メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。


第32回 「福祉行財政と福祉計画」

計画相互間の関係

 次に、各計画の相互の関係についての規定についてみていきましょう。

 「一体として作成すべきもの」は、介護保険事業計画老人福祉計画だけです。これは、計画の対象が重複すること、老人福祉法に基づく老人福祉サービスは介護保険法に基づく介護保険サービスを優先するという優先規定があるためだといえるでしょう。

 「一体として作成することができるもの」は、障害者総合支援法に基づく障害福祉計画と児童福祉法に基づく障害児福祉計画です。

 「整合性の確保が図られたものでなければならない」のは、医療と介護に関する計画です。市町村介護保険事業計画は、医療・介護総合確保法を根拠とする「市町村計画」と、都道府県介護保険事業支援計画は、同法を根拠とする「都道府県計画」と医療法を根拠とする「医療計画」と整合性の確保が図られたものでなければならないとされています。

一体として作成すべきもの 「老人福祉計画」と「介護保険事業計画」
一体として作成できるもの 「障害福祉計画」と「障害児福祉計画」
整合性の確保 「都道府県計画」と「医療計画」と「都道府県介護保険事業支援計画」
「市町村計画」と「市町村介護保険事業計画」

計画期間

 策定の計画期間については、法律に規定があるものと、指針に規定があるものがあります。3年を一期のもの、5年を一期のもの、6年を一期のもの、策定期間の定めのないものがあります。以下の表にまとめておきます。

計画期間

地域福祉計画 社会福祉法上に計画期間の規定はない
「指針」に、「概ね5年とし3年で見直す」とされている
障害者計画 計画期間の規定はない
障害福祉計画 障害者総合支援法上に計画期間の規定はない
「指針」に、「3年を一期」とされている
障害児福祉計画 児童福祉法上に計画期間の規定はない
「指針」に、「3年を一期」とされている
(次世代育成支援対策推進)行動計画 都道府県行動計画・市町村行動計画については、「5年を一期」とされている
一般事業主行動計画は、法律上に計画期間の定めはない
「指針」に、「概ね2年から5年が望ましい」とされている
子ども・子育て支援事業計画 子ども・子育て支援法上に「5年を一期」とされている
老人福祉計画 老人福祉法上に規定はない
介護保険事業計画と一体的に作成することとされているため結果的に3年を一期となっている
介護保険事業計画 介護保険法上に、「3年を一期」とされている
医療計画 医療法上に「6年を一期」とされている
医療費適正化計画 高齢者の医療の確保に関する法律上に「6年を一期」とされている

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!精神保健福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/set/219?fcid=12

※専門科目のみ