メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

5分で学ぶ露木先生の合格ゼミ
ー社会福祉士受験対策講座

露木 信介(つゆき しんすけ)

 新年度のスタートに合わせて、露木先生の受験対策講座もリニューアルいたします。これから学習を始める方、苦手な科目を学びたい方、モチベーションを維持したい方にとって、スマホで手軽に、科目別のポイント解説をチェックすることができます。
 社会福祉士国家試験を受験される方は、ぜひ、「露木ゼミ」をご活用ください!

プロフィール露木 信介(つゆき しんすけ)

社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士)、社会福祉学修士。
 現在、東京学芸大学教育学部ソーシャルワークコースで教員をするとともに、他大学や他専門学校での非常勤講師、現場におけるスーパービジョンや職員研修などを行っている。大学教員になる前は、病院でチーフ・ソーシャルワーカーとして管理業務や相談業務を行っていた。
 受験関係では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の養成講座の講師、受験テキストや模擬試験問題の作成、受験対策講座の講師などを行っている。

特別編(2)
第36回社会福祉士国家試験 午後<専門科目>問題の講評

 先週と今週の2回に分けて、第36回社会福祉士国家試験の講評を行っています。今回は、午後<専門科目>問題についてです(解答速報)。

 国家試験から約1週間がたちます。その後、何か新しい取り組みを始めましたか? そのための準備を始めていますか? 時間はどんどん前に進んでいきます。合格発表後から準備を始めていては遅いと思います。今から、次年度の準備、次年度の体制作りをしておくといいと思いますよ。

今日のレッスン

Lessen.1 午後〈専門科目〉問題の総括

 さて、午後<専門科目>の試験科目は以下の8科目で、試験時間は13時45分~15時30分までの105分(1時間45分)でした。

■ 社会調査の基礎(7問)
■ 相談援助の基盤と専門職(7問)
■ 相談援助の理論と方法(21問)
■ 福祉サービスの組織と経営(7問)
■ 高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)
■ 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)
■ 就労支援サービス(4問)
■ 更生保護制度(4問)

 第36回試験の午後<専門科目>問題は、例年通りの難易度だったと思います。よって、基本的な項目をしっかり押さえておけば、きちんと得点できた問題が多かったと思います。ただし、各科目で1問から2問は、やや難しい内容や聴き慣れない用語を含んだ内容が出題されていました。

 また、事例問題については、全体的に易しい問題が多く、内容としては相談援助系の事例問題では、社会福祉士(ソーシャルワーカー)の対応事例が出題されました。その他の事例問題は、知識と実践を問う応答問題が出題されました。

 それでは、各科目について、講評していきたいと思います。


Lessen.2 科目別分析と講評

 社会調査の基礎は、昨年度に同様の難易度で、更に基礎的な知識や内容を問う問題が多く、全滅(0点)という方は少なかったのではないでしょうか。
 例えば、社会調査の基礎としては、問題84の統計法における基幹統計調査や問題85の社会調査における倫理などが問われました。次に、具体的な調査については、量的調査では、問題86で標本調査(事例問題)や問題87で他形式による調査、問題88で尺度について問われました。内容的には非常に基礎的な内容です。
 また、質的調査では、面接法について問われました(問題89)。なお、質的調査のデータ収集方法としては、大別すると①面接法(インタビュー)と、②観察法(参与・非参与観察など)の二つに分けることができます。問題90では、社会調査における記録の方法とデータ収集法について問われています。なお、量的調査の難解な解析方法の出題はありませんでした。が、量的データ分析や解析の知識や技術はソーシャルワーカーにとって必須となります。例えば、クロス集計やt検定、因子分析くらいは理解しておいてください。

 相談援助の基盤と専門職は、「相談援助の理論と方法」とセットの科目といえます。本科目は、社会福祉士やソーシャルワーカーの倫理、価値に重きが置かれ、社会福祉士にとって重要な原理・原則についても取り扱われます。これに、ソーシャルワークの歴史的変遷や相談事業や援助といった内容も含まれます。
 具体的には、問題91「社会福祉士(法)」、問題93「ソーシャルワーク専門職の定義(グローバル定義)」などからはじまり、問題95はソーシャルワークの形成(発展させた人物)や問題96は倫理的ジレンマに関する事例問題や問題97でシュワルツの媒介機能を意図した支援に関する事例問題が出題されています。
 残念だったのは、令和2年に改定された社会福祉士倫理綱領が全く触れられていなということです。本当に残念です。もう一回言います。本当に残念です。これから実践する皆さんは、新たな社会福祉士倫理綱領について、必ず一読しておいてください。

 相談援助の理論と方法の問題数は全21問と、全科目のなかで一番配分が大きい科目です。本科目でしっかりと得点できていることが合格の必須条件だと思います。今回は、全21問中7問が事例問題でした。事例問題は昨年度(8問)と比べて減少していますが、内容的には、昨年度の試験と同様の傾向で、難易度も変わりませんでした。
 理論・アプローチ、モデルに関する問題や相談援助の過程に関する問題も例年同様に多く出題されました。出題形式は、応用問題というよりは一問一答的な問題の作りでした。この他、毎年出題されているスーパービジョン記録については、例年通りの内容・難易度でした。
 グループワークについては、グループワークの実際を問う問題が出題されていました。具体的には、グループワーク展開過程の各時期(準備期・開始期・作業期・集結期)におけるソーシャルワーカーの対応について問われていました。現代のソーシャルワーカーにとって、グループやグループワークの実践はそれに伴う知識、技術は非常に重要ですので、各自で必ず整理しておきましょう。

 福祉サービスの組織と運営の出題基準は、(1)福祉サービスにかかる組織や団体、(2)福祉サービスの組織と経営にかかる基礎理論、(3)福祉サービス提供組織の経営と実際、(4)福祉サービスの管理運営の方法と実際となっています。第36回試験を見てみると、これら4項目が万遍なく出題されていました。難易度としては、昨年度の試験と同様のものでした。
 内容を見てみると、社会福祉法人(問題119)からはじまり、経営の基礎理論(問題120)や集団とチーム(問題121)、福祉サービス提供組織の運営(問題123)などについて出題されています。この他、人材の確保や育成について、人材育成の手法に関する事例問題(問題124)や育児・介護休業法(問題125)について問われています。こちらは、重要項目ですので、一読しておきましょう。
 以上、本科目が取り扱う、組織の経営や運営は、福祉サービスに置き換えた場合、ヒューマンサービスですので、利用者のみならず援助者が尊重されていなければなりませんね。

 高齢者に対する支援と介護保険制度は、全10問中3問が事例問題でした。その内容は、地域包括支援センターの社会福祉士による社会資源に関する対応事例(問題128)や病院のMSWの対応事例(問題132)、地域包括支援センターの社会福祉士の訪問・相談対応に関する事例問題(問題134)について問われています。
 さて、出題された内容を見てみると、例年出題される項目としては、高齢社会白書から日本を取り巻く社会情勢(問題126)や問題127は日本の高齢者保健福祉制度の展開過程からはじまり、介護保険制度については、福祉用具貸与種目や厚生労働大臣の役割について問われています。
 この他、毎年出題されている介護技術に関する問題が2問出題されています。また、高齢者虐待防止法がキチンと出題されていて、内容的にも非常に重要な内容を含む問題でした。

 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度は、非常に基本的な項目が、出題基準から万遍なく出題されました。また、事例問題は、全7問中2問で、利用可能なサービスの紹介に関する事例(問題138)や児童養護施設の対応事例(問題142)が出題されました。また、子ども・家庭福祉の生活実態に関する統計問題(問題136)をはじめ、児童福祉法の総則規定(問題137)、児童扶養手当(問題139)、特別養子縁組(問題141)などが出題されています。
 出題されなかった項目としては、「要保護児童対策地域協議会」「児童福祉審議会」「地域子育て支援拠点事業」「子どもの貧困」「里親」「スクールソーシャルワーカー」などに関する問題です。この辺りは、社会福祉士にとって重要な項目ですので、各自で復習をしておきましょう。

 就労支援サービスは、基本を問う問題形式でした。ここ数年は、労働や働きに関する基本的知識や統計、障害者、生活保護受給者、高齢者、若者等の各就労支援サービスに関する知識が幅広く問われています。
 今回(第36回試験)でも、これらの内容が満遍なく問われていました。内容としては、就労定着支援(問題143)や障害者雇用促進法(問題144)、ハローワーク(問題145)などについて問われています。ちなみに、今年度出題されなかった内容としては、出題頻度の高い「障害者就業・生活支援センター」です、このほか、障害者の雇用・就労に関する統計問題や、障害者や若年層の雇用に関する内容についてはチェックしておきましょう。

 更生保護で出題された項目は、例年出題されている項目同様に仮釈放(問題147)、保護司(問題148)、社会復帰調整官(医療観察制度)(問題149)でした。
 問題150では、執行猶予制度について問われていますが、来年度の新カリを意識した問題のように思います。更生保護制度とは、「施設内処遇」に対して「社会内処遇」を意味しますのでこの辺りが理解されていることが大前提となります。具体的には、①仮釈放、②保護観察、③更生緊急保護、④恩赦、⑤犯罪予防活動を取り扱います。

 以上、第36回社会福祉士国家試験の午後<専門科目>問題の講評でした。
 試験は、その日の体調や心の動き、さまざまな環境要因や状況などによって、合否に影響を受けます。しかし、結果は結果ですので、それを真摯に受け止めてほしいと思います。まだ結果、結論は3月の合格発表までわかりませんので、「果報」は寝て待ちましょう。
 ただ、寝てばかりいても、頭も身体も鈍るでしょうから、試験の見直しと、できなかったところの整理をしておくとよいでしょう。これは合格圏内にいる方も、不合格が予想される方も一緒です。いや、合格圏内にいる方はなおさらです。なぜならば、合格した方は、これから専門家として重荷を背負って、責任を持ち、自立をしていかなければならないからです。
 私は専門家として、非常に大切に思うことがあります。それは、「無知で関わることほど罪なことはない」ということです。

感謝

 最後になりますが、本講座を1年間ご愛読いただきました皆さんをはじめ、私の教える大学や専門学校の学生の皆さん、スクーリングや講座などでご一緒した皆さん、メールマガジンで1年間ご一緒だった皆さん、社会福祉の実践者や研究者の仲間たち、中央法規出版の皆さん、そして家族や親戚などに、いろいろなかたちで支えられてきました。本当に1年間ありがとうございました。

 本講座は17年を終え、次年度は18年目を迎えます。この間、いろいろな変化もありました。開設当初は、現場の医療ソーシャルワーカーとして臨床・実践に携わる中、大学や専門学校の非常勤講師、実践研究をしていました。現在は、大学の教員となり、臨床や現場と常につながりを持っています。すっかり白髪も増え、オンライン授業や会議で老眼も一気に進行し、ナイス・ミドル…「ナイス」かどうかわかりませんが、「中年」になりました。
 ここ数年、そして今年も、教育に研究、臨床活動など、休みなく続けてきました。身体的にも、精神的にも大変なこともありました。 ただ、このような経験は、自分の時間を削ってでも確保したいとても貴重な経験です。このような場を設けていただきました中央法規出版並びに本出版社の編集担当の皆さん、各地で開催される受験対策講座のサポートをしてくださる営業担当の皆さんには重ね重ね感謝いたします。このように、さまざまな支えがあったおかげで最終回を迎えることができました。感謝です。

 本講座も、年を重ねるごとにどんどんブラッシュアップされ、データの蓄積もされ、問題の分析もより精密になり、パワーアップしています。
 さらにリニューアルをして、新たな「5分で学ぶ露木先生の合格ゼミ〜社会福祉士受験対策講座」として戻ってきたいと思いますのでご期待ください。今回の試験で合格した方も、不合格になってしまった方も、社会福祉の発展のために集う場として、このサイトに帰ってきてくださいね。お待ちいたしております。
 最後に、1年間、「5分で学ぶ露木先生の合格ゼミ〜社会福祉士受験対策講座」をご愛読いただきました皆さんの健康と今後の活躍を祈願いたしまして、結びとさせていただきます。
本当にありがとうございました。
世界の平和と、皆様の合格を願って。

令和6年2月吉日
社会福祉士 露木 信介

■お知らせ■
本講座とは直接関係性はありませんが、私のメールマガジン【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】があります。こちらの講座では、勉強方法やマル秘話、独学や勉強時間がない方を対象に開講しています。また、4月からは第36回社会福祉士国家試験に向けた講座がスタートしました。気になる方は、チェックしてみてください。

  • ※上記メルマガ【社会福祉士をめざす「露木先生の合格受験対策講座」】は、中央法規出版及び本講座「けあサポ」との関係はありません。そのため、本メルマガの問い合わせに関しては、中央法規出版では対応しておりません。

社会福祉士国家試験受験対策WEB講座、好評配信中!

社会福祉士国家試験 受験対策WEB講座
社会福祉士国家試験 受験対策WEB講座

もっと問題を解きたい人は受験対策アプリ!

社会福祉士合格アプリ2024 過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

社会福祉士合格アプリ2024 過去問+模擬問+一問一答+穴埋め

来年の受験対策アプリはこれ!【過去問】発売中!

【模擬問】【一問一答】【穴埋め】6~7月リリース予定!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「社会福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme