メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

毎週火曜日更新。人気講師による受験対策講座を、一年通してご提供。合格を目指して一緒にがんばりましょう。
露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第3回 はじめに終わりのことを考えよ

 今回は、前回の続きで、第33回社会福祉士国家試験の専門科目の解説をお送りいたします。第2回でもお話ししましたが、社会福祉士の国家試験は1日で実施され、午後の試験時間は13時45分~15時30分までの105分(1時間45分)で、以下8科目の「専門科目」が実施されます。

  • ■ 社会調査の基礎(7問)
  • ■ 相談援助の基盤と専門職(7問)
  • ■ 相談援助の理論と方法(21問)
  • ■ 福祉サービスの組織と経営(7問)
  • ■ 高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)
  • ■ 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)
  • ■ 就労支援サービス(4問)
  • ■ 更生保護制度(4問)

 なお、第33回社会福祉士国家試験の概要・講評、共通科目の解説については第2回をご覧ください。まだ第33回国家試験の問題を見ていない人は、この機会に一読しておいてください(問題【共通科目】【専門科目】正答はこちら)。

午後<専門科目>問題について

 午後<専門科目>問題の総評ですが、社会福祉士の専門科目であるため、詳細で専門的な知識や技術が問われていました。そして、これは毎年のことですが、午前中の共通科目よりも午後の専門科目のほうが得点できたという人が多かったようです。例えば、午後の専門科目の中心的な科目である「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」については、基礎的な知識をしっかりと押さえ、歴史的な背景や社会情勢とソーシャルワークを結びつけて理解できていた人は、かなり得点できたと思います。

 この2科目で出題されている事例問題は、午前<共通科目>問題に比べてやや抽象的なものに感じられました。実際、解答に至るまでの根拠となる知識や理論、技術、価値・倫理等のエビデンスを示して説明することが難しい事例問題もありました。また、事例問題については、減少傾向にあります。この傾向が続くかはわかりませんが、ソーシャルワークプロセスやソーシャルワークの価値倫理、倫理綱領などの基礎を押さえた上で、実践の応用力をつけていく学習方法が必要となります。

 それでは、各科目について、講評していきたいと思います。

各科目の分析(専門科目)

社会調査の基礎(7問)

 本科目は、昨年度と同様の難易度で、基礎的な知識や内容を問う問題も多く、全滅(0点)という方は少なかったのではでしょうか。例えば、問題86「標本抽出の基礎」や、問題87「横断・縦断調査の基礎」、問題88「質問紙作成の留意点」、問題89「調査票の配布と回収」、問題90「調査手法」については、得点できた方が多かったと思います。多量的調査の難解な解析方法の出題もなく、また質的調査の分析法についても出題はありませんでした。

相談援助の基盤と専門職(7問)

 本科目は、「相談援助の理論と方法」とセットの科目といえます。本科目は、社会福祉士やソーシャルワーカーの倫理、価値に重きが置かれ、社会福祉士にとって重要な原理・原則についても取り扱われています。これに、ソーシャルワークの歴史的変遷といった内容も含まれます。出題が予想されていた問題91「社会福祉士及び介護福祉士法」、問題92「ソーシャルワークのグローバル定義」については、得点できた方が多かったのではないでしょうか。ただ、昨年(令和2年)に改定された社会福祉士倫理綱領が出題されませんでした。これから実践する皆さんは、新たな社会福祉士倫理綱領について、必ず一読しておいてください。

相談援助の理論と方法(21問)

 本科目の問題数は全21問と、全科目のなかで一番配分が大きい科目です。本科目でしっかりと得点できていることが合格の必須条件だと思います。今回は、全21問中9問が事例問題でした。問題数は増えましたが、内容的には、昨年度の試験と同様の傾向で、難易度も変わりませんでした。

 理論・アプローチ、モデルに関する問題や相談援助の過程に関する問題も例年同様に多く出題されましたが、やや踏み込んだ内容が問われていました。と言うより、基本的な知識をベースに、応用、即ち、それを実践で使えるのかといった、具体的な内容を問う問題が多く出題されていました。よって、丸暗記の学習では、対応がやや困難な問題もありました。例えば、問題104は、在日外国人支援に関する実践事例、問題117は、社会福祉協議会のソーシャルワーカーのソーシャルアクション実践事例など、基礎的な知識をきちんと理解した上で、その応用が確かめられる問題となっていました。この他、毎年出題されている「スーパービジョン」や「記録」については、例年通りの内容・難易度でした。グループワークについては、人名と理論について問われているのみで、グループワークの実際については問われませんでした。ソーシャルワーカーにとって、グループやグループワークの実践に伴う知識、技術は非常に重要ですので、各自で必ず整理しておきましょう。

福祉サービスの組織と経営(7問)

 本科目の出題基準は、(1)福祉サービスにかかる組織や団体、(2)福祉サービスの組織と経営にかかる基礎理論、(3)福祉サービス提供組織の経営と実際、(4)福祉サービスの管理運営の方法と実際となっています。

 第33回試験を見てみると、これら4項目が万遍なく出題されていました。難易度としては、昨年度の試験と同様のものでした。内容を見てみると、「社会福祉法人」や「福祉サービスに関連する事業や活動を行うことのできる組織・段階」に関する基礎的な内容をはじめ、「経営の基礎理論」「リーダーシップ」からは、「動機づけ」や「経営戦略」などが問われていました。また、問題124では、「社会福祉法人の会計財務等」について、用語の説明、理解を促す問題が出題されていました。また、基礎的な内容ですが、(2)の福祉サービスの組織と経営にかかる基礎理論についてしっかり問われていました。ただ、人材の確保や育成、働き方に関する項目の出題はありませんでした。やはり、福祉サービスは、ヒューマンサービスですので、援助者が尊重されていなければなりません。

高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)

 本科目は、全10問中2問が事例問題でした。その内容は、在宅生活を支える介護支援専門員(社会福祉士)と福祉用具専門相談員(社会福祉士)が行う支援に関する対応事例(問題128、問題133)でした。こちらは、ややコンビニエンスな知識を問うような内容でしたので、高齢者領域等で実践をされている方には有利な内容でした。ケアプランに関する対応事例は重要なので、実践現場でも多くなる「障害者サービスを長く利用してきた障害者が、高齢となり、高齢者サービスを利用する」といったサービスの一貫性の担保、つまり「共生型サービス」の実施にまつわる内容などは、今後、社会福祉士として活躍される皆さんにとって有用な知識・技術となると思います。したがって、「共生型サービス」とは何かということを、各自で改めて、復習しておきましょう。この他、高齢化の動向と将来推計に関する内容や高齢者等に関する近年の政策動向、高齢者保健福祉制度の変遷からはじまり、介護保険制度では、「介護給付と介護報酬」や、「国民健康保険団体連合会の役割」について問われました。また、例年出題されてきた、介護技術についての具体的な記述はなくなり、要介護者の住環境整備(問題130)などが問われました。この他、出題されていませんが、「老人福祉法」「地域包括支援センター」などは、高齢者福祉を実践する上で重要な知識となりますので、整理しておきましょう。また、今年度は出題されませんでしたが、高齢者福祉に関する国際比較については、「高齢社会白書」が出典となります。本科目における「高齢社会白書」の出題頻度は高いので、今後もチェックが必要です。このほか、介護保険制度については、都道府県・市町村の役割の役割についても整理しておきましょう。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)

 本科目は、非常に基本的な項目が、出題基準から万遍なく出題されました。また、事例問題は、全7問中2問で、配偶者暴力相談支援センターの相談員(社会福祉士)の対応事例(問題138)と、児童手当の支給先に関する知識を問う応用事例(問題139)が出題されました。この他、「子どもの貧困」や「児童虐待」に関する内容をはじめ、「子育て支援」や「子どもに関わる専門職等」についても問われました。出題されなかった項目としては、「児童福祉法」「児童福祉施設」「里親」「児童の権利条約等」などに関する問題です。この辺りは、社会福祉士にとって重要な項目ですので、各自復習をしておきましょう。

就労支援サービス(4問)

 本科目は、基本から応用を問う問題形式でした。やや難しく感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここ数年、労働や働きに関する基本的知識や統計、障害者、生活保護受給者、高齢者等の各就労支援サービスに関する知識が幅広く問われています。今年度の第33回試験でも、これらの内容が満遍なく問われていました。

 内容としては、問題143で、「労働と福祉」と題して、基本的な労働に関する用語について問われました。こちらは、新聞などを読んでいると自然と出てくる用語だったり、国家試験勉強の際にも重要項目として挙げられてきた内容ですので、間違えた方や用語が不明瞭な方は復習しておきましょう。このほか、障害者の雇用・就労に関する統計問題(問題144)や、障害者や若年層の雇用に関する内容が問われました。出題されなかった内容としては、出題頻度の高い「障害者就業・生活支援センター」や「求職者支援法」です。これらについては、各自で整理しておきましょう。この知識は、科目「社会保障」に関連するものですが、求職者支援法とは、雇用保険を受給できない者に対して、(1)無料の職業訓練を実施して、(2)給付金を支給するとともに、(3)ハローワークが就労支援を行う制度で、スキルアップをはかり、早期の就職を目指す目的があります。

更生保護制度(4問)

 本科目で出題された項目は、「更生保護の担い手(保護観察官と保護司)」「医療観察制度」など、例年通りの内容と言えますが、内容的には、過去の問題の知識+α、芋づる式の学習ができていないとやや難しく感じたかもしれません。実際、問題148で、少年司法制度、問題150では保護観察の具体的な内容を問う事例問題が出題されました。こちらについては、保護観察でも、遵守事項(一般遵守と特別遵守)、補導援護などの理解が必要になってきます。出題頻度が高い医療観察制度については、その制度の仕組みとともに、社会復帰調整官の役割を理解しておく必要があります。具体的には、「生活環境の調査」「生活環境の調整」「精神保健観察」といった一連の流れを中心に、社会復帰調整官の役割を整理しておきましょう。本項目は、重要なので少し解説しておくと、本制度は、「心神喪失または心神耗弱等の状態で、殺人や放火などの重大な〈他害行為〉をおこなった者で、〈不起訴や無罪〉になった者に対して、その適切な処遇を決定するための手続きなどを定めることによって、〈継続的かつ適切な医療〉ならびに〈その確保〉のために必要な〈観察及び指導〉を行うことにより、その病状の改善及びこれに伴い同様の行為の再発の防止を図り、その〈社会復帰〉を促進すること目的」としています。本科目では、この他、少年法などについても、改めて整理しておくとよいでしょう。

いつから始めたらいいの?

 「社会福祉士の試験勉強って、いつから始めたらいいんですか?」と受験する人や学生さんからよく質問されます。今年もすでに、このような問い合わせや質問をたくさん受けています。

 ただ、このようなお話を、今、この時点でしても、「まだ試験は、来年の話だから…」「何から手をつけてよいのかわからない…」「まだみんなも動き出していないし…」「本年度の過去問解説集模擬問題集ワークブックなどがまだ発売されていないから…」など、遥か未来のことのように思われている人も多いようです。

 確かに、いわゆる「試験対策本」と呼ばれるものは、夏頃までに発刊されるものが多いです(例えば、中央法規出版の過去問解説集は、例年4月頃から発売されています)。また、国家試験問題が作成される時期も、夏頃になるものと思われます。ですから、必然的に出題の範囲としても、夏頃までに確定した新しい制度や政策が中心になると考えられます。

 このことから、「新しい知識を取り入れるにはまだ時期が早いのではないか」と思う人もいらっしゃると思います。事実、最新の制度や政策、統計などに関しては、夏から秋頃までの最新の情報を取り入れることが重要です。しかし、この思考でいくと、夏休み明けの秋口までは試験勉強をしなくてよいことになってしまいます。

 しかし、今からでも十分学習できることがあります。例えば、社会福祉の基礎となる知識や技術、倫理や理論などの把握は、現時点でもできますよね。また、今のうちから「社会福祉」特有の言葉に慣れておく必要もあります。早いうちから社会福祉用語辞典などを活用して、「社会福祉」特有の用語を習得しておくことも重要です

 特に、前回の試験に残念ながら不合格だった人や、何年か受験し続けている人は、用語を正しく理解して、その用語に慣れ親しんでおく必要がありますし、多様な用語や概念についても整理しておくことが大切だと思います。合否のラインというのは、「難関の問題が解けたか、解けなかったか」ではなく、もっと基本的な知識をしっかりと覚え、それを試験で発揮できたか、つまり、ミスや勘違いなどなく、正答に辿り着けたかです。

 また、“一からしっかり”“基礎からしっかり”やりたいという人は、今の段階からじっくりと学習していくことが大切です。先ほどの話にも関連しますが、このような地道な努力が「あと1点」というときに発揮されたりするのです(今回の試験でも、この「1点、2点」に泣いたという人が結構いらっしゃいました)。ある程度の社会福祉における基礎学習ができている人も、再点検をする意味で早めに取り組むことが重要です。

 ただし、今から学習を始める人は、特に過去の問題や古いテキスト、模擬問題集などを使用する際には、統計資料や法律は更新されていることがありますので、慎重に取り扱う必要があります。やはり今の時期は、理論や概念、福祉用語といったようなものから学習していくとよいと思います。

 今日から机上での勉強を続けていくのは大変かもしれませんが、実践や授業で出てきた用語や制度、実践や授業内で生じた疑問点などは、その都度、必ず解決しておくことが重要です。この解決のプロセスが、自然と学習につながっていきます。

試験はどのような基準で出題されているの?

 さて、では具体的に、今、何をやればよいのでしょうか?

 まずは、社会福祉士国家試験の全体像や枠組みをつかむことが重要です。各科目の詳細に入るのではなく、それぞれの科目や各範囲では「何が問われるのか」を整理してみることから始めるとよいでしょう。これについては、公益財団法人社会福祉振興・試験センターの示す「試験科目別出題基準」と照らし合わせて整理しておいてください。この出題基準は、科目ごとに「大項目」「中項目」「小項目(例示)」といったかたちで、具体的な内容を示しているものです。

 次回以降、この「試験科目別出題基準」をもとに、第33回の試験や過去の試験など実際の試験問題と照らし合わせながら、科目別に解説を進めていきたいと思います。

皆さんのタイプは?

 さて、皆さんは、何かをやるときに計画を立てるタイプですか? それとも、計画を立てないタイプですか?

 私は前者です。何事も計画を立ててやるタイプです。それも、結構余裕をもってスケジュールを立てていきます。もっとも、実行時には、忙しさや甘えによって計画どおりにいかないことが多々あります。しかし、ショートゴール(短期目標)とその達成具合の評価、ロングゴール(長期目標)の明確化をするようにしています。

 計画を立てること自体はやっている人が結構多いのですが、その計画が実行されているか、計画と実行がかけ離れていないかなどの評価をしている人はあまり多くないようです。

 この評価をすることで、今、自分がやらなければならないことが明確になりますし、また、できていないことや遅れていることも明確になります。そして、さらにそこから計画を再修正していくことができます。

 そこで、皆さんには、現時点での1年間のスケジュールを、大枠で立てておくことをおすすめします。もちろん、さまざまな理由によって計画どおりにいかないこともあります。しかし、まずは自分の1年間の学習のペース配分を把握しておくことが重要です。学生さんは、就職活動の時期や卒業論文の時期(年末に提出させる大学が多いですよね)は、もう今から十分予想可能な出来事ですよね。その時期に、試験勉強なんてできないと思います。同時に2つ以上のことはなかなかできないものです。

 また、社会人の人はどうですか? 年末年始は、何かとバタバタとしますよね。昨年の手帳を見返してみてください。どの時期が忙しかったですか? どの時期に家族旅行に行っていましたか? 家族サービスをしていましたか?

 このように、予測可能な出来事や予定をスケジュールにあらかじめ組み込んでおけば、いつ勉強しなければならないか、いつしか勉強できないのかが、必然的にわかってきます。

 あと、もう一つとても大切なことは、1か月おきに必ず評価を行う習慣をつけることです。計画に対して、達成したこと、していないことを必ず評価分析する習慣をつけましょう。これは、ソーシャルワーク実践でも重要な「計画と評価」です。もう少し付け加えると、「PDCAサイクル」です。Plan:計画、 Do:実施 、Check:評価、 Act:更なる行動を繰り返すことが重要です。この「PDCAサイクル」は、国家試験でも出題される項目ですので、ぜひ、用語集やテキストで確認してみましょう。

 最後に、合格した後の自分を、より具体的にイメージすることが大切です。夢は簡単に叶うものではありませんが、夢が叶わなくなる瞬間、それは、自らその夢を手から離すときです。この瞬間に、夢は叶わなくなるのです。夢は、絶対に逃げませんが、自らが手放してしまうのです。

 夢を具体的にイメージすることが大切です。最後に勝つ(合格する)人は、この思いが強い人です。

はじめに終わりのことを考えよ

 「はじめに終わりのことを考えよ」

 これは、有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)の言葉です。この一文は、何をやるにも、はじめの段階からあらかじめ終わり(結果)のイメージを描くことが重要であるということを示しています。

 つまり、「終わり(結果)」は「はじめ」からのプロセスによって形作られるもので、国家試験のラストスパートも、早い段階から始まっているといえます。

 それでは、いよいよ来週から科目別の講座を始めていきたいと思います。

■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。こちらもチェックしてみてください。

  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!社会福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialito

「わかる!受かる!社会福祉士国家試験合格テキスト2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/contents/category/socialark

もっと問題を解きたい人は合格アプリ!

社会福祉士合格アプリ2020

社会福祉士合格アプリ2022
過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

毎年大好評の社会福祉士受験対策アプリの最新版!
「過去問」「模擬問」コンテンツが販売中
「一問一答」「穴埋め」は8月にかけてリリース予定!
  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
  • ※この商品は、スマートフォンとタブレットでご利用いただけます。パソコンでは操作できません。