メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第26回 「精神障害者の生活支援システム」

公共職業安定所

 公共職業安定所は「職業安定法」に基づく機関で、職業紹介、雇用保険事務、雇用対策業務を実施しています。障害者のためには、職業紹介や障害者の就労に係る支援等を行っています。

 就職を希望する障害者の求職登録、障害者職業相談員による障害者の態様や適性・希望職種等に応じたきめの細かい職業相談、職業紹介、職場適応指導等を実施しています。また事業主に対しては、障害者雇用に関する相談、助言、障害者雇用率未達成事業所などへの指導・勧告等も実施しています。


トライアル雇用助成金・障害者トライアルコース

 公共職業安定所では、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、就職が困難な障害者を一定期間雇用することによって、適性や業務遂行可能性を見極め、求職者と求人者の相互理解を促進すること等を通じて、障害者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的として、「トライアル雇用助成金・障害者トライアルコース」を実施しています。

 また公共職業安定所には、障害者雇用にかかわる職員として、「精神障害者雇用トータルサポーター」「障害者専門支援員」「障害者職業相談員」等が配置されています。

精神障害者雇用トータルサポーター

 公共職業安定所には、精神保健福祉士や臨床心理士などの資格を持った「精神障害者雇用トータルサポーター」が配置されています。精神障害者の精神症状に配慮したカウンセリングや就業準備プログラムの実施、職場の開拓、職場実習のコーディネート、専門機関への誘導、就職後のフォローアップなどを行っています。

障害者専門支援員

 障害者専門支援員は、障害者の理解、障害者の雇用管理上の必要な配慮、職業リハビリテーションに関する理解等の専門的知識を有する者で、職業指導官に協力して、基礎的な職業評価の実施、職業リハビリテーション・サービス実施機関との調整、求人開拓の調整、事業主へのアドバイス等を行います。


障害者職業相談員

 障害者職業相談員には、障害者職業相談担当と障害者求人相談担当がおり、障害者職業相談担当は、就職を希望する障害者や家族に対して、障害者の自宅への家庭訪問による、安定した職業生活を送るための相談・助言、障害者を雇用する事業所への訪問による職場適応状況の把握、福祉施設、特別支援学校、病院、障害者関係施設等への訪問による求職状況の把握等を行います。

 障害者求人開拓担当の職業相談員は、障害者雇用率未達成企業等への電話や訪問等により、求職情報や労働市場の情報を把握し、障害者に対する効果的な情報の提供、経済団体や個別企業に対する協力要請による求人開拓等を行います。


公共職業安定所

障害者就労支援業務 障害者に対する職業相談、職業紹介、職場適応指導、事業主に対する障害者雇用に関する相談、助言、障害者雇用率未達成事業所などへの指導・勧告等を実施
トライアル雇用助成金・障害者トライアルコース 就職困難障害者を一定期間雇用し、求職者と求人者の相互理解の促進により障害者の早期就職の実現・雇用機会の創出を図るための助成金制度
精神障害者雇用トータルサポーター 精神障害者の精神症状に配慮したカウンセリング、就業準備プログラムの実施、職場の開拓、職場実習のコーディネート等を実施
障害者専門支援員 精神障害者の精神症状に配慮したカウンセリング、就業準備プログラムの実施、職場の開拓、職場実習のコーディネート等を実施
障害者職業相談員 障害者や家族の相談・助言、職場適応状況の把握、労働市場の把握と情報提供、求人開拓等を実施

障害者雇用促進法

 障害者雇用促進法では、障害者の就労支援のための機関として、「障害者職業センター」「障害者就業・生活支援センター」等について規定しています。「障害者職業センター」は、「障害者職業総合センター」が全国1か所、「広域障害者職業センター」が全国に2か所、「地域障害者職業センター」が全国に52か所設置されています。

障害者職業総合センター

 全国に1か所設置されている「障害者職業総合センター」は、障害者に対する職業リハビリテーション関係施設の中核的機関として位置づけられています。高度で先駆的な職業リハビリテーション・サービスを提供し、職業リハビリテーションに関する研究と開発、技術情報の提供、専門職員の養成・研修を実施する機関です。

広域障害者職業センター

 「広域障害者職業センター」には、「中央広域障害者職業センター(国立職業リハビリテーションセンター)」「吉備高原広域障害者職業センター(国立吉備高原職業リハビリテーションセンター)」があります。両者とも「障害者職業能力開発校」が併設されており、職業評価、職業指導および職業訓練を、一貫した体系の中で実施しています。

 「中央広域障害者職業センター」と「中央障害者職業能力開発校」は、隣接する「国立障害者リハビリテーションセンター」と密接な連携を図りながら、障害者職業カウンセラーと職業訓練指導員を配置して、職業評価、職業指導および職業訓練を一貫した体系の中で実施しています。

 また、通所が可能な在職者を対象としたセミナー方式の訓練の他、休職中の障害者が職種転換を行うための短期課程の職業訓練を、企業ニーズに合わせたオーダーメイドで実施しています。

 「吉備高原広域障害者職業センター」と「吉備高原障害者職業能力開発校」は、同一敷地内に設置されている独立行政法人労働者健康安全機構所管の「吉備高原医療リハビリテーション」と密接な連携を図りながら、障害者職業カウンセラーと職業訓練指導員を配置して、求職中の障害者に対し職業評価、職業指導および職業訓練を一貫した体系の中で実施しています。

 また、在職中の障害者(含休職者)を対象としたレベルアップ、職種転換を行うための短期課程の職業訓練を企業ニーズに合わせて、オーダーメイドで実施しています。求職者、在職者ともに、寮の利用が可能です。


地域障害者職業センター

 「地域障害者職業センター」は、障害者の職業能力評価、職業指導、職業リハビリテーション計画の作成、関係機関への助言、作業体験、職業準備支援、就労準備講習、生活技能訓練、障害の判定、職場復帰支援(リワーク支援)計画の作成、職場適応援助者(ジョブコーチ)の派遣と養成・研修、事業主支援計画の作成と雇用管理の助言、精神障害者総合雇用支援等を行います。

 「職業評価」では、就職の希望などを把握した上で、職業能力等を評価し、それらを基に、就職して職場に適応するために必要な支援内容や方法等を含む個人の状況に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定します。

 「職業準備支援」では、ハローワークにおける職業紹介、ジョブコーチ支援等の就職に向かう次の段階に着実に移行させるため、センター内での作業体験、職業準備講習、社会生活技能訓練を通じて、基本的な労働習慣の体得、作業遂行力の向上、コミュニケーション能力・対人対応力の向上を支援します。

 「事業主に対する相談・援助」では、 障害者の雇用に関する事業主のニーズや雇用管理上の課題を分析し、事業主支援計画を作成し、雇用管理に関する専門的な助言、援助を実施します。

 このほか、職業リハビリテーションのネットワークの醸成、障害者就業・生活支援センターや障害者雇用支援センター等からの依頼に応じて、職業評価等をはじめとする技術的、専門的事項についての援助を行います。

 また、医療、保健、福祉、教育分野の関係機関に対し、職業リハビリテーション推進フォーラム等により、職業リハビリテーションに関する共通認識を醸成して、地域における就労支援のネットワークを形成する役割を果たします。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!精神保健福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/set/219?fcid=12

※専門科目のみ