メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第15回 「社会調査の基礎」のポイント

 さて、今回は、「社会調査の基礎」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で整理していきます。
 今回から、「専門科目」の8科目です。例年、「共通科目」より得点できるといった声が多い8科目です。言うなれば、この8科目で1点でも多く得点することが、合格の必要条件になります。そういった意味では、感覚で覚えている用語や法律などについても、もう一度きちんと用語辞典福祉小六法テキストワークブックなどに戻り、丁寧に学習することが重要と言えます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、1.社会調査の意義と目的、2.統計法、3.社会調査における倫理、4.社会調査における個人情報保護、5.量的調査の方法、6.質的調査の方法、7.社会調査の実施にあたってのITの活用方法の7項目が挙げられています。

第32回試験をみてみると…

 第32回試験は、基礎的な問題が出題されていました。そういった意味で、本科目は、基本的な内容や用語等で不確実なものを確実に学習することが重要です。勉強法としては、過去問解説集模擬問題集の解説を中心に整理していきましょう。
 内容としては、(1)社会調査の基礎に関する問題や統計法について問われました(社会調査の基礎)。このほか、(2)量的調査、(3)質的調査に関する問題が出題されています。このような構成は例年通りです(近年、量的調査の項目の出題が増えております)。今後も、このように全7問中、(1)社会調査の基礎や概論から1~2問、(2)量的調査の内容から3~4問、(3)質的調査の内容から1~2問出題されるでしょう。したがって、質的調査の知識だけでなく、量的調査に関する知識の習得も重要となります。特に、用語と概念については、必ず整理しておきましょう。
 それでは、出題基準で取り扱われる7項目をもとに整理していきます。前述の3分類((1)社会調査の基礎や概論、(2)量的調査の内容、(3)質的調査の内容)に沿って解説していきます。

各項目の詳細について

(1)社会調査の基礎や概念

1.社会調査の意義と目的

 本項目では、社会調査の意義と目的、社会調査の対象などについての理解が重要です。

 まず、「社会調査」とは、一定の社会や社会集団の特性を明らかにするために、社会事象を対象として、その対象やそれに関連する事実を直接的にデータ収集し、そのデータを処理・分析する全作業過程およびその方法のことをいいます。

 また、「社会福祉調査」とは、世論調査や統計調査などを含む社会調査を応用したもので、共通の手法を用いますが、調査目的を社会福祉問題の抽出や問題解決、防止のための資料の提供と位置づけるという特徴から、厳密には、社会調査と区別しています。この場合の調査内容は、(1)現在提供されている社会福祉サービスに対する要求や潜在的なニーズの発見などの福祉ニーズの的確な把握と分析、(2)ニーズ充足のために提供される福祉サービスの効果の測定があげられます。調査方法は、データの質に沿って大別すると、量的調査と質的調査に分けられます。量的調査、質的調査については、次の(2)、(3)で整理していきます。

 過去の問題を見ておくと、第32回試験、第31回試験では、社会調査の基礎として、統計調査、市場調査、世論調査、アクション・リサーチ、センサスなどといった用語を問う内容が出題されました。こちらは過去問でチェックしておきましょう。また、第29回試験では、社会調査の種類と意義について、第27回試験では、調査の対象に関する問題が問われています。例えば、センサス、社会調査、国勢調査、労働力調査(総務省)などです。内容的には、非常に基礎的なものですが、過去問をベースに整理しておきましょう。現時点では、まず用語の意味を整理しておきましょう。ちなみに、「センサス」とは、行政上・政治上の目的をもって行われる統計調査であり、第31回試験の問題84の選択肢5の文章を借りれば、企業の社会活動を把握することを目的とした社会調査はセンサスには該当しません。よって、国が主体となって実施する社会調査であり、その代表例として、国勢調査が挙げられます。

2.統計法

 本項目では、統計法の概要について理解することが重要です。ここでも特有な用語の理解や整理が中心となります。簡単に整理をしておくと、統計・調査方法により、(1)全体対象とする統計的・量的な全数(悉皆)調査、(2)部分を対象とする統計的・量的な標本(一部)調査、(3)部分を対象とする記述的・質的な事例調査、(4)全体を対象とする記述的・質的な集落調査に分けられます。

 本項目に関する問題は、2007年に改正された「統計法」について、第32回、第30回試験で出題されています。問題文を借りて説明すると、本改正法では、公的統計の位置付けを「行政のための統計」から「社会の情報基盤としての統計」へと大きく転換したことにあります。また、統計委員会が総務省に設置されることとなりました(改正当初は「内閣府」)。加えて、調査対象者の秘密保護の取り扱いは、規定が整備され、強化されています。こちらについては、過去問をベースに復習しておきましょう。

3.社会調査における倫理、4.社会調査における個人情報保護

 この2つの項目では、社会調査における倫理、社会調査における個人情報保護の理解が重要となります。特に、事例調査や実践研究における事例の取り扱いについては、各専門職団体や各学会が示す投稿規程や事例取り扱いの留意点などを参考にするとよいでしょう(例:社団法人日本社会福祉士会「会員が実践研究等において事例を取り扱う際のガイドライン」(2003(平成15)年4月19日制定参照)。本項目は、出題の頻度が高いです。

 過去問を見てみると、第30回試験では、問題85で「社会調査における個人情報保護」について問われています。第29回試験はでも、問題85で調査者の倫理について問われています。こちらは過去問をベースに見ておいてください。また、第27回試験でも、問題85で「社会調査の実施における倫理的配慮」について、具体的な内容が出題されています。また、第26回試験でも、問題85で、社会調査における個人情報保護に関して問われました。さらに、第25回試験では、問題84の事例問題で、「調査の企画(目的と方法)」、第24回試験では、問題77の事例問題で、「社会調査における倫理」についての具体的な内容が問われました。現役学生の皆さんは、卒業論文の指導教員から指導を受けているでしょうから大丈夫だと思いますが、調査には倫理や個人情報に関する視点が重要となります。

 さらに、第23回試験でも、「学生が社会調査を行う上での調査倫理上の観点」を問う問題が、事例問題として出題されました。第22回試験では、「社会調査を実施する過程での個人情報の取扱い」に関する問題が出題されました。このように、毎年出題されている項目なので、必ず確認しておいてください。

7.社会調査の実施にあたってのITの活用方法

 少し項目の番号が飛んでしまいますが、本項目では、社会調査の実施にあたってのITの活用方法について、理解が求められます。近年、社会調査を行う際、さまざまな場面でITが利用・活用されています。特に、文献収集の際にITを利用し、活用することで、多くのデータを効率的かつ短時間で収集することができます。また、研究機関や大学等の図書館では、文献データベースが整備されています。このようなITの利用および活用法の理解と、限界性や注意点をまとめながら整理しておきましょう。

 第28回試験で、「社会調査におけるコンピューターやインターネットの活用」に関する問題が出題されています。非常に基礎的な内容から、時事に関する内容まで幅広く問われています。ちなみに、2015(平成27)年の国勢調査では、インターネットによる回答が実施されました。皆さんのなかでも、インターネットで回答された方もいるのではないでしょうか? 結果(総務省)としては、インターネット回答率は36.9%で、スマートフォンからの回答率は12.7%でした。このほか、最も回答率が高かったのは滋賀県で47.5%、次いで、富山県、岐阜県、奈良県、静岡県と続き、16の県で4割を超えていました。そして、今年(2020年)は、2015年から5年、国勢調査は、5年に1度行われるので、今年度実施予定です。ですが、新型コロナウイルスの拡大防止のため、総務省は、10月に予定する2020年国勢調査で、対面による調査票配布・回収を取りやめ、調査票は郵便受けに入れ、原則、郵送かインターネットで回答してもらう他、公表時期の延伸などを検討しているようです。

 今後も出題される可能性が高い分野ですので、例えば、文献データベースやIT活用などに関するルールや倫理などについては、前項と関連づけて学習しておきましょう。そして、国勢調査は、今年度出題される可能せが高い項目ですね。

(2)量的調査の内容

5.量的調査の方法

 本項目では、具体的に、1)全数調査と標本調査、2)横断調査と縦断調査、3)自計式調査と他計式調査、4)測定、5)質問紙の作成方法と留意点、6)調査票の配布と回収、7)量的調査の集計と分析の理解があげられています。

 もう少し細かくみてみますと、1)全数調査と標本調査では、母集団、標本、標本抽出などの理解が必要となります。また、4)測定では、測定の水準、測定の信頼性と妥当性などに関する知識が必要となります。

 ここで少しだけ基礎を整理しておきます。表を見てみましょう。

調査調査の説明備考
悉皆(全数)
調査
調査対象集団(母集団)全員に調査する。正確で信頼性の高いデータが取れる一方で、時間・費用・労力がかかる。
標本(部分)
調査
調査対象集団(母集団)から代表(標本)を選定(抽出)してその代表に調査する。母集団から標本を選定する操作を「標本抽出」という。その方法には、「無作為抽出法(確立標本抽出)」と「有意抽出法(非確立標本抽出)」とがある。

 5)質問紙の作成方法と留意点では、ダブルバーレル質問、パーソナルな質問とインパーソナルな質問などの用語の理解が大切です。また、キャリーオーバー効果などの用語の理解も必要になります。

 質問紙の作成に関する留意点としては、特定の回答を誘導するような聴き方を避けることが重要です。さらに、特定の価値的ニュアンスが付着した用語をステレオタイプといいますが、その言葉に影響されて回答がゆがめられることがあるため、質問文には使用しません。このほか、一般の人や利用者・住民などが理解しにくい専門用語や職業用語、略語、曖昧な用語などは使用しないように気をつけます。

 6)調査票の配布と回収では、訪問面接調査、郵送調査、留め置き調査などの用語の理解とともに、それらのメリットとデメリットについて整理しておきましょう。

 7)量的調査の集計と分析では、コーディング、単純集計と記述統計、質的データの関係性(クロス集計)、量的データの関連性(散布図、相関と回帰)などの理解が重要となります。

 本項目に関する問題は今後も出題される傾向にありますので、用語とともに内容の理解をしっかりとしておいてください。

 過去問を見てみると、第32回試験では、「調査対象者の抽出法(問題86)」「量的調査の測定尺度(問題87)」「質問紙(アンケート)の作成の留意点(問題88)」「量的データの集計や分析(問題89)」などが本項目に該当します。第31回試験では、「質問紙を用いた調査(問題85)」「測定と尺度(問題86)」「調査業の回収後の手続き(問題87)」「量的データの集計や分析(問題88)」などが本項目に該当します。また、第30回試験では「全数調査と標本調査(問題86)」をはじめ、「横断調査と縦断調査(問題87)」「質問紙調査の方法(問題88)」「質問紙の作成法(問題89)」が該当します。

 このように、ボリュームが多く感じるかもしれませんが、例年同じような問題が連続して出題されています。よって、内容的には、非常に基礎的なものなので、過去問をベースに整理しておきましょう。学習し始めるまでは、わからない用語や専門的な用語などに苦戦しますが、一度じっくり向かい合えば、きちんと得点できる項目でもあります。

 もう少し見ておくと、第29回試験は、「量的調査における標本抽出の基礎(問題86)」「社会調査における調査票の基礎(問題87)」「量的調査におけるデータの集計方法(問題88)」について問われました。また第28回試験では、「調査方法と調査票への記入の仕方(問題84)」「尺度水準(問題85)」「質問紙の作成方法(問題86)」「相関(ピアソンの積率相関係数)(問題87)」について問われました。問題85の「尺度水準」については、出題頻度も高く、量的調査を実施し、分析をする際の基礎となるものですので、必ず整理しておきましょう。

図 尺度水準の整理
データ尺度変数備考
質的
データ
名義
尺度
順序関係や量的関係のないカテゴリー性別・国籍など
例えば、
男性→「1」
女性→「2」
例えば、男性「1」、女性「2」を足して、足した数で割って「1.82」と出ても数値の意味はない。
よって、算術平均を求めることができない。しかし、最頻値(最も多いカテゴリー)は求めることができる。
順序
尺度
順序関係のあるカテゴリー(ただし、カテゴリー間の差は意味を持たない)学歴など
例えば、
大学院卒「1」
大学卒「2」
専門卒「3」…
こちらも、名義尺度同様に算術平均を求めることはできない。しかし、最頻値、中央値(データを小さい順に並べた時に、ちょうど真ん中に来る値)を求めることはできる。
量的
データ
間隔
尺度
各カテゴリーの間隔が等しく、測定値間の差の関係が成り立つもの気温など・中央値
・算術平均
・標準偏差(データの散らばり具合(ばらつき)を示すもの)
を求めることができる。
比例
尺度
各カテゴリーの間隔が等しく、測定値間に差や比の関係が成り立つもの所得、身長など

 第27回試験では、問題86で「横断調査と縦断調査」に関して問われました。少しだけ整理しておくと、「横断調査」は、調査を行うのは1回のみですが、さまざまな種類のデータを取る調査です。一方「縦断調査」は文字通り、ある対象に対し、時間間隔をあけて何回もデータを取る調査で、時系列調査とも呼びます。このほか、「クロス表とその分析」や「調査結果の読み方(事例問題)」に関する問題が出題されています。第26回試験では、「質問紙を用いる調査方法」に関する問題、「質問紙作成の注意点」に関する問題、「事例による調査結果の読み方」に関する問題が出題されました。こちらの項目は、過去問をベースに整理しておきましょう。

(3)質的調査の内容

6.質的調査の方法

 本項目は4つの視点で整理できます。それは、1)非参与観察法、参与観察法、統計的観察法などの「観察法」の理解、2)自由面接法、構造化面接、半構造化面接などの「面接法」の理解、3)質的調査における記録の方法と留意点、4)調査結果の図表化、グラウンデッドセオリーアプローチなどの「質的調査のデータの整理と分析」です。

 ここで、グラウンデッド・セオリー・アプローチについて少し整理しておきます。このアプローチは、1960年代にアメリカの社会学者グレーザーとストラウスによって考案された質的研究法です。両者の本研究法に対する視点はその後分化され、(1)グレーザー版、(2)ストラウス版、(3)ストラウス・コービン版、(4)修正ストラウス・グレーザー版の4つがあります。このアプローチは、人間と人間とが直接に関わりをもつ相互・交互作用に関わる研究や実践現場にフィードバックして検証できるため、ヒューマンサービス領域の研究に適していることに特徴があります。

 過去問を見ておくと、第32回試験では、問題90で「調査の情報の整理と分析」について、グラウンデッド・セオリー・アプローチ、プリコーディング、会話分析、ミックス法について問われていますが、こちらは、基礎的な用語の理解となります。第31回試験では、問題89で調査方法について問われ、具体的には「非構造化面接」「構造化面接」「半構造化面接」について問われています。また、問題90では「質的調査の記録やデータの収集方法」について問われています。これらについては、過去の問題で整理しておきましょう。第30回試験では、問題90で「質的調査」について幅広い知識が問われました。例えば、エスノメソドロジーの会話分析や、グラウンデッド・セオリー・アプローチ、非構造化面接法、トライアンギュレーション、フォーカスグループインタビュー法です。こちらについては、過去問ベースで、用語の整理から始めてみましょう。第29回試験は、問題89で「事例研究法」について、問題90で「ブレーンストーミング・KJ法」に関する事例問題について問われました。ここでは、「ブレーンストーミング」と「KJ法」について簡単に整理しておきましょう。「ブレーンストーミング」は、「ブレーン=脳」「ストーム=嵐」、つまり「脳嵐」と言う意味です。「頭の中にあるアイディアをかき回す」といったイメージでしょうか。付箋紙などを利用して、(1)自由奔放に、(2)量を好む(質より量)といった原則に基づき、頭の中にあるアイディアをとにかくたくさん書き出します。さらに、出されたアイディアに対しても(3)便乗発展、(4)批判厳禁の原則に基づき、活性化をはかります。これによって、活性化された、たくさんのアイディアが列挙されます。これは、アイディアが「拡散」している状態です。次に、この「拡散」したアイディアを、「収束(集約)」させていきます。この手法として、「KJ法」があります。KJ法は、分類と集約を通して、アイディアを想起させたり、課題解決の糸口を見つけたりします。そのプロセスは、(1)カード作り、(2)グループ編成、(3)図解化、(4)文章化といった手順をとります。ちなみに、KJ法の名前は、考案した川喜田二郎氏のイニシャルです。

 第28回試験では、フォーカスグループ・インタビュー法(グループインタビュー)に関する問題(問題88)や、アクションリサーチに関する問題(問題89)が問われています。また、第27回試験では、問題89で「調査手法」に関する問題が出題され、具体的な手法としては、「ライフストーリー・インタビュー」「ミックス法」「アクションリサーチ」「エスノグラフィー」「フォーカスグループ・インタビュー」などが問われました。さらに、第26回試験では、「社会調査における面接法」に関する問題と、「質的調査データの整理分析」に関する問題が出題されていました。第25回試験では、本項目に関連する問題は2問出題されています。一つは、問題90の「観察法」で、もう一つは、問題87の「データ収集法」に関する問題です。しかし、これらの観察法、データ収集法は、質的調査のみの技法でなく、量的調査でも必要となる技法・知識です。このように、ここ数年は、量的調査、質的調査共に関係する内容が問われており、特に、データの収集に関しては、共有する知識が問われているので、量的調査だから、質的調査だから、と分けて考えない方がよいかもしれません。ただし、分析については、それぞれ専門的な知識が必要になりますので、丁寧に整理しておいてください。

 以上が、「社会調査の基礎」のポイントです。

 次回は、「相談援助の基盤と専門職」の具体的な内容、ポイントについて解説していきます。

国家試験勉強のモチベーション

 社会福祉士の国家試験勉強って、暗記が多いですよね。

 「丸暗記して、合格する…」 そんなふうに国家試験勉強を考えている人も多いのではないでしょうか? もちろん、国家試験は、必要な項目に関して暗記しておかなければなりませんが、でも、「ただただ、暗記、暗記…」となってしまうと、勉強をする意欲やモチベーションがどんどん下がっていってしまいます。

 気の持ち方一つで、見えてくるものも、行動も変わってきます。国家試験勉強を丸暗記のその場しのぎの知識として捉えるのではなく、社会福祉士になった時、自分はどのような支援をしたいのか? そのためにはどのような知識や技術が必要なのか? そんなことを想像しながら勉強してほしいと思います。

 皆さんは、自分の支援者像、社会福祉士像、思い浮かびますか? 自分自身の脳で想像できないことは、実現しません。逆に、自身の脳で想像がつくことは、大抵のことは実現するものです。ぜひ、国家試験勉強=丸暗記という公式でなく、まずは社会福祉士になったらどのような支援者になりたいのかを想像してみてください。そうすると、その支援のために必要な知識や技術が何なのかがわかってきます。それを具体的に学ぶのが国家試験勉強だと思います。

 「すぐ使える知識は、すぐに使えなくなる」ものです。自分の心や脳に刻まれる知識がこれからの社会福祉士ライフで本当に必要な知識となるのです。

■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。こちらもチェックしてみてください。
  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。