メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第10回 「人体の構造と機能及び疾病」

 皆さん、こんにちは。今回からいよいよ共通科目に入っていきます。共通科目は科目数が多く、苦手な方が多いかもしれませんね。一科目ずつ丁寧に学習していきましょう。

 共通科目は、「知識の絶対量」を求められる科目と、内容に関する「理解」が求められる科目に分類されます。今回取り上げる「人体の構造と機能及び疾病」は、人体の仕組みと働きや疾病に関しての「知識の絶対量」が求められる科目です。「基礎的な知識の絶対量」を確実に積み上げていくことで、合格圏に達することが可能な科目です。ただ、範囲が広く正確な知識を求められますから、丁寧に学習していきましょう。では、最初に前回の課題の解説をしておきます。

第22回 精神保健福祉士国家試験 「精神障害者の生活支援システム」
問題75 「障害者総合支援法」に規定される就労継続支援A型の役割に関する次の記述のうち。 正しいもの1つ選びなさい。
  • 1 求職者に職業を紹介する。
  • 2 職場適応援助者を養成する。
  • 3 雇用契約に基づき就労の機会を提供する。
  • 4 法定雇用率未達成事業所への指導を行う。
  • 5 一般就労の継続のための支援を行う。


正答3

解答解説

  • 1 誤り。求職者に職業を紹介するのは、「公共職業安定所」です。公共職業安定所は、職業安定法に基づく国の職業紹介機関で、職業紹介と指導、雇用保険関係事務とともに障害者に対する職業紹介、障害者雇用のための事業主支援、障害者向け求人の開拓、法定雇用率未達成企業への働きかけなどを行っています。
  • 2 誤り。職場適応援助者の養成は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が行っています。職場適応援助者には、地域障害者職業センターに配置されている「配置型ジョブコーチ」、障害者の就労支援を行う社会福祉法人等に雇用される「訪問型ジョブコーチ」、障害者を雇用する企業に雇用される「企業在籍型ジョブコーチ」があります。配置型ジョブコーチと企業在籍型ジョブコーチの養成研修は、「独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構」が行っています。
  • 3 正しい。就労継続支援A型事業は、雇用契約に基づき就労の機会を提供する事業です。「雇用型:A型」は、企業等に就労することが困難な、継続的に就労可能な65歳未満の障害のある者に、「雇用契約」に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練等を行います。利用期間の制限等はありません。利用対象者は、難病や障害を持つ者で、事業所と雇用契約を結び支援を受けながら働きます。雇用契約によるため、労働基準法に基づく最低賃金が支払われます。この支援を受けて一般就労に必要な知識や能力を習得できた場合は、一般就労を目指すことができます。
  • 4 誤り。法定雇用率未達成事業所への指導を行うのは、公共職業安定所です。公共職業安定所は、職業安定法に基づく国の職業紹介機関で、求職者への職業紹介、雇用保険関係事務、障害者のための就業支援、障害者の職場定着指導、障害者を雇用する事業主への助言、法定雇用率未達成企業への助言・指導等を実施します。
  • 5 誤り。一般就労の継続のための支援を行うのは、障害者総合支援法に基づく「就労定着支援」です。就労に向けた支援を受けて通常の事業所に新たに雇用された障害者に、一定期間、その事業所での就労の継続を図るために、その事業所の事業主、障害福祉サービス事業者、医療機関等との連絡調整等と、雇用に伴い生じる日常生活又は社会生活を営む上での各般の問題に関する相談、指導、助言等を行います。

 いかがでしたか。「精神障害者の生活支援システム」ではこのほか、精神障害者の就労や住居等の具体的な生活を支える法制度やサービスに関する出題が多いので、居住支援と就労支援関係を中心に、他の分野もよく学習しておきましょう。
 では、今回は、「人体の構造と機能及び疾病」について、出題基準をもとに過去問を分析して出題傾向を把握し、頻出分野に焦点をあてて対策を立てていきます。

人の成長・発達

 人の成長と発達に関して、身体の成長と発達という分野と、精神の発達という分野に分かれます。身体の標準的な発達に関して、胎児から乳児、幼児、児童への身体の成長の発達過程を学習しておきましょう。
 精神の発達に関しては、乳幼児期の言語や認知機能の発達、精神の発達とその障害、発達段階と障害の発症時期の関係等を学習しておきましょう。

 老化に伴う心身の変化や、高齢者に多い疾患やその病態の特徴については、頻出分野です。加齢による身体の変化及び疾病については、基礎的な知識を整理して把握しておきましょう。

心身機能と身体構造の概要

 人体部位の名称と、各器官の構造と機能については頻出で、近年詳細な内容が出題される傾向にあります。副交感神経の役割、脳幹の構造、大脳の部位の働き、脊髄神経、三半規管の位置、心臓のしくみ、人体の部位と疾病、病態との関連性等が出題されています。

 骨格・筋肉系、心臓や血液等の循環器系、気管支や肺等の呼吸器系、嚥下、食道、胃、小腸、大腸、肝臓等の消化器系、大脳、小脳、脳幹、脊髄、自律神経などの神経系、腎臓などの泌尿器系、腎臓や下垂体、膵臓等の内分泌系、目や耳などの感覚器系、免疫系などの仕組みと働きについて、丁寧に学習しておきましょう。

 身体のしくみと働きが障害されると、どのような疾病が起こるかということと関連づけながら学習していくと、理解が深まります。具体的な疾病を念頭に置きながら、身体の各器官の構造と機能を学習しておくことをおすすめします。

国際生活機能分類(ICF)の基本的考え方と概要

 この分野からは、第22回、第21回と連続して出題されています。生活機能の構成要素、活動と参加の違い、背景因子としての個人因子と環境因子、促進因子と阻害因子、能力障害と参加制約の違いなど、障害者に対する支援には欠かすことのできない視点であるため、共通科目の「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」や専門科目の「精神障害者の生活支援システム」でも科目を超えて出題されていますので、十分に学習しておきましょう。

健康の捉え方

 健康の概念として、WHO憲章における健康の定義、アルマ・アタ・宣言、オタワ憲章は頻出です。それぞれの内容をしっかり整理しておきましょう。今回は、後ほどこの分野について解説していきます。

 わが国の健康施策として、健健康日本21(第二次)の内容、健康寿命の定義、一次予防、二次予防、三次予防の意味、健康日本21(第二次)、死亡原因疾患等も出題実績がありますので気をつけておきましょう。

疾病と障害の概要

 疾病の概要としては、悪性腫瘍、生活習慣病、感染症、神経・精神疾患、先天性・精神疾患、難病等が挙げられています。生活習慣病と精神疾患は、出題率が高い分野です。
 高血圧、高齢による脱水、老人性難聴、腎機能・甲状腺機能の低下、褥瘡、味覚障害、生活習慣病、感染症等が出題されています。高齢者がかかりやすい疾病について整理しておきましょう。

 障害の概要としては、視覚障害、平衡機能障害、肢体不自由、内部障害、知的障害、発達障害、認知症、高次脳機能障害、精神障害、遂行機能障害、内部障害、聴覚障害の原因、脳性麻痺、糖尿病の合併症が出題されています。認知症、肢体不自由の原因疾患等についても出題されていますので、よく学習しておきましょう。

 精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM―5)の概要については、分類概念を理解した上で、代表的な統合失調症やうつ病の症状及び診断基準、そう病相、不安障害、解離性障害、摂食障害等を理解しておいてください。

リハビリテーションの概要

 この分野からは、リハビリテーションの意味と定義、目的、対象、方法等が出題されています。急性期リハビリテーション、回復期リハビリテーション、維持期リハビリテーションのそれぞれの段階と目標と内容を、また包括的リハビリテーションの、概念と対象と具体例を学習しておきましょう。

 理学療法と作業療法それぞれの役割、リハビリテーション医学の予防的視点、リハビリテーションの対象、包括的リハビリテーションの内容、廃用症候群予防等が出題されています。理学療法と作業療法の違い、リハビリテーションの予防的役割、リハビリテーションの定義や内容、具体的介入時期と介入方法等を整理しておきましょう。では、今回は健康の概念と国際生活機能分類について取り上げていきます。

健康に関する概念

 次に健康の概念について、みていきましょう。健康については、様々な考え方があります。ここでは、予防の概念とWHOの健康の定義、アルマ・アタ宣言、オタワ憲章について取り上げます。

WHOによる健康の定義

 WHOの健康の定義は、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」としています。この定義によって、WHOでは、医療だけではなく、幅広い分野において、人々の健全で安心、安全な生活を確保するための取り組みが行われています。

アルマ・アタ宣言とプライマリー・ヘルスケア

 アルマ・アタ宣言は、WHOとユニセフによって、1978年に、当時のソビエト連邦の都市の1つであるアルマ・アタにおいて開催された国際会議で採択された宣言です。

健康状態の不平等の解消

 人々の健康状態に関して、特に「先進国と発展途上国間にみられる大きな格差」を取り上げ、「人々の健康に関してとりわけ先進国と発展途上国の間に存在する大きな不平等は国 内での不平等と同様に、政治的社会的経済的に容認できないものである」「新国際経済秩序に基づいた経済社会開発は、すべての人々の健康を可能な限り達成し、先進国と発展途上国の健康状態の格差を縮小するために基本的な重要なことである」「人々の健康を増進させ保護することは持続した経済的社会的発展に欠くことのできないものでありまたより良い生活の質と世界平和とに貢献するものである」として、先進国と発展途上国間にみられる大きな健康格差の解消を訴えています。

政府の責任

 「政府は、国民の健康に責任を負っているが、これは適切な保健及び社会政策の保証があって初めて実現される」「政府、国際機関および世界中の地域社会にとって、今後約20年の主要な社会的目標は、西暦2000年までに、世界中の全ての人に、社会的、経済的に生産的な生活を送ることができるような健康水準を達成することである」「プライマリー・ヘルスケアは、開発の一環として、社会正義の精神に則り、この目標を達成するための鍵となる」として、政府の責任を明記しています。

自己決定権

 「人々は個人または集団として自らの保健医療の立案と実施に参加する権利と義務を 有する」「自助と自己決定の精神に則り、地域社会の全ての個人や家族の全面的な参加があって、はじめて彼(女)らが広く享受できうるものとなる」として、自己決定権を重視しています。

地域ニーズの重視

 この宣言では、「プライマリー・ヘルスケアは、健康増進、予防、治療、社会復帰に有効なリハビリテーションといったサービスの実施など、地域社会の主要な保健問題を対象とする」とし、地域のニーズを重視する視点に立っています。

基礎的環境の整備

 また、プライマリー・ヘルスケアに最低限含まれるものとして、「当面の保健問題と実施可能なその予防法、予防に関連する教育、食糧と栄養素の改善、安全な水の充分な供給と基本的な衛生管理、家族計画を含む母子の養護、主要な感染症の予防接種、風土病の予防とコンロトール、通常の疾患の治療と必須医薬品の供給」を挙げており、健康のための基礎的な環境の整備を重視しています。

チームとしての保健ニーズへの対応

 「地域や後方支援レベルにおいても、保健医療チームとして働くために、地域社会が求める保健ニーズに応えるために、社会的にも技術的にも適格に訓練された保健ワーカー、すなわち、医師、看護婦、助産婦、補助要員、可能であれば地域ワーカーや、必要によっては伝統治療師たちの力を必要とする」としており、個人ではなく、保健医療チームとして取り組むべきことを提示しています。

資源の活用

 「地域、国家、その他の利用可能な資源を最大限利用し、地域社会と地域住民が最大限の自助努力を行い、プライマリ・ヘルスケアの計画、組織化、実施、管理に参加することが重要であり、これを推進する。そして、この目標のために、適切な教育を通じて地域住民がこれに参加する能力を開発する」「すべての政府は、プライマリ・ヘルスケアを、他の部門と協力し、包括的国家保健システムの一部として着手し維持していくために、国家の政策、戦略、および行動計画を作成すべきである。この目的のために政治的意思を実行し、国内資源を動員し、利用可能な外部資源を合理的に活用することが必要である」として、社会資源の活用に言及しています。

オタワ憲章とヘルスプロモーション

 WHOは、1978年にカナダのオタワ市において開催された第一回健康促進国際会議において、「ヘルスプロモーションに関するオタワ憲章」を採択しました。このなかでヘルスプロモーションを、「人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである」と定義しています。

 この会議の議論は、「工業化された国での要求」に焦点を当てており、アルマ・アタでのプライマリー・ヘルスケア宣言等を踏まえて策定されています。「健康は、身体的な能力とともに社会的個人的な資源を強調する積極的な考え方」であるとし、「健康にとっての基礎的条件と資源」として、「平和、援護、教育、食料、所得、安定した環境システム、持続可能な資源、社会正義と公正」を挙げ、「健康」とは「生活の対象物ではなく、日々の人生の源」であるとしています。

WHOの健康の定義 健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること
アルマ・アタ宣言 WHOとユニセフによる健康に関する宣言。プライマリ・ヘルスケアを提唱。健康格差の解消、政府の責任、自己決定権の尊重、保健医療チームとしての対応、資源の活用等を提言し、地域の健康のための基礎的な環境の整備、地域住民の参加を重視
オタワ憲章 WHOが採択。ヘルスプロモーションを提唱。「人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである」と定義

国勢生活機能分類(ICF)の考え方

 次に、「国際生活機能分類(ICF)」についてみていきましょう。この分類は、2001 年5月に世界保健機関(WHO) 総会で採択されました。1980年に採択された「国際障害分類(ICIDH)」が「疾病の帰結(結果)」に関する分類であったのに対し、ICFは「健康の構成要素」に関する分類として採択されたものです。

 「疾病」についての分類ではなく、「生活機能上」の問題は誰にでも起りうるものであるという考え方に基づいており、特定の人々のためのものではなく「全ての人に関する分類」という観点によって作成されています。

健康状態の構成要素

 国際生活機能分類(ICF)は、健康状態を「生活機能」と、それに影響を与える「背景因子」に分類しています。「生活機能」は、「心身機能・身体構造」「活動・参加」から構成されており、「背景因子」は、「環境因子」と「個人因子」から構成されています。

 「心身機能・身体構造」の「心身機能」とは、手足の動き、精神の働き、視覚・聴覚、内臓の働きなどの「身体系の生理的機能」のことを意味し、「心理的機能も含む」ものです。「身体構造」とは、手足の一部、心臓の一部(弁など)など、体の器官や肢体とその構成部分等の、「身体の解剖学的部分」のことです。

肯定的側面と否定的側面

 「心身機能・身体構造」には「肯定的側面」と「否定的側面」があります。「肯定的側面」は、機能的・構造的統合性を意味します。心身機能と身体構造が、機能的・構造的に、統合性が保たれている状態です。「否定的側面」は、「構造障害」を含む「機能障害」を意味します。構造的になんらかの支障があり、あるいは機能的に何らかの支障がある状態です。

 「障害」とは、生活機能が低下した状態のことで、「機能障害」とは著しい差異や喪失などといった「心身機能又は身体構造」のことです。

背景因子

 「背景因子」とは、人間の生活機能の発揮の仕方や、障害と相互に影響を及ぼし合う要素のことで、「環境因子」と「個人因子」から構成されています。
 「環境因子」とは、生活している物理的な環境や社会的環境、人々の社会的態度による環境を構成する因子のことです。「個人因子」とは、年齢、性別、民族、生活歴、価値観、ライフスタイル、興味や関心などのことです。

促進因子と阻害因子

 「環境因子」には、「社会や家庭で役割を果たすこと」があります。「促進因子」は、生活機能の発揮を促進するもので、「阻害因子」は、生活機能の発揮を阻害するものです。
 例えば、下肢麻痺の人にとって、住居や交通機関がバリアフリーになっていることは、生活機能の発揮を促進するものですから「促進因子」になります。逆に、住居や交通機関にバリアがあることは、生活機能の発揮を阻害しますから「阻害因子」になります。
 「環境因子」における「促進因子」と「阻害因子」は、物理的なものだけではなく、精神的、文化的なこころのバリアも含みます。

活動・参加

 「活動・参加」の「活動」とは、「課題や行為の個人による遂行のこと」で、調理・掃除などの家事行為などの生活行為の「行動」を指します。現在の環境のもとで行っている「活動」のことを「実行状況」といい、ある課題や行為を遂行するために最高の状態で発揮されている生活機能のことを「能力」といいます。活動は、この「実行状況」「能力」で評価されます。
 「活動・参加」の「参加」とは、「社会や家庭で役割を果たすこと」で、生活や人生場面へのかかわりのことです。

 「活動の否定的側面」を「活動制限」といいます。これは、「個人が活動を行う時に生じる困難さ」のことです。「参加の否定的側面」を「参加制約」といいます。これは、「個人が何らかの生活・人生場面に関わるときに生じる困難さ」のことです。

 ICFの分類における「健康状態」とは、疾病や体の変調、怪我、妊娠、高齢、ストレスなど、様々なものを含む広い概念で、「疾病」だけでなく日常的な心身の状態までを含む概念です。

国際生活機能分類(ICF)

採択 2001 年5月に世界保健機関(WHO) 総会で採択
対象と性格 特定の人々のためのものではなく、「全ての人に関する」「健康の構成要素」に関する分類
構成 「生活機能」の分類と、それに影響を与える「背景因子」(「環境因子」、「個人因子」)で構成。
「環境因子」には「促進因子」と「阻害因子」がある
生活機能 「生活機能」は、「心身機能・身体構造」「活動」「参加」から成る
心身機能・身体構造 「心身機能」とは身体系の生理的機能のことで心理的機能も含む
「身体構造」とは身体の解剖学的部分のこと
活動 「活動」とは、「課題や行為の個人による遂行」のこと
「能力」と「実行状況」で評価される
参加 「参加」とは、「生活や人生場面への関わり」のこと
活動制限 個人が活動を行うときに経験する難しさのこと
参加制約 個人が何らかの生活・人生場面に関わるときに経験する難しさのこと

 いかがでしたか。次回は、「心理学理論と心理的支援」を取り上げます。では、第22回の精神保健福祉士国家試験から今回の課題を上げておきますので、チャレンジしてみてください。

第22回 精神保健福祉士国家試験 「人体の構造と機能と疾病」
問題5  1978年にWHOが採択したアルマ・アタ宣言に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。
  • 1  先進国と開発途上国間における人々の健康状態の不平等について言及している。
  • 2  政府の責任についての言及はない。
  • 3  自己決定権についての言及はない。
  • 4  保健ニーズに対応する第一義的責任は、 専門職個人にあると言及している。
  • 5  地域、 国家、 その他の利用可能な資源の活用についての言及はない。