メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第17回 「相談援助の理論と方法」のポイント(1)

 さて、今回は、「相談援助の理論と方法」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で整理していきます。
 この科目については、2回にわたって解説していきます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.人と環境の交互作用、2.相談援助の対象、3.様々な実践モデルとアプローチ、4.相談援助の過程、5.相談援助における援助関係、6.相談援助のための面接技術、7.ケースマネジメントとケアマネジメント、8.アウトリーチ、9.相談援助における社会資源の活用・調整・開発、10.ネットワーキング(相談援助における多職種・多機関との連携を含む。)、11.集団を活用した相談援助、12.スーパービジョン、13.記録、14.相談援助と個人情報の保護の意義と留意点、15.相談援助における情報通信技術(IT)の活用、16.例分析、17.談援助の実際(権利擁護活動を含む。)の17項目があげられています。

 今回は1~8までを、次回は9~17を解説したいと思います。

第32回試験を見てみると…

 本科目は、「相談援助の基盤と専門職」とセットの科目といえます。関連する項目も多々ありますので、相互に関連づけて学習を進めるとよいでしょう。

 本科目の問題数は全21問と、全科目のなかで一番配分の大きな科目です。そして、本科目でしっかりと得点できていることが合格の必須条件だと思います。また、事例問題については、いずれも短文の事例問題で、受験生の応用力や対応力を確かめるうえで重要です。受験生が事例を読んで、ソーシャルワークの専門的知識、技術、倫理価値といった原則に立ち返り、これから専門家として歩み出すための「原理・原則(ソーシャルワークの価値や倫理)の確認」ができる問題が良問です。これから他職種と連携・協働し、チームケアをしていくわけですから、社会福祉士が大切にしている原理・原則は、社会福祉士自身がしっかりと身につけておくことが重要だと思います。

 具体的に問題の内容を見てみると、理論やアプローチ・モデルに関する問題や、相談援助の過程に関する問題、スーパービジョンや記録、ケースマネジメントなどが例年同様に多く出題されました。理論・アプローチ・モデルについて少し整理しておくと、例えば、「治療モデル」「生活モデル」「ストレングスモデル」「課題中心アプローチ」「エンパワメントアプローチ」「解決志向アプローチ」などが問われています。このほか、過去問を含めて列挙しておくと、「危機介入アプローチ」「心理社会的アプローチ」「問題解決アプローチ」」「システム理論」「行動変容アプローチ」「機能的アプローチ」「エンパワメントアプローチ」などが出題されています。さらに、「実存主義アプローチ」「フェミニストアプローチ」などがあげられます。また、グループに関するソーシャルワークについても出題されています。これからのソーシャルワーカーには、グループを活用したソーシャルワークは必須の知識、技術になりますので、必ず整理しておきましょう。

 以上を見てきても、本科目はかなりのボリュームですが、過去問解説集模擬問題集などでしっかりと学習しておけば、得点できる問題が多いと思います。また、今のうちに不明確な用語については、社会福祉用語辞典を活用して整理しておいてください。

 では、出題基準で取り扱われる17項目のうち、今回は8項目について整理していきます。

各項目の詳細について

1.人と環境の交互作用

 本項目では、人と環境の交互作用について理解することが重要です。特に、システム理論が中心となります。キーワードとしては、一般システム理論、サイバネティックス、自己組織性などがあげられます。
 ソーシャルワークの歴史は、この「人(個人)」と「環境(社会環境)」をどのように扱うかということの歴史ともいえます。リッチモンド以来、ソーシャルワーク研究において、「人(個人)」をどのように理解し規定するのか、また、「環境(社会環境)」をどのように理解し規定するのか、さらに、「人(個人)」と「環境(社会環境)」をどのように捉え、結びつけていくのかなどの議論が繰り返されてきました。時には、「環境面」や「社会面」などの貧困問題を忘れたソーシャルワークと皮肉を言われることもありました。

 その後、1950年代後半以降、問題の所在として「人(個人)」あるいは「環境(社会環境)」のみに焦点を当てるのではなく、「人(個人)」と「環境(社会環境)」を1つのシステムで理解すればよいという新しい考え方が急速に広がっていきました。そして、「人(個人)」と「環境(社会環境)」のように二元化して捉えるのではなく、「人(個人)」と「環境(社会環境)」を1つのシステムに内包することで、一元化して捉えるようになりました。その後も、ソーシャルワークの統合化や生態学の影響を受け、現代の「人(個人)」と「環境(社会環境)」の交互作用面に介入するソーシャルワーク援助が一般化されていきました。

 本項目は少々難しい内容ですが、絶対に頭に入れておいてください。とても重要で、今後出題されやすい項目です。この「人(個人)」と「環境(社会環境)」の交互作用について理解し、そこを支援ターゲットとすることが、ソーシャルワークの専門性・独自性でもあるのです。

 第32回試験、第31回試験では、問題98で、ソーシャルワークに影響を与えたシステム理論について問われました。第31回試験は、ケンプらによる「人—環境のソーシャルワーク実践」について問われました。また第30回試験でも、問題98で「人と環境との関係」について問われ、第29回試験でも、問題98で「システム理論に基づくソーシャルワーク実践モデル」の詳細について出題されました。こちらは過去の問題をベースに整理しておきましょう。基礎的な内容ですが、非常に重要な項目です。また第28回試験でも、問題99で「システム理論に基づく相談援助の対象」について問われています。内容的には非常に基礎的なものですが、システム理論では、「A」と「B」を一体的に1つのものとして包括して捉える特徴があります。つまり、「A」と「B」2つあるものを、〈AB〉と言ったように1つのものとして捉えていきます。これを応用して、「人」と「環境」で説明すると、システム論では、〈人環境〉のように一体的に捉え、全体的視座で把握する特徴があります。さらに、過去問を見ておくと、第27回試験では、問題98で「ソーシャルワークが対象としている「人と環境との関係」、第25回試験では、問題101で、「相談援助における個人と環境をめぐる諸説」が出題され、ジャーメインやホリス、パールマン、バートレット、ゴスチャなどの理論家の諸説が出題されています。この5名の理論家とその諸説については、非常に重要ですので必ず確認しておいてください。

2.相談援助の対象

 本項目では、相談援助の対象の概念と範囲について理解することが重要です。つまり、ソーシャルワークが取り扱う対象とその範囲についての整理が必要になります。これについては、前項目の「1.人と環境の交互作用」とも関連してきます。また、援助構造を中心に整理した場合は、社会福利のレベルを意識する必要があります。つまり、(1)ミクロ・レベル、(2)メゾ・レベル、(3)マクロ・レベルについての整理が重要です。これによって、ソーシャルワーカーの役割や機能も変化してきます。

 第32回試験では、問題106で、システムへ介入する社会福祉士のシステムレベルを問う内容でした。また、第27回試験の問題99で「ミクロ、メゾ、マクロレベルへの介入」に関する事例問題が出題されました。ソーシャルワーカーは、このミクロ・メゾ・マクロレベルへ重層的に介入していきます。よって、現代のソーシャルワークは、ミクロ、メゾ、マクロレベルへの介入や、これらのシステムを重層的に捉える視点が必須であり、そういった意味では、全ての項目(特に事例問題)に関連します。

 ソーシャルワークでは、ケースワークやグループワーク、コミュニティ・オーガニゼーションなどのソーシャルワーク技術を統合化することで、1990年代以降ジェネラリスト・ソーシャルワークを採用し、相談援助の対象に「ミクロ」「メゾ」「マクロ」のレベルで重層的に対応しています。

3.様々な実践モデルとアプローチ

 本項目では、相談援助を行ううえで必要となる具体的な実践モデルやアプローチについて理解することが重要です。具体的には、1)治療モデル、2)生活モデル、3)ストレングスモデル、4)心理社会的アプローチ、5)機能的アプローチ、6)問題解決アプローチ、7)課題中心アプローチ、8)危機介入アプローチ、9)行動変容アプローチ、10)エンパワメントアプローチがあげられます。ここであげられる実践モデルやアプローチについては、必ず整理しておきましょう。毎年2~3問出題されています。

 過去の問題で確認しておくと、第32回試験では、前出の問題98や、問題100の事例問題は、システム理論をベースとする知識が問われていますが、このほか、問題101では、ランクの意志療法に影響を受けた「機能主義学派」と、フロイトの精神分析に影響を受けた「診断主義学派」や、ロスやニューステッターの「コミュニティ・オーガイゼーション説」や「インターブループワーク」、ホリスの「心理社会的アプローチ」、タフトやロビンソンの「機能主義学派」、パールマンの「問題解決アプローチ」などが問われています。また、第31回試験では、システム理論(問題100)をはじめ、問題103では、解決志向アプローチ、行動変容アプローチ、エンパワメントアプローチ、フェミニストアプローチ、課題中心アプローチなどの基本的内容が問われました。これに加え、問題99では、エコロジカルアプローチの視点から支援事例や、問題101では、ナラティブ・アプローチに基づく応答に関する事例問題が出題され、問題102では、ホリスが示した心理社会的アプローチの具体的な介入方法について問われています。

 さらに、第30回試験では、問題100で「ソーシャルワーク実践理論」について横断的な知識が問われています。リッチモンド、タフトとロビンソン、ピンカスとミナハン、ジャーメインなどの人物、グループワーク、治療モデル、生活モデル、ジェネラリスト・ソーシャルワーク、ナラティブ・アプローチなどの理論が問われています。これらの用語で不明なものは、必ず確認しておいてください。このほか、問題101では、解決志向アプローチに関する事例問題や、問題102「課題中心アプローチ」、問題103「エンパワメントアプローチ」について問われています。また、第29回試験では、問題100「解決志向アプローチ」、問題101「問題解決アプローチ」、問題102「行動変容アプローチ」が出題されています。各アプローチに一言ずつ解説を加えておくと、「解決志向アプローチ」は、問題が解決されたあとの状況に焦点を当てて援助が展開される特徴があります。よって、設問文を借りると「問題の原因の追究よりも、クライエントのリソース(能力、強さ、可能性等)を活用することを重視」します。次に、「問題解決アプローチ」は、「診断主義」と「機能主義」を基礎とするアプローチを折衷するもので、パールマンが提唱したアプローチです。人々が社会的に機能すること自体が問題解決の過程であると捉える点に特徴があります。最後に、「行動変容アプローチ」は、学習理論をベースに、条件反射の消去や強化によっての特定の症状や問題行動自体の解決を図るものです。このように、基礎的な項目を抑えて、過去の問題をベースに詳細内容を整理しておきましょう。第28回試験で問われた理論、アプローチとしては、問題100「危機介入アプローチ」、問題101「行動変容アプローチ」があります。これらのモデルやアプローチを理解するために、前知識として、精神分析理論や自我心理学理論、役割理論、学習理論(認知行動理論)、コミュニケーション理論、システム理論、生態学理論などについても理解しておくとよいでしょう。

 このように、本項目については、今後も出題される可能性が極めて高いため、テキストや社会福祉用語辞典などを活用して整理しておいてください。一つひとつの理論やアプローチを完全にマスターするのは困難だと思いますので、過去3年で出題された理論やアプローチについては、問題文をベースに「キーワード」などを中心に整理しておくといいでしょう。

4.相談援助の過程

 本項目では、相談援助の過程についての流れや各段階の意味を含めた整理が必要です。ソーシャルワークの支援は科学的に行われているため、行き当たりや援助者個人の感覚や体験のみによって行われるわけではなく、一定の方法や基準、過程があります。ここではそれぞれについて細かく取り扱うことはできませんが、1つひとつの過程に関してはよく理解しておきましょう。同時に、どのような過程を経て終結へと進んでいくのかをよく理解しておいてください。そして、各過程は、前後の過程と相互に関連し合っていることも理解しておいてください。図の「ソーシャルワークの支援過程(プロセス)」を参考に、各自で、援助の流れと各段階の詳細について整理しておきましょう。

図 ソーシャルワークの支援過程(プロセス)


 第32回試験では、問題103で、援助の過程に関して、「インテーク」「プランニング」「インタベーション」「エバリエーション」について問われました。また、問題104では、支援の終結と効果測定段階における「効果測定」について問われています。このほかは、「この段階における」といった事例問題で出題され、問題102「インテーク段階」、問題105「アフターケア段階」について問われました。また、第31回試験では、アセスメント段階における、アセスメントツールについて問われています。例えば、「ジェノグラム」や「エコマップ」など問われましたが、共に関係性を可視化するツールです。なぜ、関係性を可視化する必要があるのかというと、ソーシャルワークでは、例えば、人と人、人と環境を一体的に捉えるシステム理論をベースにしているからです。このほか、第30回試験では、問題104「インテーク(初回面接)」、問題116「プランニング」について出題されています。また第29回試験では、問題103「インテーク(初回面接)」、問題104「アセスメント」、問題105「モニタリング」について出題されています。第28回試験では、事例と関連づけながら「インテーク」や「支援の実施(インターベンション)」「モニタリング」「アフターケア」などについて問われています(事例問題)。このように、今後は、各過程・段階を単独で暗記するのではなく、各過程・段階の要点をおさえつつ、支援のプロセスや実例に重きをおいて学習しておきましょう。

5.相談援助における援助関係

 本項目では、援助関係の意義と概念、援助関係の形成方法について理解することが重要です。この項目は、前述した「2.談援助の対象」とも関連するソーシャルワーク(相談援助)の構成要素の1つです。また、援助関係の形成方法においては、ソーシャルワーカーが準ずる原則やコミュニケーションとラポール、自己覚知などについても理解しておく必要があります。

 例えば、ソーシャルワーカーが準ずる原則としては、バイステックの7つの原則((1)個別化の原則、(2)意図的な感情表出・表現の原則、(3)統制された情緒的関与(関わり)の原則、(4)受容の原則、(5)自己決定の原則、(6)非審判的態度の原則、(7)秘密保持の原則)などがあります。また、コミュニケーションについては、言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションに関する理解が重要となります。さらに、援助を行ううえでの基本的な事項として、ラポール(信頼関係)の構築があげられます。そして、援助を行うソーシャルワーカーが自身をよく理解し、それを統制するための自己覚知(自己理解)が重要となります。第29回試験では、問題106でズバリ「バイステックの援助関係形成の原則(バイステックの7つの原則)」から出題されています。また、第32回試験では、問題107でソーシャルワークにおける援助関係を示す基本的な用語である「ラポール」「パートナーシップ」「逆転移」「パターナリズム」「アタッチメント」について問われました。こちらは、過去問題をベースに整理しておきましょう。

6.相談援助のための面接技術

 本項目では、相談援助のための面接技術の意義、目的、方法、留意点などについての理解が重要です。面接とは、ソーシャルワーカーが援助活動を行ううえで最も重要な手段の1つであり、クライエントとの目的をもったコミュニケーションの方法です。つまり、単なる会話ではなく、相互の意志による目的をもった意図的な会話といえます。

 面接の基礎としては、傾聴や共感(共感的理解)、支持、質問技法、方向づけなどの応答技術(技法)があります。また、具体的な面接技術としては、受け止め、明確化、励まし、促し、繰り返し、言い換え、感情の反射、感情の明確化、要約、開かれた質問・閉じられた質問、保障、提案・助言、焦点化などがあげられます。

 第32回試験、第29回試験は、問題108で「相談援助のための面接」について問われています。具体的には、「言い換え」「共感」「ミラクル・クエスチョン」「アイメッセージ」「閉ざされた質問」「要約」「感情の反映」「沈黙」「非言語的表現」についてです。こちらは基礎的な内容なので、過去の問題をベースに整理しておきましょう。第30回試験では、事例問題で、マイクロカウンセリング技法(面接技法)に対する具体的内容が問われています。第31回の試験では、問題108で、アイビィのマイクロ技法の基礎について問われていました。こちらは、過去の問題でチェックしておきましょう。最後に、第32回試験の問題109では、「会話」と「ソーシャルワーク面接」の相違について問われています。こちらも、過去問題をベースにチェックしておきましょう。

7.ケースマネジメントとケアマネジメント

 本項目では、ケースマネジメントとケアマネジメントの意義、目的、方法、留意点について理解することが重要です。わが国のケースマネジメントは、1990(平成2)年以降、在宅介護サービス(在宅介護支援センター)の開始や、2000(平成12)年の介護保険制度の施行、さらに2005(平成17)年の障害者自立支援法などの制度の成熟とともに発展してきました。介護保険制度が始まる前まではケースマネジメントという用語が使用されていましたが、以降、介護保険制度下ではケアマネジメントという用語が使用され、障害者領域でも同様のケアマネジメントという用語が使用されています。

 ケースマネジメントの構成要素としては、(1)生活問題を抱える人(クライエント)【ニーズ】、(2)問題を解決するための社会資源【サービス】、(3)クライエントおよび問題と社会資源を結びつけるソーシャルワーカーです。(2)の社会資源は、ニーズを解決するための「ヒト」「モノ」「カネ」を総称するもので、インフォーマルサポートと、フォーマルサービスをネットワーキングしたものといえます。このようなネットワークを「ソーシャルサポートネットワーク」といいます。

図 ケースマネジメント(ケアマネジメント)の構成要素


 本項目については、何回も出題されています。いつくかの問題を見ておくと、第32回試験では、「ケースマネジメントの範囲や目的に関するモデル」について問われています。このほか、第30回試験では、問題109で「ケアマネジメントの方法」について問われ、ケアマネジメントの過程における各段階の内容や方法、その際のケアマネジャーの役割に関して出題されました。また、第28回試験では、問題110で「ケアマネジメントにおけるケアプラン作成の基本原則」について問われています。さらに、第27回試験では、問題109で「ケアマネジメントの過程でケアマネジャーが行うこと」について問われています。第26回試験では、問題108で「ケアマネジメントの機能であるニーズと社会資源の結合(リンケージ)」に関する内容が問われていました。

 本項目に関する問題は、今後も出題される可能性が高いので、上の図とともに内容を整理しておいてください。

8.アウトリーチ

 本項目では、アウトリーチの意義、目的、方法、留意点について理解することが重要です。アウトリーチとは、ソーシャルワーカーが相談機関に持ち込まれる相談をただ待つのではなく、問題を抱えた人がいる地域社会やその人々の生活の場に出向き、相談援助を提供することです。ソーシャルワークにおいては、基礎的かつ重要な技術・機能ですので、しっかりと整理・理解しておいてください。

 第30回、第29回、第28回試験では、出題がありませんでしたが、第31回試験では、「アウトリーチ」の基礎的内容が問われています。こちらは過去の問題をベースに整理しておきましょう。また、第27回試験では、問題110の「民生委員が行った活動が果たした機能」として「アウトリーチ(ニーズの掘り起こし)」が出題されています。今後も出題される可能性が高いと思います。組織的な状況などにより、現場のソーシャルワーカーがアウトリーチを行うことが困難な土壌ですが、そもそものソーシャルワークの原点はここにあります。なお、こちらのアウトリーチは、前科目「相談援助の基盤と専門職」で問われる可能性が非常に高いので、必ずチェックしておいてください。

 以上が、「相談援助の理論と方法」のポイント(1)(大項目1~8)です。現時点の学習のポイントとしては、福祉特有の用語を正しく理解し、整理しておくことです。また、理論やアプローチ・モデルの整理もしておくとよいでしょう。夏の間にこれらの点を整理し、理解しておくと、秋以降の追い込みの時期に効果を発揮します。

 次回は、「相談援助の理論と方法」のポイント(2)(大項目9~17)です。

基礎づくりの「夏」

 暑い日が続きますね。水分補給に栄養のバランスのとれた食事、睡眠や休息をしっかりとって、この夏を乗り越えましょうね。受験生にとって、この夏は、基礎をしっかり固める重要な時期です。この夏の基礎作りが秋からの応用へと繋がっていきます。秋以降の学習は、テキストをじっくり読んで理解する学習法から、問題にあたり不足する知識や関連する知識をどんどん実践していくことになります。そこで、夏は、基礎を繰り返して、基礎づくりをしていくことが重要です。

■お知らせ■

本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】が始まりました。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。こちらもチェックしてみてください。

  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。