メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

特別編II 第32回社会福祉士国家試験 午後<専門科目>問題の講評

 先週と今週の2回に分けて、第32回社会福祉士国家試験の講評を行っています。今回は、午後<専門科目>問題についてです(解答速報の閲覧登録はこちらから)。
 国家試験から約10日がたちます。その後、何か新しい取り組みを始めましたか? そのための準備を始めていますか? 時間はどんどん前に進んでいきます。3月13日(金)の合格発表後から準備を始めていては遅いと思います。今から、次年度の準備、次年度の体制作りをしておくとよいと思いますよ。

 さて、午後<専門科目>の試験科目は以下の8科目で、試験時間は13時45分~15時30分までの105分(1時間45分)でした。

  • ■ 社会調査の基礎(7問)
  • ■ 相談援助の基盤と専門職(7問)
  • ■ 相談援助の理論と方法(21問)
  • ■ 福祉サービスの組織と経営(7問)
  • ■ 高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)
  • ■ 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)
  • ■ 就労支援サービス(4問)
  • ■ 更生保護制度(4問)

 第32回試験の午後<専門科目>は、昨年度に比べてやや難しい問題が所々で出題されていましたが、基本的な項目をしっかり押さえておけば、きちんと得点できた問題が多かったと思います。ただし、各科目で、1から2問は、やや難しい内容や聴き慣れない内容が出題されています。

 事例問題については、全体的に易しい問題が多く、内容としては、相談援助系の事例問題では、社会福祉士(ソーシャルワーカー)の対応事例が出題されました。その他の事例問題は、知識と実践を問う応答問題が出題されました。

 それでは、午後<専門科目>について、科目ごとに講評していきたいと思います。

基礎的な知識から詳細な知識まで、幅広く問われました

社会調査の基礎(7問)

 本科目は、昨年度と同様の難易度で、基礎的な知識や内容を問う問題も多く、全滅(0点)という方は少なかったのではでしょうか。例えば、問題86「標本抽出法」や、問題87「測定尺度」、問題88「質問紙作成の留意点」(中央法規・実力アップ講座では、じっくりやりましたね)については、出題が予想できましたので、得点できた方も多いのではないでしょうか。この他、やや難解だった問題としては、問題89「量的調査の集計と分析」、問題90「調査の情報の整理と分析」ぐらいだったと思います。出題されなかった項目としては、「調査倫理や個人情報」や「全数・標本調査」「横断・縦断調査」などの調査の基礎でした。ただし、これらの内容は、ソーシャルワーカーに必要な知識となりますので復習しておきましょう。

相談援助の基盤と専門職(7問)

 本科目は、「相談援助の理論と方法」とセットの科目といえます。本科目は、社会福祉士やソーシャルワーカーの倫理、価値に重きが置かれ、社会福祉士にとって重要な原理・原則についても取り扱われています。これに、ソーシャルワークの歴史的変遷といった内容も含まれます。出題が予想されていた問題91「社会福祉士及び介護福祉士法」、問題92「ソーシャルワークのグローバル定義」、問題94「アドボカシー」については、得点できた方も多かったのではないでしょうか。これに加えて、例年通り、「ソーシャルワーク実践理論を展開させた人物」について問われました。事例問題については、倫理的ジレンマに関する具体的なソーシャルワークの価値を選ぶ内容でした。テキストレベルの知識ですし、ソーシャルワークの価値をきちんと整理していれば、事例文をヒントに解答にたどり着けた方も多かったと思います。以上、難易度としては、例年通りだったと言えます。

相談援助の理論と方法(21問)

 本科目の問題数は全21問と、全科目のなかで一番配分が大きい科目です。本科目でしっかりと得点できていることが合格の必須条件だと思います。今回は、全21問中5問(1/4)が事例問題でした。事例問題の内容は、昨年度の試験と同様の傾向で、難易度も変わりありませんでした。
 理論・アプローチ、モデルに関する問題や相談援助の過程に関する問題も例年同様に多く出題されましたが、やや踏み込んだ内容が問われています。と言うより、基本的な知識をベースに、応用、即ち、それを実践で使えるのか?といった、具体的な内容を問う問題が多く出題されていました。よって、丸暗記では、対応がやや困難な問題もありました。例えば、問題100は、「家族システム」をベースとした実践事例、問題106は、ソーシャルワーカーの介入するシステムレベルを問う問題、問題108は、アプローチや面接技法の基礎をベースとして具体的な質問を問う問題、問題112は、ソーシャルワーク機能である「コーディネーション/コーディネート」の具体的内容を問う問題、問題114は「グループワークにおけるワーカーが活用する援助媒体」を問う問題が出題されていました。どれも、基礎的な知識をきちんと理解した上で、その応用が確かめられる問題となっていました。この他、毎年出題されている「スーパービジョン」、「記録」については、例年通りの内容・難易度でした。

福祉サービスの組織と経営(7問)

 本科目の出題基準は、(1)福祉サービスにかかる組織や団体、(2)福祉サービスの組織と経営にかかる基礎理論、(3)福祉サービス提供組織の経営と実際、(4)福祉サービスの管理運営の方法と実際となっています。
 第32回試験を見てみると、これら4項目が万遍なく出題されていました。難易度としては、昨年度の試験と同様のものでした。内容を見てみると、「社会福祉法人」や「特定非営利活動法人」に関する基礎的な内容をはじめ、「集団力学」からは、「集団の凝集性」や「集団浅慮」などが問われていました。また、問題123では、「福祉サービスの供給組織の社会的責任」について、用語の説明、理解を促す問題が出題されていました。やや時事的な内容としては、問題124で、「介護サービスの人材確保」について問われていましたので、問題をベースに復習しておきましょう。出題されなかった項目としては、リーダーシップに関する理論ですが、こちらは、ソーシャルワーカーにとって必須の知識・技術となりますので、復習しておきましょう。ソーシャルワーカーは、適切な組織経営や運営の知識技術は必須となります。そういった意味では、法人の知識や法人の会計財務や運営・経営、人材管理などについても整理しておきましょう。

高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)

 本科目は、全10問中1問が事例問題でした。その内容は、在宅生活を支える介護支援専門員(社会福祉士)が行う支援に関する対応事例(問題131)でした。こちらは、ややコンビニエンスな知識を問うような内容でしたので、高齢者領域等で実践をされている方には有利な内容でした。ケアプランに関する対応事例は重要なので、今後、実践現場でも多くなる「障害者サービスを長く利用してきた障害者が、高齢となり、高齢者サービスを利用する」といったサービスの一貫性の担保、つまり「共生型サービス」の実施にまつわる内容などが出題されるかもしれませんね。「共生型サービス」とは何か、については、各自で復習しておきましょう。
 この他、高齢化の動向と将来推計に関する内容や高齢者等に関する近年の政策動向、高齢者保健福祉制度の変遷からはじまり、介護技術(片麻痺・杖歩行者に対する介護方法、介護保険制度、高齢者虐待について広く問われていました。介護保険制度では、「国の役割」や、「介護予防・生活支援サービス事業」について問われていました。この他、出題されていませんが、「老人福祉法」「地域包括支援センター」などは、高齢者福祉を実践する上で重要な知識となりますので、整理しておきましょう。また、今年度出題はされませんでしたが、高齢者福祉に関する国際比較については、「高齢社会白書」が出典となります。本科目における「高齢社会白書」の出題頻度は高いので、今後もチェックが必要です。このほか、介護保険制度については、都道府県・市町村の役割、国民健康保険団体連合会の役割についても整理しておきましょう。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)

 本科目は、非常に基本的な項目が、出題基準から万遍なく出題されました。また、事例問題は、全7問中1問で、学校での虐待発見に対する「学校の初動」に関する問題が出題されていました。
 この他、「児童虐待」に関する内容をはじめ、「里親」「母子健康包括支援センター(子育て次世代包括支援センター)」「要保護児童対策地域協議会」「児童相談所」について問われました。いずれも重要項目で、出題も予想されていたものなので、内容でわからないものがあった方は必ず復習しておきましょう。出題されなかった項目としては、現代の児童を取り巻く環境を整理する際にあげられる「子どもの貧困」「児童福祉法の改正点」「児童福祉施設」などに関する問題です。この辺りは、社会福祉士にとって重要な項目ですので、各自復習をしておきましょう。

就労支援サービス(4問)

 本科目は、基本から応用を問う問題形式でした。やや難しく感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここ数年、労働や働きに関する基本的知識や統計、障害者、生活保護受給者、高齢者等の各就労支援サービスに関する知識が幅広く問われています。今年度の第32回試験でも、これらの内容が満遍なく問われていました。
 内容としては、問題143で、「日本の労働法制」関する内容が問われていました。こちらは基礎的な内容ですので、間違えた方、不十分だった方は復習しておきましょう。ちなみに、昨年度は、日本の労働に関する統計を根拠とする労働市場について問われています。このほか、問題144は、障害者の就労に関する「障害者雇用促進制度」、問題145は、生活保護受給者の就労に関する「福祉事務所の就労支援員の業務について問われています。これに加えて、出題頻度の高い「障害者就業・生活支援センターの支援担当職員の対応事例」が出題されていました。このほか、出題がなかったものとして、「求職者支援法」については整理しておきましょう。この知識は、科目「社会保障」に関連するものですが、本法は、雇用保険を受給できない者に対して、(1)無料の職業訓練を実施して、(2)給付金を支給するとともに、(3)ハローワークが就労支援を行う制度で、スキルアップをはかり、早期の就職を目指す目的があります。

更生保護制度(4問)

 本科目で出題された項目は、「保護観察制度」「更生保護の担い手(保護観察官と保護司)」など、例年通りの内容と言えます。よって、難易度は例年通りです。どれも、基礎を問う内容ですので、過去の問題をベースに学習を進めてきた方は得点できたのではないでしょうか。出題頻度が高く、本年出題されなかった項目は、「医療観察制度」です。医療観察制度における社会復帰調整官の役割を理解しておく必要があります。また、「生活環境の調査」「生活環境の調整」「精神保健観察」といった一連の流れを中心に、社会復帰調整官の役割を整理しておきましょう。本項目は、重要なので少し解説しておくと、本制度は、「心神喪失または心神耗弱等の状態で、殺人や放火などの重大な〈他害行為〉をおこなった者で、〈不起訴や無罪〉になった者に対して、その適切な処遇を決定するための手続きなどを定めることによって、〈継続的かつ適切な医療〉ならびに〈その確保〉のために必要な〈観察及び指導〉を行うことにより、その病状の改善及びこれに伴い同様の行為の再発の防止を図り、その〈社会復帰〉を促進すること目的」としています。この他、少年法などについても、復習しておくとよいでしょう。

まとめ

 以上、第32回社会福祉士国家試験の午後<専門科目>問題の講評でした。

 試験は、その日の体調や心の動き、さまざまな環境要因や状況などによって、合否に影響を受けます。しかし、結果は結果ですので、それを真摯に受け止めてほしいと思います。また、まだ結果、結論は3月の合格発表までわかりませんので、「果報」は寝て待ちましょう。

 ただ、寝てばかりいても、頭も身体も鈍るでしょうから(笑)、試験の見直しと、できなかったところの整理をしておくとよいでしょう。これは、合格圏内にいる方も、不合格が予想される方も一緒です。いや、合格圏内にいる方はなおさらです。なぜならば、合格した方は、これから専門家として重荷を背負って、責任を持ち、自立をしていかなければいけないからです。

 私は専門家として、非常に大切に思うことがあります。それは、「無知で関わることほど罪なことはない」ということです。

感謝

 最後になりますが、本講座を1年間ご愛読いただきました皆さんをはじめ、私の教える大学や専門学校の学生の皆さん、スクーリングや講座などでご一緒した皆さん、全国セミナー(実力アップ講座)でご一緒した皆さん、そしてセミナーのパートナーである荒木先生、メールマガジンで1年間ご一緒だった皆さん、社会福祉の実践家や研究者の仲間たち、中央法規出版の皆さん、そして家族や親戚などに、いろいろなかたちで支えられてきました。本当に1年間ありがとうございました。

 本講座は、13年を終え、次年度は14年目を迎えます。この間、いろいろな変化もありました。開設当初は、現場の医療ソーシャルワーカーとして臨床・実践に携わるかたわら、大学や専門学校の非常勤講師をしていました。現在は、大学の教員となり、臨床や現場と常につながりを持っています。白髪も増え、ナイス・ミドル・・・ 「ナイス」かどうかわかりませんが、「中年」になりました。

 ここ数年、そして今年も、教育に研究、臨床活動など、休みなく続けてきました。身体的にも、精神的にも大変なこともありました。 ただ、このような経験は、自分の時間を削ってでも確保したい、とても貴重な経験です。このような場を設けていただきました中央法規出版並びに本出版社の編集担当の皆さん、各地で開催される受験対策講座のサポートをしてくださる営業担当の皆さんには重ね重ね感謝いたします。このように、さまざまな支えがあったおかげで最終回を迎えることができました。感謝です。

 本講座も、年を重ねるごとにどんどんブラッシュアップされ、データの蓄積もされ、問題の分析もより精密になり、パワーアップしています。

 そして、また4月から、さらにリニューアルをして、新たな「社会福祉士になりたい~露木先生の受験対策講座」として戻ってきたいと思いますのでご期待ください。今回の試験で合格した方も、不合格になってしまった方も、社会福祉の発展のために集う場として、このサイトに帰ってきてくださいね。お待ちいたしております。

 最後に、1年間、「社会福祉士になりたい~露木先生の受験対策講座」をご愛読いただきました皆さんの健康と今後の活躍を祈願いたしまして、結びとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

 合格祈願 合掌
 令和2年2月吉日
 社会福祉士 露木 信介