メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第24回 クローズアップ~人体の構造と機能及び疾病

がん(悪性新生物)、心疾患

がん(悪性新生物)

 がん(悪性新生物)は、2019(令和元)年の日本における死亡者数は37万6392人で、死亡率は約3割(27.3%)を占めており、日本人の死因の第1位です。これは、昭和56年から連続しており、前述の通り平成29年には、年間約37万人が死亡する、言わば「現代の国民病」とも言えます。また、約90万人ががんに罹患し、生涯のうち約2人に1人ががんになると推計されています。さらに、年代別に見てみると、働く世代の死因の約4割ががんであり、小児の病死原因では改善傾向にありますが、それでも死亡原因の上位にあります(厚生労働省・人口動態統計)。これは、少子高齢化社会にある我が国にとって深刻な問題であることがわかります。一方で、我が国が取り組んできた「対がん10カ年総合戦略」や「がん対策基本法」などの成果として、がん患者全体の5年生存率は改善傾向にあります。さらに、がんにおける緩和ケアは、診断がついた当初から全人的苦痛を視野に入れたアプローチが重要とされており、鎮痛薬や抗不安薬の投与をはじめ、本人や家族を含めた精神的なサポート、社会的な苦痛に対しては社会資源の活用が重要となります。ここで言う「全人的苦痛」とは、〈身体的苦痛〉〈社会的苦痛〉〈精神的苦痛〉〈霊的(スピリチュアル苦痛)〉を指しています。

 最後に、がんには、上皮性組織から生じるがんのほかに、筋肉や骨、結合性組織などから生じる肉腫、血液の悪性腫瘍である白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などがあります。

心疾患

 心疾患は、日本人の三大死因の一つであり、2019(令和元)年の日本における死亡者の15.0%を占めており、日本人の死因の第2位となっています。

 虚血性心疾患(冠状動脈性疾患)とは、狭心症、心筋梗塞の総称です。狭心症は、心筋表面を走る冠状動脈の狭窄によって血液が充分に流れず、心筋の酸素欠乏によって生じます。発作が起きたときは、ニトログリセリンを舌下投与すると発作は治まります。発作の持続時間は1~5分が一般的で、長くても10~15分程度です。30分以上続く胸痛は心筋梗塞が疑われます。

 次に、心筋梗塞ですが、冠状動脈が塞がって血液供給が停止し、一定領域の心筋が壊死し、その結果、心臓の正常な機能が大きく障害されます。危険因子としては、動脈硬化や高コレステロール血症などがあげられ、心筋梗塞の原因疾患となります。また、心筋梗塞時の胸痛に対してはモルヒネを用います。激しい胸痛は30分以上持続し、心電図による監視や心臓集中治療室/冠状動脈疾患管理室(CCU:Coronary Care Unit)での治療や管理が必要となります。

 最後に、心不全は、心臓のポンプ機能の障害のため、必要な血液量を全身に供給できなくなった状態をいいます。心不全は、左心不全と右心不全にわけられ、左心不全は、肺うっ血を起こし、呼吸困難が起こります。一方、右心不全では、眼瞼浮腫、四肢の浮腫(むくみ)がみられます。

 関連した知識として、心臓における血液循環も整理しておくとよいでしょう。少し解説しておくと、心臓は重量約300グラムの臓器で、左右の心室と心房からなる計4室から成り立っています。心臓左右の冠状動脈と呼ばれる血管により心臓の筋肉に栄養や酸素が送り込まれますが、この血管に血栓が詰まる疾患が心筋梗塞です。そして、この心臓の循環には二つの循環があり、(1)左心室から出た大動脈には、動脈血が流れ、全身を巡ります。そして毛細血管から静脈に移行し再び心臓へと戻るものを「体循環(大循環)」といいます。また、(2)右心室から出る肺動脈内には、静脈血が流れ、肺へと送り込まれます。肺でガス交換が行われ動脈血になり、肺静脈を通り動脈血は左心房に流れるものを「肺循環(小循環)」といいます。

体循環
(大循環)
左心室 大動脈
上行動脈(頭部)
下行動脈(足部)
全身
(頭部・足部)
大静脈
上大静脈
下大静脈
右心房
肺循環
(小循環)
右心室 肺動脈
ガス交換
(二酸化炭素と酸素を入替)
肺静脈 左心房

生活習慣病

 日本の死亡原因の上位にある悪性新生物や心疾患、脳卒中の因子となる生活習慣病について整理しておきましょう。まず、生活習慣病とは、偏った食生活やストレス、喫煙、運動不足などの生活習慣が原因で発症する疾患のことであり、主に糖尿病や高血圧などがあります。また、生活習慣そのものに加えて、遺伝的な要因も関与すると言われています。我が国では、この生活習慣病予防に対して、特定健康診査をとおして、予備群として「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」を定義しています。メトボリックシンドロームとは、(1)肥満(ウエスト周囲径):男性85センチ以上、女性90センチ以上、(2)血清脂質異常:中性脂肪値:150mg/dL以上、低HLDコレストロール値:40mg/dL未満(どちらか、または両方)、(3)血圧異常:収縮期血圧(最高血圧):130mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧):85mmHg以上(どちらか、または両方)、(4)血糖値異常:空腹時血糖:110mg/dL以上 のうち、2つ以上合併した状態を言います。予備軍となった場合は、特定保健指導を受けることで、健康意識を高める取り組みをしています。

 以上、日本人の死亡原因上位の疾患、高次脳機能障害、認知症、生活習慣病について解説しました。この他、難病についても整理しておきましょう。具体的には、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、多系統萎縮症などです。また、知的障害や発達障害についての基礎も整理しておきましょう。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。