メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。


第34回 クローズアップ~権利擁護と成年後見制度

 今回は、「権利擁護と成年後見制度」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。本科目で、共通科目の講義は終わりです。共通科目は、苦手な人が多いかもしれませんが、6割以上の得点を確保しておくことが合格の必要条件となります。そのためには、基礎をしっかりと頭に入れ、繰り返し学習しておいてください。

「権利擁護と成年後見制度」のポイント振り返り

 本科目は、タイトル通り、(1)権利擁護と(2)成年後見制度の内容が中心に出題されます。割合としては、(2)成年後見制度に関する問題が2~3問、残りの4~5問は、「(1)日本国憲法の基本原理や民法、行政法に関する内容」と、「(2)権利擁護と権利擁護活動の実際(個人情報の取り扱いを含む。)」から出題されています。特に(1)では、行政法の理解として、「行政不服申し立て」「行政行為の効力の原則」など、連続して出題されています。過去に出題された問題を見てみると、第33回試験では、財産権や遺言について、第32回試験では、行政処分に対する不服申し立てについて問われています。民法については、成年後見開始審判の申し立ての申立権者と関連づけて出題されています。第31回試験も見ておくと、憲法は「生存権」について、民法については「特別養子縁組制度」について問われています。こちらは、過去問ベースで整理しておきましょう。(2)の成年後見制度については、成年後見制度の基礎から始まり、成年後見の概要が出題されています。また、(2)の権利擁護、活動の実際については、児童、障害、高齢者への虐待及び配偶者暴力など広く人々の権利、人権に焦点が当てられています。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。