メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第37回  「権利擁護と成年後見制度」

 皆さん、こんにちは。今回は「権利擁護と成年後見制度」を取り上げます。この科目では、成年後見制度をはじめとして、権利擁護のための組織や機関、行政法における行政行為、行政不服申し立て、民法上の契約の概念、親族、扶養義務、親権と認知、相続、遺言など、各分野の法律の内容等をよく理解しておきましょう。

 また、民法の改正等が行われていますので注意しておきましょう。法改正については、次回から必要と思われる内容を集中的に取り上げていきたいと思っています。今回は消費者保護関連の法制度について取り上げます。では、まず前回の課題の解説をしておきましょう。

第21回 精神保健福祉士国家試験  「保健医療サービス」

問題72 日本の公的医療保険の医療費に関する次の記述のうち、正しいもの1 つ選びなさい。

  • 1 保険医療機関が受け取る診療報酬は、審査支払機関の立替金によって賄われる。
  • 2 被保険者でない患者の医療費は、医療機関の立替金によって賄われる。
  • 3 社会保険診療報酬支払基金は、保険診療の審査支払機能を担う保険者である。
  • 4 調剤薬局は、医療保険にかかる費用の請求機関の対象外となる。
  • 5 特定健康診査の費用は、療養の給付の対象外となる。

正答5

解答解説

  • 1 誤り。保険医療機関が受け取る診療報酬は、審査支払機関を通じて医療保険者によって支払われます。診療サービスを提供した医療機関は、審査支払機関に診療報酬の請求を行い、審査支払機関は請求内容の審査後、医療保険者に保険給付を請求し、支払いを受けたら医療機関に支払うという仕組みになっていますから、審査支払機関による立て替えは行われません。
  • 2 誤り。被保険者ではない患者としては、被保険者の被扶養家族や生活保護の医療扶助の受給者等が該当します。被保険者の被扶養家族の医療費は、自己負担以外は医療保険の給付としての家族療養費が支給されます。被保護者の医療扶助対象者の医療費は、医療扶助が現物給付として支給されます。いずれも医療機関の立て替え金ではありません。
  • 3 誤り。社会保険診療報酬支払基金は保険者ではなく、医療保険診療の適正性を審査し、診療報酬を支払う機関です。保険医療機関から請求された医療費が適正であるかどうかを審査し、適正であると認められた場合には、審査済みの請求書を医療保険者に送付します。医療保険者は審査支払機関に請求金額を支払い、審査支払機関はそれを保険医療機関に支払います。
  • 4 誤り。調剤薬局は、医療保険にかかる費用の請求機関の対象です。医療保険にかかる費用の請求機関には、この調剤薬局以外に、医科診療機関と歯科診療機関等があります。
  • 5 正しい。保険医療給付の対象となるのは、治療に要する費用に限定されており、予防接種や分娩費、健康診断、特定健康診査の費用等は、診療報酬の対象外です。

問題73 診療報酬に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 診療報酬の点数は、通常2年に一度改定される。
  • 2 診療報酬の改定率は、中央社会保険医療協議会が決定する。
  • 3 DPC/PDPSは、分類ごとに月ごとの入院費用を定めている。
  • 4 診療報酬点数には、医科、歯科、看護報酬が設けられている。
  • 5 外来診療報酬については、1日当たり包括払い制度がとられている。

正答1

解答解説

  • 1 適切。診療報酬の点数の改定は2年に一度行われます。介護報酬の改定は3年に一度行われるため、診療報酬と介護報酬の同時改定は6年に一度になります。直近の同時改定は、2018(平成30)年に行われました。
  • 2 適切でない。診療報酬の改定率は、社会保障審議会が定める診療報酬改定基本方針に沿って中央社会保険医療協議会が審議し、その審議結果に基づいて厚生労働大臣が決定します。
  • 3 適切でない。DPC/PDPSは、分類ごとに1日ごとの入院費用を定めています。DPC/PDPSとは診断群分類別包括支払い制度のことで、診断群分類に基づく1日あたり包括払い制度のことです。病名や手術、処置等の内容に応じて分類された「診療群分類」に基づき、それぞれの病名ごとに定められた1 日当たりの定額医療費を基本として計算する方式で、1日当たりの定額の点数が疾患別の「診断群分類」と呼ばれる区分ごとに入院期間に応じて定められています。
  • 4 適切でない。診療報酬の点数は、「医科診療報酬」「歯科診療報酬」「調剤報酬」の3種類に分類されています。看護報酬という分類はありません。
  • 5 適切でない。外来診療報酬については、出来高払い制度が採られています。出来高払い制度とは、診療行為の回数に比例して診療報酬を算定する方式で、診療で行った検査や注射、手術などの料金を積算して計算する制度です。

 いかがでしたか。では、今回の「権利擁護と成年後見制度」に入って行きましょう。今回は、「消費者契約法」と「特定商取引法」について取り上げていきます。