メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第32回 クローズアップ~低所得者に対する支援と生活保護制度

 今回は、「低所得者に対する支援と生活保護制度」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「低所得者に対する支援と生活保護制度」のポイントの振り返り

 本科目は、大別すると、(1)低所得階層の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉需要と実際、(2)生活保護制度、(3)低所得者に対する支援に分けられます。

 出題頻度が高いものとしては、「貧困・低所得者の現状と生活保護の動向」に関する問題です。統計資料や国の示す調査などを基にチェックしておいてください。また、「貧困と格差(動向)」についても問われています。

 このほか、「生活保護における扶助の種類とその内容」に関する問題が出題されています。生活保護法第1条の目的で示されている「自立の助長」に焦点を当てた「生業扶助」に関しては、過去問をベースに整理しておきましょう。このことから、生活保護制度の目的や原理・原則、各扶助といった基礎的な内容を中心に、恤救規則や救護法、旧生活保護法(昭和21年)、その後、数年間の現行法誕生までの過程など、公的扶助制度の沿革について整理しておくことが大切です。また、福祉事務所(社会福祉法に定める福祉に関する事務所)の組織と業務などについても整理しておきましょう。

 さらに、今年度は、「生活困窮者自立支援法」をチェックしておきましょう。出題される可能性が高いと思いますので、必ずチェックしておいてください。また、今年度は、生活福祉資金の貸付制度についても整理しておくとよいでしょう。本科目以外にも、「地域福祉の理論と方法」や「権利擁護と成年後見制度」などで出題される可能性もあります。

 本科目は、学習すれば必ず得点ができる科目です。最初は慣れない用語がたくさんあるかもしれませんが、繰り返し問題を解き、必要項目に関する暗記をしていってください。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。