メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第37回 クローズアップ~相談援助の理論と方法

 今回は、「相談援助の理論と方法」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「相談援助の理論と方法」のポイントの振り返り

 本科目の問題数は全21問と、得点の配分が一番大きい科目です。本科目でしっかりと得点できていることが合格の必須条件となります。また、「相談援助の基盤と専門職」と関連付けて学習することも重要です。事例問題は、いずれも短文の事例問題でした。今後も事例形式での出題が予想されますので、事例問題についての対策が重要です。

 具体的に内容をみてみますと、理論やアプローチ、モデルに関する問題、ソーシャルワーク・プロセスに関する問題が、例年、多く出題されています。理論やアプローチ、モデルに関する問題では、「人と環境の交互作用」を中心とするシステム理論やエコロジカル理論が重要ですので、きちんと整理しておきましょう。また、ソーシャルワーク・プロセスについては必ず整理が必要です。このほか、エコマップの活用や面接技術、スーパービジョン、コンサルテーション、記録、グループワークなどについても整理しておきましょう。

 本科目は出題数も多く、出題範囲も広域でかなりのボリュームですが、確実に過去問解説集模擬問題集などで学習しておけば、得点できるものが多いです。また、不明確な用語については、今のうちに社会福祉用語辞典などを活用して整理しておいてください。

理論やアプローチ、モデルの整理

人と環境の交互作用

 本科目では、「人と環境の交互作用」について理解することが重要です。特に、システム理論が中心となります。キーワードとしては、一般システム理論、サイバネティックス、自己組織性などがあげられます。

 以前も本講義でお話をしましたが、ソーシャルワークの歴史は、この「人(個人)」と「環境(社会環境)」をどのように捉えるかの歴史ともいえます。リッチモンド以来、ソーシャルワーク研究において、「人(個人)」をどのように理解し規定するのか、また、「環境(社会環境)」をどのように理解し規定していくのか、さらに、「人(個人)」と「環境(社会環境)」をどのように捉え結びつけていくのかなどの議論が繰り返されてきました。時には、「環境面」や「社会面」などの貧困問題を忘れたソーシャルワークと皮肉をいわれることもありました。その後、1950年代後半以降、問題の所在を「人(個人)」や「環境(社会環境)」のみに焦点をあてるのではなく、「人(個人)」と「環境(社会環境)」を一つのシステムで理解すればよいという新しい考え方が急速に広がっていきました。つまり、「人(個人)」と「環境(社会環境)」のように二元化して捉えるのではなく、「人(個人)」と「環境(社会環境)」を一つのシステムに内包することで一元化して捉えるようになりました。

 その後も、ソーシャルワークの統合化や生態学の影響を受け、現代の「人(個人)」と「環境(社会環境)」の交互作用面に介入するソーシャルワーク援助が一般化されていきました。

 本項目については、絶対にマスターしておいてください。とても重要で、今後も出題されやすい項目です。この内容がわからない人は、現代のソーシャルワークを理解することが困難となります。この「人(個人)」と「環境(社会環境)」の交互作用について理解し、そこを支援ターゲットとすることが、ソーシャルワークの専門性・独自性でもあるのです。

図1 人と環境の交互作用

治療モデル 重要人物:フロイト

 治療モデルは医療モデルとも呼ばれ、フロイトの精神医学や精神分析の影響を受け、根拠(エビデンス)を重視し、実証主義に裏づけられたモデルです。その後、クライエントが限定された特定の人だけでなく、生活環境が異なるなどの援助対象の拡大に伴い対処できない場面が多くなり、人と環境との関係性やクライエントの生活実態に合わせた「生活モデル」へと変化していきました。
 治療モデルの特徴としては、問題を人・個人の内に存在するものと考え、問題の解決はその問題自体の根治が必要であると考える点にあります。

心理社会的アプローチ 重要人物:ホリス

 心理社会的アプローチは、クライエントの心理的側面だけでなく、クライエントを取り巻く社会的側面をも視野に入れて援助を行う方法で、「状況のなかの人」という視点をもとにクライエントの社会的側面への働きかけも含めた援助の在り方を強調したホリスによって確立されました。また、診断主義ケースワークの理論的体系化をしたハミルトンは、心理社会的アプローチを提唱し、ケースワーク過程の中心をワーカー・クライエント関係を意識的に、また統制しつつ利用することにあるとし、クライエントに変化と成長を遂げる能力があることの自覚を促すことを強調しました。

機能的アプローチ 重要人物:ロビンソン、タフト

 機能的アプローチは、ロビンソンによって提唱されました。クライエントの成長や変化をもたらす「成長の過程」を重視したクライエント中心の立場をとり、機関の機能を重視しました。

生活モデル 重要人物:ジャーメイン

 生活モデルは、ジャーメインらによって提唱された人と環境との関係やクライエントの生活実態に合わせたモデルです。特徴としては、(1)クライエントの問題に焦点をあてる、(2)短期間の処遇、(3)対処の方法に重点が置かれる、(4)多様な介入の方法をクライエントに合わせて応用し活用する、(5)人と環境の交互作用に着目するなどがあげられます。

ストレングスモデル 重要人物:サレエベイ(サリービー)

 ストレングスモデルの「ストレングス」は、長所や力点と直訳することができ、これはつまり、本人のもつ能力や独自性といえます。長所や力点に焦点を当て、その人の「できること」を評価するもので、クライエントの弱点や問題点のみを指摘し、その不足や欠点を補ったり、矯正したりする従来の否定的なクライエント観からの脱却を図ります。また、このモデルは、エンパワメントアプローチにおいても重視されています。

問題解決アプローチ 重要人物:パールマン

 パールマンによって提唱された問題解決アプローチは、人の生活は問題解決過程であるという視点に立ち、自我心理学を導入し、動機づけ-能力-機会という枠組を中心に構成しています(ワーカビリティ)。このアプローチの特徴は、クライエントを社会的に機能する主体的な存在として捉える点と、ケースワークを施設・機関の機能を担った援助者と、問題を担っているクライエントの役割関係を通じて展開される問題解決の過程として捉える点にあります。

課題中心アプローチ 重要人物:リード、エプスタイン

 課題中心アプローチは、問題解決アプローチの影響を受け、それを基礎として発展しました。このアプローチは、リードとエプスタインによって開発・提唱されたもので、標的とする問題を確定し、その問題を解決していくために取り組むべき課題を設定し、期間を限定して進めていく方法です。

危機介入アプローチ 重要人物:ラパポート

 危機介入アプローチは、アグレア、メズイック、セルビイなどの各研究者によって理論化され、精神保健分野や公衆衛生、地域保健などで発達した危機理論をケースワーク理論に導入したものです。危機に直面して情緒的に混乱しているクライエントに対して、適切な時期に積極的に危機に介入していく援助方法です。特徴としては、短期処遇です。

行動変容アプローチ 重要人物:トーマス

 行動変容アプローチは、行動修正モデルや行動変容モデルとも呼ばれていますが、学習理論をケースワーク理論に応用したもので、条件反射の消去あるいは強化によって特定の症状の解決を図るものです。このアプローチは、クライエントの問題に焦点を置き、変化するべき行動を観察することによって、問題行動を修正しようとする考え方を基礎としています。

エンパワメントアプローチ 重要人物:ソロモン

 エンパワメントアプローチとは、人とその人の環境との間の関係の質に焦点をあて、環境を改善する力を高め、自分たちの生活のあり方をコントロールし、自己決定できるように支援し、それを可能にする公正な社会の実現を目指す過程をいいます。特に、クライエントのもっている力に着目し、その力を最大限に引き出して積極的にその力を利用し、援助することをいいます。

ソーシャルワーク・プロセス

 ソーシャルワークのプロセスについては、その流れや各段階の内容を含めた整理が必要です。また、出題の頻度も非常に高くなっています。ソーシャルワークの支援は、行き当たりや援助者個人の感覚や体験によってのみ行われるわけではなく、科学的に行われているため、一定の方法や基準、過程があります。その過程の大枠は、図2のとおりです。

図2 ソーシャルワークのプロセス

 ここでは、各段階について細かく取り扱いませんが、一つひとつの項目に関してはよく理解しておきましょう。同時に、ソーシャルワークは、このような過程を経て終結へと進んでいくことを理解しておいてください。そして、各項目は、前後の項目と相互に関連し合っていることも理解しておいてください。

 また、プランニングについては、支援方針・内容の説明・同意、介護予防サービス計画、居宅サービス計画、施設サービス計画、サービス利用計画などについて整理しておきましょう。

 本項目では、各過程における基礎から留意点を事例問題で出題される可能性が大きいので、基礎と事例を介した応用学習をしておいてください。

ソーシャルグループワーク

 最後に、ソーシャルワーカーが行うグループワークについても整理しておきましょう。まず、ソーシャルグループワークの目的を整理しておくと、グループワークでは、グループメンバー個々の問題解決を、グループの「力」を活用して行う計画的な、諸活動と言えます。少し難しい言葉で整理すると、個人に影響する社会的環境である集団を意図的に形成し、そこに生じるグループダイナミクスを活用することで、メンバー個人の課題や問題を解決していく過程と言えます。

 したがって、ソーシャルグループワークでは、ソーシャルワーカーは、グループメンバーやグループに意図的に関わり、プログラム計画に沿って支援していきます。ですから、グループワークが始まる前に、各メンバーと事前に顔合わせをしたり、電話やアンケートなどを活用し、予備的な接触をして(予備的接触)、グループメンバー個々の問題や、グループへの期待・不安などをリサーチしておきます(メンバーの情報収集段階)。この段階を「開始期」といいます。このほか、「開始期」では、グループの計画立案や波長合わせなどを行います。「波長合わせ」とは、シュワルツの概念で、ワーカーがメンバーの生活状況や感情、ニーズなどを理解することをいいます。

 次に、いよいよグループが開始されます。「開始期」です。「開始期」は、最初の集まりから、グループとして動き出すまでの「契約」「約束」の段階と言えます。そして、グループメンバー間の相互作用が促進される「作業期」へと移行します。「作業期」は、グループメンバー個々が課題に取り組み、目標達成のために明確な成果が出るように進めていく媒介の段階といえます。この相互作用の形成や促進を「グループダイナミクス」といいます。また、この段階(作業期)は、サブグループが形成されたり、孤立化するメンバーが出たりするので、ソーシャルワーカーは、その存在に気がつき、介入していく役割をもっています。同時に、メンバー一人ひとり(個別化の原則)の感情を十分に受容し、互いに分かち合えるようにするだけでなく、グループ計画を評価させるよう働きかけていきます。

 最後は、「終結期」です。文字通り、グループの援助を終わりにする段階ですが、次の段階に移っていく「移行期」でもあります。

図3 グループワークのプロセス

 以上、「相談援助の理論と方法」の解説でした。

 次回は、「クローズアップ~福祉サービスの組織と経営」です。

時節柄…

 忘年会や新年会のお誘いがある時期かと思います。連携や協働を重視する現代の保健医療福祉分野で働く私たちには、どうしても「飲みニケーション」がありますよね(苦笑)。しかし、全部断れとは言いませんが今年は受験生。これからの人生を大きく左右する大事な大事な試験が控えていますので、上手にコントロールしてほしいと思います。

 こういう時、事情を知っていながら誘う友達は、本当のお友達でしょうか? なんて厳しいことは言いませんが(笑)わかり合える友達は必ず「試験後にゆっくり飲もう」と言ってくれるはずです。ラストスパート。最後の最後まで、一緒に頑張りましょう。

■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。また、9月からは「後期講座」もはじまっています。更新頻度は、月6回です。こちらもチェックしてみてください。
  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。