムがもたらされたか」を評価することです。事例をベースにその実際について整理しておきましょう。

 このほかの過去の問題を見てみると、第34回試験の問題39「地域福祉の調査方法」や、問題41の事例問題は「プログラム評価」について問われました。また、第33回試験の問題41で、「福祉サービスの立案及び評価」について問われています。さらに、第32回試験では、問題39、問題40で、地域福祉推進のための財源や福祉調査・分析活動について問われています。このほか、第31回試験では、地域福祉における連携が問われています(問題39)。第30回試験では、問題39で「地域における福祉ニーズの把握方法」や問題41で「福祉サービス第三者評価事業」について問われています。

 以上が、「地域福祉の理論と方法」のポイントです。地域福祉に関する知識や技術は、ソーシャルワーカーにとってとても重要です。本科目の学習は、テキスト用語辞典福祉小六法などを利用して、各事柄をしっかりと押さえておくことが大切です。特に、テキストを使って内容を整理しておくとよいでしょう。


社会福祉士国家試験受験対策WEB講座、好評配信中!

社会福祉士国家試験 受験対策WEB講座

スマホやタブレットを使って問題を解きたい人は受験対策アプリ!

社会福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

社会福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

来年の受験対策アプリはこれ!

【過去問】発売中!

【模擬問】【一問一答】は7月リリース予定!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
特集② 社会 精神 介護 ケアマネ

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「社会福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme