メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

特集③ 夏の勉強法 社会 精神 介護

第7回 「精神保健福祉の理論と相談援助の展開②」

沈黙

 クライエントとの会話中、クライエントが沈黙して、何も話さなくなってしまう場合があります。このようなときは、焦って何かを引き出そうとするのではなく、クライエントの沈黙の感情を理解して、心理的に支える思いをもって、気持ちを整理できるように支援します。

 クライエントが沈黙する理由には、クライエントの気持ちの混乱や、援助されることに対する拒否感、逆に、援助者への依存、あるいはその裏返しである否定的感情がある場合があります。また、会話を続けたい思いはありながら、考えが整理されていないために考えをまとめたり、語るべき言葉を探したりしている場合や、聞かれていること自体がわからないため、答えることができずに沈黙している場合等もあります。

 援助者に対する抵抗や拒否による沈黙の場合は、その気持ちをくみ取った共感的な語りかけを行います。考えをまとめている場合は、受容的な態度で時間を置いて待つとよいでしょう。質問がわからずに沈黙している場合は、質問をわかりやすく言い換えるなど、それぞれの沈黙の理由に応じて適切に対応します。

自己開示

 自己開示とは、クライエントとの関係を深めるために、援助者が自分に関する情報をクライエントに開示することです。援助者自身の個人的な感じ方や経験をクライエントと分かち合うことで、クライエントと援助者が対等の立場であることを感じさせ、対話を人間性のある親しみのもてるものにします。

解釈

 解釈とは、クライエントの現在の感情や態度、行動、状況等を新しい視点から見直し、改めて構成し、再定義することです。曖昧に感じていたことやはっきりとわからなかったことを新しい視点で知るきっかけになります。

 援助者がクライエントの話の内容を新たな視点で解釈して返すことで、クライエントの見方とは異なる視点が提供され、クライエントが自分の現実を新たな視点で受け止めることができるようになります。解釈は批判的、審判的に行うのではなく、受容的、共感的に行われなければなりません。

リフレーミング

 リフレーミングは、解釈の1つの技法です。クライエントの否定的な感情を肯定的な新しい意味づけをしてクライエントに返すことです。クライエントは、様々な困難な体験により、物事に対して否定的な感情をもちやすくなっていることがあります。

 そのような否定的な物事の捉え方を肯定的に捉え直してクライエントに返すことで、クライエントが物事に新たな肯定的な意味を見いだすことができるようになります。

焦点化

 焦点化は、クライエントが話す内容を整理し、重要な部分に焦点を絞り、クライエントと一緒に確認して現実の課題を明確にすることです。援助者は、相手の話す内容を理解して要約し、重要な部分に焦点を絞ってクライエントに質問して確認します。クライエントの選択を重視して、気づきの過程の展開を促しながら問題を明確にしていきます。

対決

 対決は、クライエントが言っていることとしていることとの不一致や、クライエントが考えていることや願っていることと現実的な状況との不一致を見つけて、クライエントに返して、クライエントに自分自身が言っていることと行っていることとの矛盾や、現実と希望との矛盾に気づかせることを目的とする会話技法です。

 対決という言葉を使っていますが、クライエントの気づきを促すことが目的ですから、あくまでも支持的な態度で行わなければなりません。対決は、クライエントが自分自身に直面することを促す技法なので、「直面化」と同じ意味で使用されることもあります。

直面化

 直面化は、クライエントが無意識に抱えている葛藤に焦点を当てて、その矛盾に気づかせることです。この技法は、クライエントとの信頼関係が形成されていることを前提として使用されます。

沈黙 クライエントの沈黙の感情を理解して支持しながら待つことが重要
自己開示 援助者の個人的な感じ方や経験をクライエントと分かち合うこと
解釈 現実を新しい視点から再構成、再定義すること
リフレーミング 否定的な感情を肯定的な新しい意味づけをして返すこと
焦点化 クライエントの話の重要な部分に焦点を絞り、課題を明確にすること
対決 クライエントの不一致をフィードバックすること
直面化 クライエントの葛藤に焦点を当て矛盾に気づかせること

 いかがでしたか。この科目は精神保健福祉士として、すべての分野の知識を総動員して実践に活かす力があるかが問われます。特に事例問題では問題の意図をしっかり読み取り、適切な解答を導き出す訓練をしていきましょう。

 次回は、「精神保健福祉に関する制度とサービス」を取り上げます。では第24回精神保健福祉士国家試験から今回の課題を挙げておきますので、チャレンジしてみてください。

第24回精神保健福祉士国家試験「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」

問題41 U精神科デイケアを利用するDさんは、デイケア担当のE精神保健福祉士に相談した。「先日、隣家の玄関前に空き缶が落ちていました。その横を通り過ぎたところ、いきなり隣人から、『空き缶を捨てたのはお前か』と怒鳴られました。その時は、『違います、私じゃないです』と答えましたが、精神障害者だからそう思われたのですかね。誤解なのに」と唇を噛かみしめながら訴えた。E精神保健福祉士は、「Dさんが捨てた物ではないのに、誤解されて、悔しかったですね」と話したところ、Dさんは小さくうなずいた。
次のうち、この場面でE精神保健福祉士が用いた面接技法として、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 励まし
  • 2 要約
  • 3 言い換え
  • 4 繰り返し
  • 5 感情の反映

スマホやタブレットを使って問題を解きたい人は受験対策アプリ!

精神保健福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問

精神保健福祉士合格アプリ2023 過去問+模擬問

来年の受験対策アプリはこれ!

【過去問】発売中!

【模擬問】【一問一答】は7月リリース予定!

  • 詳細はこちらから
  • ダウンロードはこちらから
    App Store
    Google Play
特集② 社会 精神 介護 ケアマネ

受験対策コンテンツによりアクセスしやすい! けあサポアプリ版

けあサポアプリ版

けあサポ ― 介護・福祉の応援アプリ ―

受験対策コンテンツを資格ごとに見やすく配置し、「今日の一問一答」や「今週の穴埋め問題」「受験対策講座」にスムーズにアクセス!受験対策書籍の新刊やセミナー情報も配信。
  • ダウンロードはこちらから
    アプリ販売ストアへ
  • ※ 上記リンクから閲覧端末のOSを自動的に判別し、App StoreもしくはGoogle playへと移動し、ダウンロードが可能です。

中央法規メルマガ会員 募集中!

メルマガ

「精神保健福祉士」業務に役立つ新刊情報やオンラインイベント情報等を、いち早くお届けします! この機会にぜひお申し込みください。

followme