メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。


第32回 「福祉行財政と福祉計画」

都道府県計画と市町村計画

 介護保険事業(支援)計画、障害福祉計画、障害児福祉計画に共通していえるのは、都道府県は市町村を支援する立場にあるので、定める事項も、広域的な見地から行うべきもの、都道府県が実施主体のもの、従事者の確保と資質の向上、入所系サービスに関わる事項等であり、市町村は実施主体としての具体的なサービス内容に関する事項となっています。

定める義務と定める努力義務

 また、「定めるべき事項」として義務とされているのは、「サービス等の提供体制の確保に係る目標」「必要量の見込み」「実施に関する事項」であり、「定めるよう努める事項」として努力義務とされているのは、「見込み量の確保のための方策」「関係機関との連携に関する事項」等であると理解しておくと覚えやすいでしょう。

都道府県計画 市町村を支援するための計画
○広域的な見地から行うべきもの
○都道府県が実施主体のもの
○従事者の確保と資質の向上
○入所系サービスに関するもの
○環境整備、基盤整備、体制整備
市町村計画 実施主体としてサービス内容に関する計画
義務規定 サービス等の提供体制の確保に係る目標、サービス等の必要な量の見込み、サービス等の種類ごとの実施に関する事項等
努力義務規定 必要な見込み量の確保のための方策、関係機関との連携に関する事項等

策定義務と策定努力義務・任意

 福祉計画には、「策定義務」規定と「策定努力義務」規定と「任意」規定があります。この区別がなかなか覚えられないという方が多いので、表にしました。覚え方としては、努力義務規定と任意規定をインプットしてから、それ以外のものは義務であると覚えたほうが効率がよいでしょう。

「策定義務」規定

介護保険法 「都道府県介護保険支援事業計画」「市町村介護保険事業計画」
老人福祉法 「都道府県老人福祉計画」「市町村老人福祉計画」
障害者基本法 「都道府県障害者計画」「市町村障害者計画」
障害者総合支援法 「都道府県障害福祉計画」「市町村障害福祉計画」
児童福祉法 「都道府県障害児福祉計画」「市町村障害児福祉計画」
子ども・子育て支援法 「都道府県子ども・子育て支援事業支援計画」「市町村子ども・子育て支援事業計画」
次世代育成支援対策推進法 「一般事業主行動計画」(101人以上常時雇用事業主)
医療法 「都道府県医療計画」
高齢者の医療の確保に関する法律 「全国医療費適正化計画」「都道府県医療費適正化計画」
健康増進法 「都道府県健康増進計画」

「努力義務」規定

社会福祉法 「市町村地域福祉計画」「都道府県地域福祉支援計画」
次世代育成支援対策推進法 常時雇用100人以下の「一般事業主行動計画」
健康増進法 「市町村健康増進計画」

「任意」規定

医療・介護総合確保推進法 「都道府県計画」「市町村計画」
次世代育成支援対策推進法 「市町村行動計画」「都道府県行動計画」

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!精神保健福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/set/219?fcid=12

※専門科目のみ