メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。


第33回 クローズアップ~保健医療サービス

理解が深まる学習方法

 医療制度や、社会保障制度については、自身が必要になった時にはじめてよく調べ、わかる制度だと思います。社会福祉士は、支援の際、この社会保障や社会保険の制度を有効に活用していきます。よって、社会保障や社会保険の制度についての学習は必修項目となります。では、どのように学習していくのかというと、具体的な生活の困難さや困りごとに着目して制度を整理してみることです。

 例えば、「もし、病気になってしまったときの医療費はどうなるのだろうか」、そして「病気によって休職している期間の生活費(給料)はどうなるのだろうか」と、生活の具体的な困難さを想像してみることです。このような利用者が皆さん社会福祉士の前に相談に来た時、どのような制度を活用し支援していくのでしょうか?

 具体的には、病気の治療費100万円をどうするかということ、そして治療のために休職しなければいけない時の給料(生活費や医療費)をどうするかということです。

 まずは、医療保険の医療給付では、100万円の医療費は保険による7割の療養給付を受けることができるので、30万円になります(患者負担は3割)。しかし、この金額も高額で、このとき「高額療養費制度」を利用します。また、治療のための休職については、医療保険の医療外の給付で「傷病手当金」を利用していきます。ここでは、簡単に整理しましたが、このように、医療保険制度や高額療養費制度、傷病手当金などの知識が必要となってきます。

 以上、具体的な困りごと、生活の困難さを想像して整理することが重要で、実例を想像しながら整理すると理解も深まります。

 それでは、年末に向けて一緒に頑張りましょう。季節が冬へと移行する時期ですので、風邪などに気をつけましょうね。風邪予防の基本は、手洗い、うがい、そして栄養と休息です。

 次回は、「クローズアップ~権利擁護と成年後見制度」です。


■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。また、9月からは「後期講座」もはじまります。更新頻度は、月6回です。こちらもチェックしてみてください。

  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。