メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第3回 精神疾患とその治療

 皆さまこんにちは。新型コロナの厳しい状況が続いています。ワクチン接種が始まりましたが、変異株の出現など新たな課題も生まれ、先がみえない状況に落ち着かない日々が続きます。学生の方も現場で働いておられる方も、不自由な日々をお過ごしのことと思います。1日も早い収束を心から願うばかりです。

 今回からは、具体的な科目ごとの対策に入っていきます。この講座では、専門科目、共通科目の順で受験対策を行っていきます。今回は「精神疾患とその治療」を取り上げます。出題基準と過去の出題実績を踏まえて出題傾向を分析し、対策を立てていきます。

出題範囲

 この科目の出題範囲は、大項目が「1 精神疾患総論」「2 精神疾患の治療」「3 精神科医療機関の治療構造及び専門病棟」「4 精神科治療における人権擁護」「5 精神科病院におけるチーム医療と精神保健福祉士の役割」「6 精神医療と福祉及び関連機関との間における連携の重要性」の6つに分かれています。

 第23回の精神保健福祉士国家試験をみると、「精神疾患総論」から5問、「精神疾患の治療」から2問、「精神科医療機関の治療構造及び専門病棟」から1問、「精神科治療における人権擁護」から2問という構成でした。
 この科目で最も出題数が多い分野は「精神疾患総論」で、過去の出題傾向もほとんど毎回、この分野から6~7問が出題されています。そのほかの分野は、各1~2問という出題構成が定着しているといえるでしょう。
 では、出題頻度の高い分野について学習しておくべき内容を確認していきたいと思います。

精神疾患総論

 この分野は、大項目の説明に「代表的な精神疾患について、成因、症状、診断法、治療法、経過、本人や家族への支援を含む」とされています。では、その主な内容について、中項目を中心に小項目の例示も参考にしながらみていきましょう。

 「精神現象の生物学的基礎」からは、「脳の構造」の分野が連続して出題されています。脳の仕組みと働きとして、大脳、小脳、脊髄、間脳、視床、視床下部、中枢神経、末梢神経、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、辺縁系、大脳基底核、錐体路等の機能をしっかり理解しておきましょう。
 第23回では、摂食、体温、情動等の調節の自律神経中枢の機能を持つ視床下部に関する出題がありました。

 「精神疾患の成因と分類」の分野からは、「国際分類法」として「ICD-10」の「F0」から「F9」の疾病分類が出題されています。すでにWHOから「ICD-11」が公表されていますが、適用までは約1年から2年を必要とするとされていますから、第24回の受験対策としては「ICD-10」で学習しておけばよいでしょう。

 今までの出題実績をみると、「神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害(F4)」「解離性(転換性)障害(F4)」に該当する疾患が出題されています。どの分野が出題されるかはその年によって異なりますが、「F0」から「F9」の疾病分類とそれぞれの疾病の特徴は、基本的な知識なのでよく学習しておいてください。

 「代表的な疾患」の分野からは、「パニック障害」「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」「気分障害」「統合失調症」「認知症」「身体表現性障害」等の出題実績があります。このほかアルコール関連障害、睡眠障害、パーソナリティ障害、行動障害、発達障害などの代表的な疾患についても学習しておきましょう。
 第23回では、境界性パーソナリティ障害の特徴、うつ病の症状等が出題されています。

 「精神症状と状態像」は頻出分野です。心気障害、アルコール依存症の離脱症状、解離性(転換性)障害、小児自閉症などが出題されています。患者の訴えと精神症状について、具体的な疾患とそれぞれの症状を整理しておきましょう。
 第23回では、注意欠如・多動症(ADHD)の「不注意の症状」に関しての出題がありました。

 「診断の手順と方法」からは、病院での初回面接の出題がありました。この分野については、「精神科医療機関の治療構造及び専門病棟」の分野の「外来診療」とも重なる分野ですので、並行して学習しておくとよいでしょう。

 「身体的検査と心理検査」については、認知症のスクリーニングテストであるミニメンタルステート検査、質問紙法による心理検査、脳波検査、頭部CT検査等が出題されています。身体的検査を必要とする疾患は限られていますから、てんかんの診断や、てんかんの発作、脳血管性の障害等を押さえておくとよいでしょう。心理検査としての精神症状の評価尺度や一般的な心理テストについては、共通科目の「心理学と心理的支援」と重なる内容ですから並行して学習しておきましょう。

精神疾患の治療

 「精神科薬物療法」の「薬理作用と副作用」の分野からは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の副作用、向精神薬や抗精神病薬の副作用などが出題されています。
 第23回では、ドネペジル塩酸塩が心疾患患者に与える影響についての出題がありました。

 定型抗精神病薬、非定型抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、抗不安薬、精神刺激薬、抗てんかん薬などの、薬理作用や効果と副作用、使用に際して注意すべきことについて整理しておきましょう。

 「電気けいれん療法などの身体療法」については、過去に修正型電気けいれん療法の出題がありました。適用対象疾患、適用症状と適用方法、適用時の留意事項、副作用などを理解しておきましょう。

 「精神療法」の分野からは作業療法、精神分析療法、精神力動的精神療法、認知療法などが出題されています。精神療法の種類とその基盤となる考え方、適用対象疾患を押さえておきましょう。認知行動療法、森田療法、自律訓練法、家族療法、支持的精神療法などについても確認しておくとよいでしょう。第23回では森田療法の技法が出題されています。

 「精神科リハビリテーション」の分野からは、社会生活技能訓練(SST)の具体的技法の出題実績があります。家族療法、心理教育などについても、精神保健福祉援助技術と併せて学習しておきましょう。

精神科医療機関の治療構造及び専門病棟

 「疾病構造と医療構造の変化」の分野からは、病院報告、患者調査が出題されています。患者調査については「精神保健の課題と支援」で出題されることもあります。出題傾向をみると、細かい数字というより全体の推移や動向に関する内容を問うものになっていますから、入院患者や通院患者について、疾患と傾向を押さえておくとよいでしょう。
 第23回では初めて、精神科診療所の役割と機能に関する出題がありました。

精神科治療における人権擁護

 「精神科治療と入院形態」の分野からは、精神保健福祉法における入院形態が出題されています。任意入院、医療保護入院、措置入院等の対象と要件について整理しましょう。
 第23回では、精神障害者の入院形態として、任意入院、医療保護入院、応急入院、措置入院、緊急措置入院、医療観察制度における鑑定入院が出題されました。

 「隔離、拘束のあり方」の分野からは、入院中の隔離処遇の基準と精神保健指定医の役割が出題されています。入院時処遇における精神保健指定医の役割等について理解を深めておきましょう。また、「隔離・拘束」のための条件、遵守事項等を確認しておくとよいでしょう。「移送制度による入院」についての出題はまだありませんが、移送のための条件、移送の対象、手順等についても確認しておくとよいでしょう。

精神医療と福祉及び関連機関との間における連携の重要性

 「退院促進の支援」では、包括型地域生活支援プログラム(ACT)の基本的内容を理解しておきましょう。「医療観察法」は出題率が高いので、医療観察制度の概要を整理して学習しておきましょう。

 以上、この科目の全体を概観してきましたが、ここからは、代表的な疾患とその症状について取り上げていきます。

統合失調症

統合失調症の陽性症状

 まず、統合失調症を取り上げます。統合失調症の症状には、大きく分けて陽性症状と陰性症状があります。
 陽性症状として、「幻覚」「妄想」「思考障害」「精神運動興奮」等があります。

 「幻覚」とは、実際にはないものが感覚として感じられることで、統合失調症では「幻聴」が代表的なものです。幻聴では人がいないのに人が話す声が聞こえたり、自分のことを批判している声が聞こえたり、複数の人が自分のことを噂している声が聞こえたりします。自分の考えていることが声となって聞こえてくることを「思考(考想)化声」といいます。

 「妄想」とは誤った確信のことで、「妄想着想」「妄想気分」「妄想知覚」「被害妄想」等があります。「妄想着想」とは、唐突に自分は神だと思いつくようなことです。「妄想気分」とは、世界が破滅する、あるいはただならぬ災害が起ころうとしているというような、不気味な気分になることです。「妄想知覚」とは、実際の知覚に異常な意味が付与されることで、犬が吠えたら火をつけろという合図だと思い込むようなことです。「被害妄想」とは、隣の家の人が電磁波攻撃を仕掛けてくると思い込むようなことです。

 統合失調症の「思考障害」は、思考や行動について、自分が行っているという感覚が損なわれてしまう「自我障害」が引き起こす症状です。「自我障害」とは自我意識の障害のことで、自分と他人の区別がつかなくなるために、自分の体と他人の体の区別が曖昧になったり、自分の意思に反して誰かに考えや体を操られていると感じたりする「作為体験」などがあります。

 自我障害による思考障害には、「思考伝播」「思考干渉」「思考促迫」「離人症」等があります。「思考伝播」とは自分の考えが世界中に知れわたっていると思い込むこと、「思考吹入」とは他人の考えを吹き込まれていると思うこと、「思考干渉」とは人が自分の考えに干渉してくると思うこと、「思考促迫」とは自分の考えではない考えが次々と生まれてくること、「離人症」とは世界を現実のものとして捉えることができず、自分が存在するという感覚が失われることです。

 思考の統合が困難になるため、考えにまとまりがなくなりばらばらになってしまう「思考滅裂」、会話の内容の筋道が立たなくなる「連合弛緩」、会話が無意味な言葉の羅列になる「言葉のサラダ」、思考が突然止まる「思考途絶」などがあります。

 このほかの陽性症状として、「精神運動興奮」や「激しい緊張状態」があります。「精神運動興奮」とは、意味不明の行動、不穏、落ち着きのなさ、暴力行為等を引き起こす症状です。「激しい緊張状態」とは、特定の姿勢をとったまま硬直してしまうという症状です。

統合失調の陰性症状

 陰性症状には、意欲・行動の障害として、自分から進んで何かを行うという気持ちが低下してしまう「自発性の低下」や「意欲欠如」、物事に適切な感情が湧かなくなる「感情鈍磨」、ある対象に対して相反する感情が同時に存在する「両価性」、自分の世界に閉じこもり外部の社会に対して心を閉ざしてしまう「自閉」等があります。このような陰性症状では、意思疎通が障害され、抑うつ状態がみられるようになります。

統合失調症

幻覚 実際にはないものが感覚として感じられること。「幻聴」が代表的。
妄想 誤った確信のこと。
「妄想着想」:唐突に自分は神だと思いつくようなこと
「妄想気分」:世界が破滅するなど不気味な気分になること
「妄想知覚」:実際の知覚に異常な意味が付与されること。犬が吠えたら火をつけろという合図だと思い込む等
「被害妄想」:相手が自分に害を与えようとしていると思い込むこと。隣の家の人が電磁波攻撃を仕掛けてくると思い込むようなこと
自我障害 自分と他人の区別がつかなくなること。「作為体験」が生じる。
「思考伝播」:自分の考えが世界中に知れわたっていると思い込むこと
「思考吹入」:他人の考えを吹き込まれていると思うこと
「思考干渉」:人が自分の考えに干渉してくると思うこと
「思考促迫」:自分の考えではない考えが次々と生まれてくること
「離人症」:自分が存在するという感覚が失われること
思考の統合
の障害
思考の統合が困難になる。「思考滅裂」「連合弛緩」「言葉のサラダ」「思考途絶」等。
精神・
身体症状
「精神運動興奮」:意味不明の行動、不穏、落ち着きのなさ、暴力行為等
「激しい緊張状態」:特定の姿勢をとったまま硬直すること。
陰性症状 「自発性の低下」「意欲欠如」「感情鈍磨」「両価性」「自閉」等。

気分障害

 次に、気分障害について取り上げます。気分障害は大きく、「うつ病」と「双極性感情障害」に分類されます。

うつ病

 「うつ病」は感情の障害として、気分が落ち込む「抑うつ気分」、すべての物事に興味や関心がなくなる「興味や喜びの喪失」、すべてのことに自分を責める「自責感」、自分は価値がないと思い込む「無価値感」等がみられます。

 「意欲・行動の障害」として、意欲が低下する「精神運動抑制」、意識が低下し動きがなくなる「うつ病性混迷」、自己評価が低下し自殺願望が強くなる「希死念慮」や「自殺企図」等の症状が生まれ、一般的に午前中に症状が重く午後軽快する「日内変動」がみられる傾向にあります。

 「思考障害」としては、考えが進まずに停滞してしまう「思考制止」、自分自身に関して極端に悲観的に捉える「微小妄想」があります。「微小妄想」には、「貧困妄想」「罪業妄想」「心気妄想」があります。

 「貧困妄想」は、たくさんお金を持っていてもお金がなくなり生きていけないと思いこむ妄想です。「罪業妄想」は、何も悪いことをしていないのに大変な罪を犯してしまったと思い込む妄想で、自分は過去に重大な罪を犯したので今その罰を受けている等の訴えがみられます。「心気妄想」は、どこも病気ではないのに重大な病気にかかってしまっていると思い込む妄想です。

うつ病の身体症状

 うつ病では身体の症状として、一般的な定型うつ病では、食欲低下、中途覚醒、早朝覚醒等の睡眠障害がみられます。ただし、近年注目されてきている非定型うつ病では、食欲亢進、過眠、高度の疲労感、批判に対する過敏性などがみられます。また、季節性うつ病は、冬季になると炭水化物の摂取が異常に多くなり、体重増加の症状を引き起こします。季節性うつ病は、冬季の日照時間不足が原因と考えられており、高照度の光を照射して日照不足を補う光療法が用いられています。

双極性障害

 双極性障害は、躁病相とうつ病相が交互に出現します。躁病相では感情の障害として「気分の高揚」「過活動」、情動が不安定になる「易刺激性」「易怒性」がみられ、攻撃的になります。

 「意欲・行動の障害」として、「多弁」「注意散漫」「目標指向性の活動」「精神運動焦燥」、制御ができないための計画性のない「浪費」や「乱費」、「社会的逸脱行動」等があります。

 「思考の障害」として、アイデアが次々と浮かび主題から脱線してしまう「観念奔逸」、万能感や根拠のない自信による「誇大妄想」などがみられます。

気分障害

うつ病 「感情障害」:抑うつ気分、興味や喜びの喪失、自責感、無価値感等
「意欲・行動の障害」:精神運動抑制、うつ病性混迷、希死念慮、自殺企図等
「思考障害」:思考制止、貧困妄想、罪業妄想、心気妄想等
「身体症状」
定型うつ病:食欲低下、睡眠障害等
非定型うつ病:食欲亢進、過眠、高度の疲労感、批判に対する過敏性
季節性うつ病:炭水化物の過剰摂取による体重増加
双極性障害 躁病相とうつ病相が交互に出現
躁病相:気分の高揚、過活動、易刺激性、易怒性、多弁、社会的逸脱行動、観念奔逸、誇大妄想等

不安障害

 不安障害には、「全般性不安障害」「パニック障害」「広場恐怖症」「社交不安症」「極限性恐怖症」等があります。

 「全般性不安障害」は、なんでもないことを過度に心配して全般的、持続的に不安になる症状を呈します。特定のことに関してではなく、絶えずすべてのことが不安であるという症状です。

 「パニック障害」は、突然理由もなく急激に不安が高まり、動悸、発汗、息苦しさ、胸部の痛み、しびれ等のパニック発作を起こす障害です。気を失うかと思ったという訴えがみられ、いつ発作が起きるか不安が絶えずつきまとう「予期不安」が特徴です。

 「広場恐怖症」は、解放的空間や公衆や雑踏の中に1人でいるときに何か起こるかもしれないという恐怖や、何かあった時に1人で逃げ出せないという恐怖から、公共交通機関に乗れなかったり、広い場所や映画館のように囲まれた空間に行けなかったりする症状があります。

 「社交不安症」は、他人がいる場面で異常に緊張するという症状です。人前に出ると吃音や手の震え、赤面恐怖等の症状を呈します。

 「極限性恐怖症」は、特定の物に限定して起こる恐怖症で、高所恐怖症や閉所恐怖症などがあります。

強迫性障害

 強迫性障害には、「強迫観念」と「強迫行為」があります。「強迫観念」とは、無意味とわかっていても、反復して生まれてくる考えをいいます。車を運転したときに自分は交通事故を起こしたような気がするという考えにとらわれたり、手にばい菌がついてしまっていて、いくら洗っても落ちないと思い込んだりするというようなことです。

 強迫観念が行動に出たものを「強迫行為」といい、いくら手を洗ってもきれいになった気がせず、いつまでも洗い続けるというような症状がみられます。

解離性障害

 解離性障害は、大きな苦痛を受けた場合などに、自我を守るための無意識の症状で、「意識の障害」や「記憶の欠損」が生まれます。

 2人以上の別の人格が1人の中に存在する「解離性同一症」、心的外傷に関する記憶を思い出せない「生活史健忘」、職場や家庭から失踪して自分の身を守る「解離性遁走」、解離状態に混迷が重なる「解離性混迷」、解離と同時にけいれんが起きる「解離性けいれん」、不安な立場に置かれたときに的外れに応答する「ガンザー症候群」等があります。

転換性障害

 転換性障害とは、無意識に抑制している心理的葛藤が、身体症状に転換され置きかえられて現れる症状です。「身体麻痺」「失声」「視力障害」等がみられますが、医学的な検査をしても器質的な原因は見出されません。

心気障害

 心気障害とは、些細な感覚の異常を、重大な病気の予兆であると強い思い込み確信する障害です。病院で検査して何でもないという結果が出ても信じず、重篤で進行性の身体疾患に罹患している可能性が高いという確信に、過度にとらわれてしまう症状を示します。

不安障害 全般性不安障害:過度な心配による全般的・持続的不安
パニック障害:一定の状況や空間で理由なく、動悸、発汗、息苦しさ、胸部の痛み、しびれ等のパニック発作を起こす
広場恐怖症:公共交通機関や広い場所等の解放的空間等で何かあったときに1人で逃げ出せないという恐怖症
社交不安症:他人がいる場面で過剰な緊張が生まれる
極限性恐怖症:高所恐怖症、閉所恐怖症等
強迫性障害 強迫観念:無意味であるとわかっていても反復して生まれてくる考え
強迫行為:強迫観念が行動に出たもの
解離性障害 耐えがたい苦痛を受けた場合などに自我を守るための無意識の症状。
解離性同一症、生活史健忘、解離性遁走、ガンザー症候群等。
転換性障害 無意識に抑制している心理的葛藤が身体症状に置きかえられる障害。身体麻痺、失声、視力障害等。
心気障害 些細な感覚の異常を重大な病気だと確信し、そのことに過度にとらわれる症状。

境界性人格障害

 「境界性人格障害」は、「成人のパーソナリティ及び行動の障害」に分類されます。症状の特徴は、対人関係の不安定性と過敏性、自己像の不安定性、極度の気分変動、衝動性などです。孤独に耐えられず、見捨てられることに対する恐れのために、見捨てられることを避けようとなりふり構わない努力をしたり、相手を極度に理想化し極端に低評価するという感情の揺れ動き、慢性的な空虚感、過食や拒食、自傷行為などがみられます。治療は、認知行動療法などの精神療法が中心になりますが、必要に応じて薬物療法も行われます。

注意欠如・多動症(ADHD)

 注意欠如・多動症(ADHD)は、ICD-10では、F9の「小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害」の多動性障害に位置付けられます。代表的な症状としては、注意力が乏しいまたは注意の持続時間が短い、年齢不相応の過剰な活動性や衝動性があるため機能や発達が妨げられている状態があり、「不注意」と「多動性」の両方がみられる場合もあります。

 「不注意」の症状としては、勉強や仕事中に不注意による間違いが多い、課題や遊びの活動中に注意を持続することができない、直接話しかけると聞いていないようにみえる、指示に従えず業務をやり遂げることができない、課題や活動を順序立てることがむずかしい、精神的努力の持続を要する課題を避ける、いやいや行う、なくし物が多い、他の刺激で気が散りやすい、日々の活動の中で忘れっぽいなどの症状がみられます。

 「多動性」の症状としては、手足をそわそわ動かしたり椅子の上でもじもじする、授業中に席を離れる、不適切な状況で走り回ったり高いところに登ったりする、静かに遊べない、まるでエンジンで動かされているように行動する、しゃべりすぎる、質問が終わる前に出し抜けに答えてしまう、順番を待てない、他人の邪魔をするなどの行動がみられます。

境界性人格障害 対人関係の不安定性、自己像の不安定性、見捨てられ不安、慢性的な空虚感、自傷行為等。
注意欠如・多動症(ADHD) 注意力・集中力の欠如、多動などを特徴とする。
「不注意」の症状:活動中の注意の持続の欠如、課題や活動を順序立てることが困難、日々の活動で忘れっぽい等
「多動」の症状:不適切な状況で走り回ったり高いところに登ったりする、しゃべりすぎる、順番を待てない等

 いかがでしたか。次回は「精神保健の課題と支援」を取り上げていきます。では、第23回の精神保健福祉士国家試験の「精神疾患とその治療」の問題から、今回の課題をあげておきますのでチャレンジしてみてください。

第23回 精神保健福祉士国家試験 「精神疾患とその治療」

問題 5 次の記述のうち、注意欠如・多動症(ADHD)の不注意の症状として、正しいもの2つ選びなさい。

  • 1 しゃべりすぎる。
  • 2 日々の活動で忘れっぽい。
  • 3 自分の順番を待つことが困難である。
  • 4 課題や活動を順序立てることが困難である。
  • 5 不適切な状況で走り回ったり高い所へ登ったりする。

受験対策WEB講座の配信がスタート!

「見て覚える!精神保健福祉士国試ナビ2022」
https://chuohoki.socialcast.jp/set/219?fcid=12

※専門科目のみ