メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。


第28回 クローズアップ~地域福祉の理論と方法

「地域福祉の理論と方法」のまとめ

 本科目は、前述しましたが、現代の社会福祉を捉えるためにとても重要な知識が詰まった科目といえます。それは、現在の福祉自体が、地域支援や自立支援を前提としており、さらにその担い手として、地域住民や地域で着実に事業を行う社会福祉法人やNPO法人が重要視されているからです。もちろん、それだけの担い手では、複雑化・多様化する現代の福祉ニーズに対応することはできませんので、民間の事業所や大手の事業所のサービス提供も重要となります。これらのバランスによって、双方の利点を活かすとともに、欠点を補うような補完関係にあることが大切だと思います。そういった意味では、ネットワーキングの意義や方法及び実際についても理解しておく必要があります。

 しかし、昨今の報道などを見ていますと、地域のなかで取り残される社会的な弱者への支援が届かず、孤独死や虐待といった問題が頻繁に引き起こっています。「自分の生活には関係ない」という意識は、コミュニティケアという概念においてはありえない考え方です。コミュニティケアの基礎は、「自分の住む街だからこそ、自分たちでオリジナルなまちづくりをする」というような思考から成り立っています。

 そういった意味では、福祉の問題を地域レベルで考えていく力が重要です。例えば、児童虐待、家庭内暴力(DV)、高齢者介護、障害者の自立支援、ホームレスの自立支援など、対象者の脆弱性に着目し、その人自身の抱える問題を矯正するのではなく、地域の問題として、住民全体、社会全体で取り組むことが重要といえます。つまり、個人が抱える問題をみんなで支えるといった視点が必要なのです。

 ここまでで出てきた用語や法律については、必ず確認しておいてください。本科目は、きちんと用語や法律を理解しておけば得点ができる科目です。また、併せて、社会福祉協議会の役割の整理、学習をしておいてください。

 以上、「地域福祉の理論と方法」の解説でした。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。