メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第26回 クローズアップ~社会理論と社会システム

用語の正しい理解を…

 本科目では、伝統的な社会学の知識とともに、現代社会における家族や地域社会、現代社会における社会問題などについても把握しておく必要があります。例えば、核家族化や家族機能と家族形態、家計調査などの家族に関するもの、町内会・自治会などの地域社会などに関するものがあげられます。そのほかにも、差別や貧困、失業、ホームレスやドメスティック・バイオレンス(DV)、児童虐待、いじめ、環境破壊、自殺の動向や格差問題などに関するものもあげられます。今年度は、自殺に関しても統計資料や自殺対策などについて整理しておくとよいと思います。

 このため、『厚生労働白書』(厚生労働省)をはじめ、『労働経済白書』(厚生労働省)や人口問題に関する刊行物などに目を通しておく必要があります。また、日頃から新聞やニュースを通して、社会問題に敏感になっておくことが大事です。

 今回は、用語に関する整理を中心に行いたいと思います。言葉を正しく知ることで、その事象がより深く理解できるはずです。本科目の学習で重要なことは、まず、正しく用語を理解することです。そのため、理解が曖昧になっている用語やうろ覚えの用語については、社会福祉用語辞典ワークブックなどを利用して、確実に整理・確認をしておきましょう。
 それでは、非常に基本的な用語を整理していきます。ただし、このような用語の理解こそが、得点への近道です。


受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。