メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第28回 クローズアップ~地域福祉の理論と方法

 今回は、「地域福祉の理論と方法」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「地域福祉の理論と方法」のポイントの振り返り

 本科目は、1)地域福祉の基本的考え方、2)地域福祉の主体と対象、3)地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民、4)地域福祉の推進方法の4項目から問題が出題されます。内容としましては、3)地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民から最も多く出題されていますが、この項目は独立しているわけではなく、1)地域福祉の基本的考え方、2)地域福祉の主体と対象の基本的な考え方や基礎の知識と関連しています。また、4)の地域福祉推進方法では、事例問題が出題されることも多く、この事例問題は1)2)3)の応用問題となっています。このことから、各項目を独立させて学習するより、全項目を関連づけて整理、学習することが、本科目の学習のコツとなります。

 また、社会福祉法人(前回の第27回でも取り扱いました)や特定非営利活動法人をはじめ、社会福祉協議会とボランティア活動や組織などについて整理しておいてください。特に、近年の社会福祉法の改正に伴い、社会福祉法人の抜本改革がはじまっています。ここでは、社会福祉法人のあり方や組織や役員等の役割も大きく変わりました。必ずチェックしておいてください。本科目との関連では、社会福祉法人の「地域における公益的な活動」です。社会福祉法人は社会福祉事業を主たる事業とする非営利法人であり、制度や市場原理では満たされないニーズについても率先していく取り組みとして掲げられた新たな事業と言えます。

 さらに、地域のネットワーキングを中心に、社会資源の活用・調整・開発、地域ケアシステムの構築方法の整理が必要です。また、福祉サービスの評価方法についても、「社会福祉法」に規定されているので確認しておいてください。

 あと、「コミュニティケア」についても確認しておきましょう。これは、自分の生活する地域を自分たちの手でつくり、育て、保つことを前提とし、子育ても、高齢者の介護も、障害者の地域生活も、地域の治安や安全も、すべて地域の問題として捉え、地域住民みんなが取組む課題として認識していくという考え方です。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。