メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第8回 「地域福祉の理論と方法」のポイント

 さて、今回は、「地域福祉の理論と方法」の具体的な内容、ポイントについて解説していきたいと思います。今回も、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが示す出題基準に即した内容で、整理していきます。

本科目のねらい

 本科目の出題基準によると、大項目として、(1)地域福祉の基本的考え方、(2)地域福祉の主体と対象、(3)地域福祉に係る組織、団体、及び専門職や地域住民、(4)地域福祉の推進方法の4つがあげられています。

第31回試験をみてみると…

 本科目の問題は、幅広い分野から出題されていましたが、基礎的な問題が出題されていましたので、過去の問題や模擬問題などから派生させた学習をしていれば得点につながったかと思います。また、ここ数年の傾向として、本科目では事例問題が2~3問程度出題されていました。そのため、今後も事例問題が出題される可能性が高いと思われますので、一問一答の暗記だけではなく、覚えた内容を実例に照らし合わせて理解したり、実例をもとに用語や制度を整理しておくようにしましょう。事例問題では、問題38で「地域包括支援センターの社会福祉士による今後の支援や近隣の関わり」、問題34で「社会福祉協議会に配置された生活支援相談員による被災者支援のための取組み」について問われています。このように、地域包括支援センターや社会福祉協議会のソーシャルワーカーの実践事例については、毎年出題されているので、過去問をベースに整理しておきましょう。第30回試験では、「社会福祉協議会に配属される地域福祉コーディネーターの対応」や、「住民による支え合いの地域づくりを目指した対策」に関する実践事例に関する問題が出題されています。

 このほか、本科目の重要項目としては、問題32の「地域福祉の政策」に関する諸制度の内容を問う問題や、問題33では「地域福祉に関する理念や概念」として、地域福祉を理解するために必要となる基本的な用語について問われています。このほか、社会福祉法に規定される「都道府県社会福祉協議会」や「市町村社会福祉協議会」の活動や、問題36の「地域福祉の対象」、問題37の「地域福祉の担い手や組織」、問題39の「地域における連携」については、毎年出題される内容なので、過去問ベースで整理しておきましょう。最後に、地域包括ケアシステムに関しては、必ず一読しておいてください。問題41でズバリ問われています。

 以下、出題基準を中心に、整理、確認していきます。出題基準は4つの項目に分けられています。