メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第22回 「精神保健の課題と支援」

 皆さん、こんにちは。いよいよ9月になりました。まだまだ暑さが残りますが、健康に留意しながら、学習の手応えを感じ取っていってください。

 今回は「精神保健の課題と支援」を取り上げます。この科目は、精神保健の様々な分野における法律や制度が出題されますので、専門科目のなかでも苦手な受験生が多いのではないでしょうか。ただ、出題される分野はある程度決まっていますので、頻出分野に気をつけて学習しておくことで十分対応できます。では、まず前回の課題の解説をしていきましょう。

第22回  精神保健福祉士国家試験「精神疾患とその治療」

問題7 次のうち、抗精神病薬の主な副作用として、適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 健忘
  • 2 脱抑制
  • 3 身体依存
  • 4 反跳性不安
  • 5 遅発性ジスキネジア

正答 5

解答解説

  • 1 適切でない。抗精神病薬の主な副作用として健忘はみられません。副作用として健忘がみられるのは、べンゾジアゼピン系抗不安薬です。べンゾジアゼピン系抗不安薬を服用すると、服用後の記憶が障害される前向性健忘がみられます。ベンゾジアゼピンが、情動中枢としての海馬に作用して情動性興奮を鎮めるとともに、海馬の記憶機能を抑制し健忘を引き起こすと考えられています。
  • 2 適切でない。抗精神病薬の主な副作用として、脱抑制はみられません。脱抑制とは、理性の働きが鈍くなり、攻撃性や興奮性が次第に強くなり、怒りやすさ、涙もろさなどがみられるようになる状態です。脱抑制の副作用がみられるのは、べンゾジアゼピン系抗不安薬です。
  • 3 適切でない。抗精神病薬の主な副作用として身体依存はみられません。身体依存の副作用がみられるのはベンゾジアゼピン系抗不安薬です。短期間の使用では依存性は生まれませんが、長期間の使用が続くと「身体依存性」が形成されてきます。身体依存性とは、薬を中断すると離脱症状が出現することをいいます。
  • 4 適切でない。抗精神病薬の主な副作用として、反跳性不安はみられません。反跳性不安がみられるのは、べンゾジアゼピン系抗不安薬の短時間型の抗不安薬を連続して長期にわたり使用した後、急激に中止したときです。急激に使用を中止し、使用前より不安が増強することを「反跳性不安」といいます。
  • 5 適切。遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬の長期使用でみられる錐体外路系の副作用で、口の周囲の不随意運動、頭部、四肢、体幹の筋肉の異常行動を発現します。発現箇所としては、舌、口周辺部、顔面にみられることが多く、繰り返し唇をすぼめる、とがらせる、舌を左右に揺らす、舌を突き出す、口をモグモグする、歯をくいしばるなどの症状がみられます。また、足が動いてしまって歩きにくい、手に力が入って力が抜けない、足が突っ張って歩きにくいなど、四肢等の異常運動がみられることがあります。

問題8 次の記述のうち、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) を処方するときのうつ病患者に対する説明として、適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 「空腹時に服用してください」
  • 2 「イライラ感の出現に注意してください」
  • 3 「服用後数時間で効果が出現します」
  • 4 「服用後数時間は安静にしてください」
  • 5 「症状の強いときに頓服として服用してください」

正答2

解答解説

  • 1 適切でない。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の副作用として、服用初期の吐き気や嘔吐、食欲不振などの消化器症状があります。そのため、空腹時に服用することをすすめるのは、適切ではありません。
  • 2 適切。服用後初期に、いらいらする、攻撃性が増す、暴力的になるという副作用が、まれにあることが指摘されています。これらの、中枢神経を刺激することによる症状を総称して「賦活症候群」、あるいは「初期刺激症状」といいます。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)をうつ病患者に処方するときは、いらいらする、攻撃性が増すなどの症状の出現に注意を促し、賦活症候群による自殺を回避できるようにしておくことが必要です。
  • 3 適切でない。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の投薬の効果は服用後数時間では効果が出現せず、服用後2週間から3週間を要します。効果がみられないからといって勝手に薬の服用をやめないように注意する必要があります。
  • 4 適切でない。副作用としては、服用初期の吐き気や嘔吐、食欲不振等の消化器症状や、眠気、服用による体重増加や便秘などがあります。眠気に対しては、運転や危険な作業等に注意し、就寝前に服用することが勧められています。服用後数時間は安静にするように、という指示は出しません。
  • 5 適切でない。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の効果は、2週間から3週間を必要としますから、症状の強いときだけ頓服のように使用するというような服用方法は行いません。

 いかがでしたか。では、今回の「精神保健の課題と支援」を解説していきます。この科目は、ライフサイクルと精神の健康、ストレス対策、自殺予防、いじめや不登校、児童虐待・障害者虐待・高齢者虐待、配偶者間暴力、アルコール問題、職場におけるメンタルヘルス、認知症対策、災害時の精神保健等、範囲が広いので各分野を十分把握しておきましょう。今回は、精神作用物質の乱用対策を中心に取り上げて解説します。

精神作用物質の乱用関係の法律

 精神作用物質の乱用関係を取り締まるための法律には、「大麻取締法」「麻薬及び向精神薬取締法」「覚醒剤取締法」「医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」「あへん法」等があります。

 これらの法律の違反者には罰則規定があり、刑法の対象になります。また、刑法の対象になる違反者に対して、「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」が制定されています。

大麻取締法

 大麻取締法は、1948(昭和23)年に制定されました。大麻取締法では大麻の取り扱いについて、「大麻取扱者以外は、大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のために使用してはならない」と規定しています。

 「大麻取扱者」とは、「大麻栽培者及び大麻研究者をいう」と定義されており、「大麻栽培者」とは、「都道府県知事の免許を受けて、繊維もしくは種子を採取する目的で大麻草を栽培する者」で、「大麻研究者」とは、「都道府県知事の免許を受けて、大麻を研究する目的で大麻草を栽培し、又は大麻を使用する者」と規定されています。この法律の違反には罰則規定が設けられています。

麻薬及び向精神薬取締法

 この法律は、「麻薬」と「向精神薬」の輸入、輸出、製造、製剤、譲渡等に関する取り締まり、麻薬中毒患者の医療の措置、乱用防止等を規定しています。禁止行為として、あへんの輸出入の禁止、麻薬原料植物の栽培禁止、ジアセチルモルヒネ等の禁止が規定されています。この法律の違反には、罰則規定が設けられています。

覚醒剤取締法

 この法律は、覚醒剤濫用による保健衛生上の危害防止、覚醒剤・覚醒剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲り受けの禁止、使用の取締について規定しています。この法律の違反には罰則規定が設けられています。

医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律

 1960(昭和35)年に制定された「薬事法」が、2014(平成26)年に「医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」に改称・改正されました。この法律は、医薬品や医療機器等の安全性を確保することを目的としており、「指定薬物」についても規定しています。

 「指定薬物」とは、「中枢神経系の興奮、抑制、幻覚の作用を有する蓋然性が高く、使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれがあるものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう」と定義されています。指定薬物の広告中止命令、指定薬物の対象拡大、販売停止命令、インターネット対策等が実施されています。

 一般的に「危険ドラッグ」と呼ばれているものは、法律上の定義はありませんが、指定薬物を含むものを危険ドラッグとされており、危険ドラッグ販売店への立ち入り検査、危険ドラッグ事犯の摘発などの薬物乱用対策が実施されています。危険ドラッグの所持、購入、譲り受け、授与、使用は禁止されており、違反者は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が科せられます。

あへん法

 この法律は、国や学術研究のためのあへんの供給が適正に行われるため、あへんの輸入、輸出、収納、売買を行うのは国の権限であることと、けしの栽培等の規制について規定してます。何人も、あへんの輸入・輸出を行うことは禁止されています。

薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律

 この法律は、薬物使用の再犯を防止するため、刑事施設処遇に続き「社会内処遇」を実施することによって、刑の一部の執行を猶予し、その期間中の保護観察等について定めている法律です。

 刑の一部執行猶予制度の対象者は、3年以下の懲役または禁固の言い渡しを受けた者で、執行猶予期間中は、必ず保護観察に付されなければならないこととされています。

大麻取締法大麻取扱者以外は、大麻の所持、栽培、譲り受け、譲り渡し、研究のために使用を禁止
麻薬及び向精神薬取締法麻薬・向精神薬の輸入、輸出、製造、製剤、譲渡等の取り締まり、乱用防止等を規定
覚醒剤取締法覚醒剤濫用防止、覚醒剤・覚醒剤原料の輸入、輸出、所持、製造、譲渡、譲り受けの禁止等を規定
医薬品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律指定薬物の広告中止命令、指定薬物の対象拡大、販売停止命令、インターネット対策等を規定
あへん法国以外の者によるあへんの輸入・輸出・収納・売買を禁止
薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律刑事施設処遇に続き社会内処遇で刑の一部の執行を猶予しその期間中保護観察を受けるべきことを規定

薬物使用者への支援技法

 精神作用物質の使用者への支援の具体的な支援技法として、「ハーム・リダクション」や「SMARPP(せりがや覚醒剤依存再発防止プログラム)」「ドラッグ・コート」等があります。

ハーム・リダクション

 「ハーム・リダクション」の「ハーム」とは「被害」、「リダクション」とは「削減・、減少する」という意味で、「ハーム・リダクション」とは、精神作用性のあるドラッグについて、その使用を禁止するのではなく、その使用によって生じる健康・社会・経済上の被害や悪影響を減少させることを目的とする実践方法のことをいいます。

 この援助技法は、薬物使用に対して、厳罰化や厳しい規制を実施してきた結果、薬物使用者が減少するより、むしろ薬物消費量が増加し、薬物を注射するための注射器の使い回しによるHIV感染症者や肝炎ウイルスの感染者が激増し、犯罪組織の暗躍が顕著になるという事態をもたらしました。

 また、ドラッグ使用者の社会的排除、ドラッグの裏取引のために政治的不正や汚職の蔓延等の社会的な被害が大きくなりました。これらへの反省により、薬物使用に対して、単に厳罰化や規制を行うのではなく、薬物使用による全体的な悪影響を少しでも低減化させることに主眼を置いた援助技法が編み出されてきました。

 「ハーム・リダクション」は、薬物使用による被害を低減させていくことを目的として、清潔な注射器の配布、代替薬物の使用や情報提供、相談対応の提供等の具体的な支援を行っていきます。処罰ではなく支援をという理念を実践することによって、薬物使用者のスティグマが減少され、居場所が確保され、一人ひとりの人権が尊重される等、薬物使用者の減少の効果がみられています。

SMARPP:スマープ(せりがや覚醒剤依存再発防止プログラム)

 このプログラムは、ワークブックとマニュアルを用いた集団認知行動療法プログラムで、動機づけ面接を重視した「マトリックスモデル」を参考に開発されました。マトリックスモデルとは、アメリカのロサンゼルスのマトリックス研究所が開発した治療プログラムです。薬物の使用をすぐにやめることを目標とするのではなく、動機づけ面接を重視し、薬物使用者に支持的、受容的に接して、徐々に薬物を辞める動機を強めていくという方法です。

ドラッグ・コート

 ドラッグ・コートとは、薬物使用による犯罪の受刑者が、刑務所で服役して刑罰を受けることよりも、「治療を重視した処遇」を受けることによって、薬物依存から回復できるように支援するシステムのことです。

 アメリカで開発された支援技法で、裁判官、検察官、弁護人、保護観察官、警察などがチームを組んで、裁判所の監督下で治療施設に通所させて、回復プログラムに参加させるという方法です。プログラム参加者は、定期的に出頭しての近況報告や尿検査を受けます。このプログラムの全課程を修了した場合は、控訴が棄却されることになっています。

ハーム・リダクション薬物使用によって生じる被害を最小限に低減することを目的とする政策・プログラムとその実践
SMARPP
(スマープ)
動機づけ面接を重視しワークブックとマニュアルを用いた集団認知行動療法プログラム
ドラッグ・コート薬物使用犯受刑者に対して、刑罰より治療を重視した処遇により薬物依存から回復できるように支援するシステム

アルコール依存症判定尺度

 次にアルコール依存症について取り上げていきましょう。アルコール依存症を判定する尺度には、KAST(久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト)、CAGE(ケージ)、AUDIT(オーディット)等があります。

KAST

 KAST(久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト)は、わが国で初めて作られたアルコール依存症のスクリーニングテストです。最近6か月の飲酒習慣に関する質問に「はい」「いいえ」で解答し、総合点で判定する判定方法です。お酒が原因で大切な人(家族や友人)との人間関係にひびが入ったことがあるか、せめて今日だけはお酒を飲むまいと思ってもつい飲んでしまうことが多いか等の質問に、「ある・ない」「あてはまる・あてはまらない」のいずれかに回答する方法です。

 現在は新久里浜式が開発されており、男性版と女性版が作成されています。男性版は10項目からなっており、合計点が4点以上はアルコール依存症が高い群、合計点が1~3点は要注意群、合計点が0点は正常群となっています。女性版は8項目からなっており、合計点が3点以上はアルコール依存症の疑いが高い群、合計点が1~2点は要注意群、合計点が0点は正常群となっています。

CAGE(ケージ)

 CAGE(ケージ)は、自己診断に便利なように、質問に「はい」か「いいえ」で解答し判定する方法です。「C」は「cut」=減らすという意味で、1問目は、「飲酒量を減らさなければならないと感じたことはありますか」という質問です。「A」は「annoyed」=悩まされるという意味で、2問目は、「他人があなたの飲酒を非難するので、気に障ったり悩んだことはありますか」という質問です。

 「G」は「guilty」=罪悪感という意味で、3問目は「自分の飲酒について、悪いとか申し訳ない等のように罪悪感を感じたことがありますか」という質問です。「E」は「eye-opener」=朝酒あるいは迎え酒という意味で、4問目は、「神経を落ち着かせたり二日酔いを治すために、迎え酒をしたことがありますか」という質問です。この4つの質問の2項目以上に該当した場合は、アルコール依存症の可能性が高いと判断されます。

AUDIT(オーディット)

 AUDIT(The Alcohol Use Disorders Identification Test:飲酒習慣スクリーニングテスト)は、世界保健機関(WHO)が作成した判定テストで、現在の飲酒習慣が適切なものであるのか、健康への被害や社会生活に影響を及ぼす程度のものであるのか、介入支援が必要な危険飲酒であるか等の、スクリーニングを目的とした判定方法です。

 アルコール含有飲料をどのぐらいの頻度で飲むか、飲酒するときの飲酒量はどのぐらいか、過去1年間に飲み始めると止まらなかったことがどのくらいの頻度であったか等、10項目の質問があり、それぞれ、5~3個の選択肢のうち該当するものを選ぶという検査方法です。

 この検査は、アルコール依存症までには至っていない「危険な飲酒」や「有害な使用」レベルにある者を対象としています。最低点が0点、最高点が40点になっており、点が高い程危険な状態とみなされます。

KAST久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト。最近6か月の飲酒習慣に関する質問に「はい」「いいえ」で解答し総合点で判定
CAGE
(ケージ)
自己診断できるように4項目の質問に「はい」か「いいえ」で解答し判定
AUDIT
(オーディット)
介入支援が必要な危険飲酒等のスクリーニングを目的として、過去 1 年間について、 10 項目の質問に解答し判定

アルコール依存症の治療

 アルコール依存症の治療として、AA(アルコホーリクス・アノニマス)、断酒会、HAPPYプログラム、ブリーフ・インターベンション等があります。

AA

 AA(Alcoholics Anonymous)は、飲酒問題を解決することを希望する自助グループのことで、匿名を条件とした非組織性のグループです。会員制はとっていないので、入会手続きや会費徴収などは、一切ありません。名前を明らかにする必要もないため、ニックネームを使用することができます。メンバーに上限関係はなく平等な関係です。

 ミーティングと呼ばれる飲酒問題を抱えた当事者の集いで、12のステップを使用して、飲酒をしない生き方の実践のわかち合いを行い、他の人たちもアルコール依存症から回復するように手助けをしていこうとする自助グループ活動です。家族のためには「アラノン」というグループ活動があります。

断酒会

 断酒会は、アルコール依存症から更生するために、助け合う自助グループです。会員制をとっており、会員は名前を明らかにして断酒会に所属します。家族の参加を奨励しており、各地域で組織化されています。会の運営のために会費が徴収されます。

HAPPYプログラム

 HAPPYプログラム(Hizen Alcoholism Prevetion Program by Yuzuriha)は、アルコール依存症になる前の段階の、多量飲酒に対する介入プログラムです。1回約1時間半で、計3回のセッションで構成されています。

 アルコールと病気の関係を学びながら「飲酒日記」を付け、毎日の飲酒量を把握し、ブリーフ・インターベンションによる介入と教育的要素によってプログラム化されています。

ブリーフ・インターベンション

 ブリーフ・インターベンションとは、対象者の飲酒行動に変化をもたらすことを目的とした短時間のカウンセリングのことです。飲酒量をどれだけ減らすかを具体的に自分で設定し、実践します。

 ブリーフ・インターベンションは、「フィードバック」と「アドバイス」と「ゴール・セッティング」で構成されています。「フィードバック」とは、スクリーニングテスト等で飲酒問題を客観的に評価して、飲酒を続けた場合の将来の危険や害についての情報を提供します。

 「アドバイス」とは、飲酒量を減らしたり飲酒をやめると、どのような危険を回避できるかを伝え、そのための具体的な対処法のための助言やヒントを与えることです。「ゴール・セッティング」とは、「目標を設定する」ことで、本人ができそうな飲酒量の低減目標を自ら設定することです。

 ブリーフ・インターベンションは、本人が主体的に取り組めるように援助するという姿勢を基本にしており、カウンセリングの進め方のポイントは、共感する、励ます、褒めるを、介入の三要素としています。ブリーフ・インターベンションの対象は、問題飲酒ではあるがアルコール依存まで行ってはいない、AUDIT(オーディット)の点数が8~14点の者です。

AA飲酒問題を解決することを希望する自助グループ。匿名性、非組織性を特徴とし12のステップを使用。アラノンは家族の自助グループ
断酒会非匿名、会費制、家族の参加を奨励
HAPPYプログラムアルコール依存症前の多量飲酒者へのブリーフ・インターベンションによる介入プログラム
ブリーフ・インターベンション対象者の飲酒行動変化をもたらすことを目的とした短時間のカウンセリング

 いかがでしたか。次回は、「精神保健福祉相談援助の基盤」を取り上げます。では、第22と第19回の精神保健福祉士国家試験の問題のなかから今回の課題を上げておきますので、チャレンジしてみてください。

第22回 精神保健福祉士国家試験 「精神保健の課題と支援」

問題16  精神作用物質の乱用対策及び使用者への援助に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 有効な外来治療として、ワークプックとマニュアルを用いた集団認知行動療法プログラムが開発されている。
  • 2 大麻は、麻薬及び向精神薬取締法で使用と所持が規制されている。
  • 3 ハーム・リダクションとは、 薬物使用を厳罰化することで、その流通量を減らすことを目的とした政策のことである。
  • 4 薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部執行猶予制度とは、一定期間服役させた後残りの期間を社会復帰促進センターで処遇するものである。
  • 5 覚せい剤取締法違反は、「医療観察法」における重大な他害行為とされる6罪種の一つである。

第19回 精神保健福祉士国家試験 「精神保健の課題と支援」

問題16 精神作用物質の乱用対策及び援助に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 ハーム・リダクションとは、刑務所での服役の代わりに、裁判所の監督下で治療施設に通所させる処遇システムである。
  • 2 危険ドラッッグとは、麻薬及び向精神薬取締法に基づいて厚生労働省が指定し、その販売が規制される薬物を指す。
  • 3 AA(アルコホーリクス・アノニマス)とは、アルコール依存症を抱えた人が治療のために入所する民間リハビリテーション施設のことである。
  • 4 ブリーフ・インターベンションとは、多量飲酒等の問題飲酒者の飲酒量を減らすことを支援する方法の一つである。
  • 5 CAGE(ケージ)とは、10項目から構成される問題飲酒の早期発見を目的としたスクリーニングテストである。