メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

露木先生の受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

第36回 クローズアップ~相談援助の基盤と専門職

 今回は、「相談援助の基盤と専門職」で特に理解しておくべきポイントについて解説します。

「相談援助の基盤と専門職」のポイントの振り返り

 本科目は、「相談援助の理論と方法」とセットの科目といえます。本科目は、相談援助の知識や技術といった理論的な内容よりも、相談援助の基礎となる概念や理念をはじめ、相談援助に携わる社会福祉士(精神保健福祉士)の役割や意義、さらには相談援助の専門職としての倫理や価値、倫理的ジレンマが中心となっています。

 なかでも重要な内容として、国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)によるソーシャルワークの定義(特に、2014年のグローバル定義)は必ず確認しておいてください。なぜなら、本科目は、この定義を詳細に解説した科目とも言えるからです。加えて、社会福祉士の倫理綱領や行動規範(公益社団法人日本社会福祉士会)、社会福祉士及び介護福祉士法の2007(平成19)年改正における社会福祉士の役割への期待などについても確認しておきましょう。

 過去の問題を見てみると「社会福祉士の義務」「社会福祉士の役割」「IFSWのソーシャルワーク定義」など社会福祉士の役割や機能、価値や倫理に関する問題が多く出題されています。このほか、「相談援助の理論と方法」にも関連する「慈善組織協会」「セツルメント運動」「ミルフォード会議報告書」「アメリカにおけるソーシャルワークの専門職化の歴史」など、ソーシャルワークの形成過程に関する問題も出題されています。さらに、「ソーシャルワークの統合化」「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」「チームアプローチ」などについても整理が必要です。

 よって、本科目は、次の「相談援助の理論と方法」と関連づけて学習すると理解が促進されます。

 また、本科目では、ソーシャルワークの誕生から、1800年代後半の貧困問題や産業革命とソーシャルワーク、その後、「診断」や「病理」をキーワードにして「個人」に支援ターゲットが傾倒した時代、そして統合化というソーシャルワークの変遷についてよく理解しておいてください。今回は、このソーシャルワーク、特にケースワークの歴史について整理しておきます。

 あと、事例問題は、毎年2問程度出題されていますので、過去問ベースでいいので整理しておきましょう。

 さて、ソーシャルワーク誕生からその変遷を整理していく前に、国際ソーシャルワーカー連盟のソーシャルワークの定義を確認しておきましょう。今回はふれませんが、社会福祉士の倫理綱領についても、必ず一読しておいてください。

ソーシャルワークの定義
ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人びとのエンパワメントと解放を促していく。ソーシャルワークは、人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。(2000年、国際ソーシャルワーカー連盟)

 そして、このソーシャルワークの定義は、2014年、IFSW総会で「定義」の改定がされましたが、前述した2000年定義については、社会福祉士の倫理綱領でも示されており、本定義は、社会福祉士にとっても非常に重要なものです。

 本定義では、我々ソーシャルワークの目標は「人々の福利の増進」とし、その解決に「社会変革」「エンパワメント」をあげています。さらに、介入ターゲットは「人」と「環境」の「接点(交互作用面)」であることも重要です。これらの方策、手だてをもって「人々の福利(ウェルビーング)の増進」に寄与しますが、「人権」と「社会正義」の原理に則り遂行することが謳われています。

ソーシャルワーク・グローバルの定義
ソーシャルワークは、社会変革と社会開発、社会的結束および人々のエンパワメントと解放を促進する、実践に基づいた専門職であり学問である。社会正義、人権、集団的責任、および多様性尊重の諸原理は、ソーシャルワークの中核をなす。ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学および地域・民族固有の知を基盤として、ソーシャルワークは、生活課題に取り組みウェルビーングを高めるよう、人々やさまざまな構造に働きかける。この定義は、各国および世界の各地域で展開してもよい。
(2014年、国際ソーシャルワーカー連盟)

 グローバル定義(2014)について少し整理しておくと、我々ソーシャルワーカーの大目標は、ウェルビーイングの増進、高めることについては、旧定義(2001年)と同じですね。その手立てとして、社会変革と社会開発、社会的結束および人々のエンパワメントと解放を挙げています。ソーシャルワークのメゾ、マクロレベルへの介入技術が強調されていますね。さらに、ソーシャルワークの専門的知識としては、ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学および地域・民族固有の知が挙げられ、根拠に基づく科学の「知」と共に、クライエント自身の今までやってきたやり方といった「知」やその土地や地域に根づき、伝承される「知」をも含むものとされています。

 最後に、一つ強調しておくこととして、このグローバル定義は、世界規模(グローバル)の視点と共に、各国(ナショナル)、各地域(リージョナル)の視点を重視し、この定義を展開していくこととしています、リージョナル(各地域)とは、世界を「アジア太平洋」「北アメリカ」「南アメリカ」「ヨーロッパ」「アフリカ」の5地区に分けています。つまり、この地区での問題解決も、ソーシャルワーカーの使命と言えます。

ケースワークの発達過程

ケースワークの萌芽期/基礎確立期(1800年代後半~1920年)

 1800年代後半において、ブース(ロンドン調査、『ロンドン民衆の生活と労働』)やラウントリー(ヨーク調査、『貧困-都市生活の研究』)などの「産業革命」に伴う貧困や格差社会に関する社会調査により、「貧困」とは「個人」の問題ではなく「社会」の問題であると報告されました。これらの調査以前は、「貧困」とは「怠け」や「怠惰」といった個人的な理由によって生じるものと捉えられていました。事実、貧困者に対する処遇は「劣等処遇の原則」や「施設内処遇」といったように、貧困は、あくまでも「個人的問題」と理解されていました。しかし、これらの調査で、例えば、ブースの「ロンドン調査」では、ロンドン市民の約30%が貧困層であることなどが示され、貧困は単に個人的問題ではなく、社会構造・社会体制の問題であることを根拠づけられました。そして、貧困が社会的な問題であると認識されると同時に、社会的な運動(ムーブメント)が起こります。そのムーブメントが、事前組織化運動であり、セツルメント運動と言えます。その後、これらの運動が、現在のソーシャルワークの前身となる「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティワーク」へと継承されていきます。

 ケースワークは、1800年代後半にロンドンで誕生し、後にアメリカで確立された慈善組織化運動に始まります。このなかで、COS(Charity Organization Society:慈善組織(化)協会)の友愛訪問員による貧困者(家庭)に対する訪問指導などの救済活動が行われました。また、同時期にロンドンで発達したセツルメント運動も重要ですので、確認しておいてください。このセツルメント運動は、現代のグループワークやコミュニティワークへと発展したといわれています。そして、1800年代末になると、アメリカでも慈善組織化運動が始まり、リッチモンドによって科学的にケースワークが理論化・体系化されました。リッチモンドは、1922年に著した『ソーシャル・ケース・ワークとは何か』のなかで、ケースワークとは「人間と社会環境との間を個別に、意識的に調整することを通してパーソナリティを発達させる諸過程から成り立っている」と定義しました。つまり、利用者と社会環境との間を調整し、利用者自身の人格や対処能力を高めていくことがケースワークであるとしました。

ケースワークの発展期(1930年~1950年)

 1920年代から1950年代にかけては、二つの学派が主流となりました。一つは、フロイトの影響を受けた診断派(診断主義学派)。もう一つは、ランクの影響を受けた機能派(機能主義学派)です。
 1920年代のアメリカは、第一次世界大戦による精神的ストレスなどの後遺症の問題が深刻になっていました。そのため、ソーシャルワーカーもその問題に対応しなければなりませんでした。特に、フロイトの精神分析の影響を強く受けたケースワークは、個人のパーソナリティや精神の内面の治療を目指した活動が中心となりました。

 また、前述のフロイトの精神分析の流れをくむ診断派は、利用者のもつ問題やその原因が、社会環境よりも個人の精神の内面にあると捉え、「治療的意味」をもたせました。また、ランクの流れをくむ機能派は、人間のパーソナリティにおける自我の創造的総合力を認め、利用者を中心に、援助者が所属する機関の機能を最大限に発揮、活用し、利用者の自我の自己展開を助けることを課題としました。

ケースワークの統合期(1950年代~1960年代)

 ケースワークの統合期においては、診断派と機能派が折衷します。このとき、重要な役割を提唱した人がパールマンです。パールマンは、「問題解決アプローチ」という新たなケースワークの定義を行いました。

 パールマンは、問題解決アプローチを、援助を行う機関や施設に属する援助者と、ニーズを抱えている利用者との間に生じる役割関係を通して行われる問題解決の過程であるとしました。そして、ケースワークの基本的要素として、援助を必要とする人(Person)、利用者と環境との間に存在し、調整を必要とする問題(Problem)、援助者が所属し、援助が具体的に展開される施設や機関(Place)、援助者と利用者の信頼関係をもととして展開される援助過程(Process)をあげました。これが有名な「パールマンの4つのP」です。なお、その後の1986年の論文で、「専門職ワーカー(Profession)」と「制度・政策(Provision)」の2つのPが加えられています。

 パールマンは、ケースワークを利用者自らが問題を解決するために援助を活用する過程であり、利用者に主体性があるかどうかが援助の成立・不成立に大きく関係していると考えました。また、利用者のもつケースワークを活用する動機づけと能力のことをワーカビリティと呼びました。このワーカビリティとは、クライエントの問題解決での「動機づけ(Motivation)」、その問題解決のためのクライエントの「能力(Capacity)」、その能力を発揮して問題解決に取り組む「機会(Opportunity)」の3つからなり、それぞれの要素を高めたり、提供することを通してワーカビリティを向上させることがソーシャルワークの重要な役割であると示しています。

 また、利用者と援助者との信頼関係を重視するこの問題解決アプローチにおいて、同時期にバイステックが発表した『ケースワークの原則』(1957年)のなかで紹介された「バイステックの7原則」が参考とされました。

ソーシャルワークの批判期(1960年代~1970年代)

 1960年代に入り、アメリカでは貧困や失業問題だけでなく(貧困の再発見)、人種問題や犯罪、非行などが増大するなかで公民権運動が起こり、雇用の差別禁止などを定めた公民権法が成立しました。人権などを主張する動きも生まれるなか、貧困は社会環境によるものが大きいということが改めて認識され、貧困問題を忘れてしまった援助だけでなく、ケースワークそのものに批判が向けられました。パールマンは、この状況を「ケースワークは死んだ」と自己批判しています。

 つまり、これまでのケースワークが、精神分析などの精神医学や心理学の影響を受けながら、個人のパーソナリティの増進や発展に着目した「個人」の側面のみに傾倒した理論・実践となっていたことへの批判や、省察により、ソーシャルワーカーの「ソーシャル(社会的)」な側面をもう一度取り戻そうとする動きが生まれてきました。

 このことから、ソーシャルワークの原点であるリッチモンドの「人と環境との関係性」に立ち返ることの重要性が言われるようになりました。これらが、マイルズの「リッチモンドに帰れ」です。

 このようにソーシャルワーク学界内の省察や、学界外の社会情勢などの影響を受けて、「人」と「環境」を一体的に捉えることの重要性が再認識されました。同時に、システム理論を応用し、「人」と「環境」がバラバラにならないように、「人と環境」を常に一つのシステムで捉え、その間に交流する「相互作用」「交互作用」への介入や視座の重要性が言われるようになったのです。

 さらに、1955年(NASW:全米ソーシャルワーカー協会)の発足と共に、それまでバラバラに体系化・理論化されてきた「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティワーク」が束ねられます。これをソーシャルワークの統合化といいます。統合化には、いつくかの段階があり、(1)単に「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティワーク」の三技法を束ねる形で、相談に応じこれらの技術を選択した「コンビネーション・アプローチ」からはじまり、(2)「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティワーク」の「専門性」と「共通性」を議論し、三技法から「共通となる基盤」を見出した「マルチメゾット・アプローチ」、(3)「共通となる基盤(=共通基盤)」をソーシャルワークとし、「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティワーク」のスペシフィック部分を説明する「ジェネラリスト・アプローチ」へと継承されながら、統合化されていきます。

ソーシャルワークの統合期(1980年代~)

 1980年代に入ると、ケースワークの原点に立ち戻って利用者のニーズや権利擁護が尊重されるようになり、援助者の代弁者としての役割が重視されるようになりました。アドボカシーやアウトリーチという言葉に代表されるソーシャルワーカーの役割・機能です。アドボカシーとアウトリーチについては、必ず確認しておいてください。

 また、個人のみに焦点をあてるのではなく、その個人が所属する家族や地域などをシステムとして捉えるシステム理論や生態学をもとに、エコロジカル視座(エコロジカル・パースペクティブ)として個人と環境との接触面に介入を行うなどの新たな視座・理論が登場しました。

 このような状況から、ソーシャルワークにおける援助観が変化し、人間が直面するさまざまな生活問題や課題の解決には、個人と社会との両方への働きがけが重要であるという認識が深まるようになりました。つまり、ソーシャルワークにおける援助観が、問題を引き起こす原因を突き止めて治療する「医学モデル」から、ジャーメインらによって提唱された、個人と環境、そして両者の相互関係のあり方を捉えることで、人間の生活や問題の状況を全体的に理解することを中心に援助する「生活モデル(ライフモデル)」へと変化したのです。

 この2つのモデルを詳しくみてみますと、医学モデルでは、問題や人の捉え方を個人の問題点や弱点に着目し、専門家が人格的改善を目標に治療や処遇を行うのに対して、生活モデルでは、個人の生活環境や社会活動を全体的に把握し、個人の主体性や選択性を尊重するなかで、力を最大限に伸ばす支援を中心に行っています。

 もう2つほど重要な理論やアプローチ・モデルについて整理しておきましょう。それは、システム理論とエコロジカル・アプローチです。

 先ほども、1980年代以降のソーシャルワークでは、個人のみに焦点をあてる支援から、個人の所属する家族や地域というシステムや、個人と環境との接触面に介入を行うといったエコロジカルな視点が重視されてきたと説明をしました。

 ではまず、システム理論についてみていきます。システムとは、構成を意味する言葉ですが、諸要素のまとまりという意味で、全体は諸要素によって形成されるものと考えることができます。システム理論とは、この個々の要素は全体と無関係なものではなく、相互に作用しており、全体を構成しているという考えに基づく理論といえます。例えば、家族成員に何らかの問題がある場合、その個人だけに問題があるとしてその人個人のみに焦点をあてて援助するのではなく、家族全体をシステムとして捉え、そのシステムに焦点をあてて援助を行っていきます。

 次に、エコロジカル・アプローチについてみていきます。このアプローチには、人間と環境(社会環境や自然環境など)の相互関係を重視し、利用者を環境と切り離した個人としてではなく、家族や地域社会の一員として捉えることにより、生活上の諸問題を、環境との関係上によって生まれたものとして把握しようとすることに特徴があります。そのため、援助や介入の焦点は、人と環境との接触面に向けられることになります。

 前述のように、このような理論やアプローチ・モデルが導入されることにより、古くは専門分化していた「ケースワーク」「グループワーク」「コミュニティオーガニゼーション」の知識技術、価値倫理は「ジェネラリストアプローチ」により統合化されます。この統合化の流れは、1955年(NASW結成)以降からの動きとなりますので、整理しておいてください。

 その後、1990年代以降、「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」へと進展していきます。

 以上が1800年代後半から現代までのソーシャルワークの大きな流れです。大枠だけを整理したものなので、詳細についてはテキストワークブックなどを活用して整理しておいてください。
 このほかにも、心理社会的アプローチやエンパワメントアプローチ(ストレングス・パースペクティブ)など、重要なものがあります。これらについても、必ず整理しておいてください。

まとめ

 今回は、ソーシャルワーク、特にケースワークの発達過程について整理しました。なかには初めて聞いた用語もあったのではないでしょうか。より具体的に理解するためにも、わからない用語や言葉が出てきたときは、社会福祉用語辞典を利用して、内容や意味を正確に理解しておいてください。
 初期のソーシャルワークは、「個人」のみに問題の原因があり、それを取り除くために「個人」のみに焦点を当てて援助を行ってきましたが、1980年代以降は「個人」のみでなく、その個人を取り巻く団体や組織、環境や社会などとの関連や交互作用による、いわゆる「摩擦」によって問題が生じているのだと考えられるようになりました。これにより、援助や介入のターゲットがそのシステム全体に当てられることになり、「個人」「環境」「交互作用・相互作用」に焦点化して援助を行う構造が誕生しました。

 このほか、ソーシャルワークの価値と倫理やソーシャルワーカーの専門性、倫理的ジレンマなどについてもしっかりと押さえ、学習を深めて、確実に得点に結びつけられるようにしておいてください。

 以上、「相談援助の基盤と専門職」の解説でした。次回は、「クローズアップ~相談援助の理論と方法」です。

 いよいよ、ラストスパートの時期となります。模擬試験などを受けている方もいらっしゃるかと思いますが、「何点だったのか」というのが重要なのではなく、「何を間違え」「何ができなくて」「何が不明確なのか」がわかり、それをきちんと学習することが重要です。参加された皆さんは、お疲れ様でした。1日の模擬試験、その後の解答解説と、疲れたかもしれませんが、きっと皆さんの力になっていると思います。

 現時点で、例え合格点の100点を取っていても、怠れば、不合格になってしまうかもしれません。その逆に、現時点で70点であっても、残りの30点分をキチンと整理し、学習すれば、合格できます。残り2か月は、そういう時間です。

 本格的に寒くなってきましたので、風邪などひかないようにしてくださいね。

■お知らせ■
 本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。また、9月からは「後期講座」もはじまっています。更新頻度は、月6回です。こちらもチェックしてみてください。
  • ※メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。