メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第35回 「低所得者への支援と生活保護制度」

 皆さん、こんにちは。受験まで約2か月となりましたね。不安や焦りを感じている方も多いかもしれません。これから十分力を付けることができますので、自信をもって取り組んでいきましょう。自分の弱点な科目や理解が不足している分野を把握し、不足している知識量を補い、曖昧な知識については確実な知識にしていきましょう。
 忙しい毎日のなかでの学習時間の確保は大変だと思います。限られた時間のなかで出題率の高い分野を確実に得点できるように効率よく学習していきましょう。

 今回は「低所得者への支援と生活保護制度」を取り上げていきます。この科目は大きく分けて、公的扶助の歴史的発展の経緯、生活保護制度の概要、保護の実施機関と役割、生活保護の実態、生活困窮者自立支援法、求職者支援法、低所得者等への生活福祉資金貸付制度やホームレス対策、被保護者の就労支援施策等に分類されます。
 今回は、扶養義務と各扶助の内容について取り上げます。では、まず前回の課題の解説をしておきましょう。

第21回 精神保健福祉士国家試験  「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」

問題57 障害者福祉制度の発展過程に関する次の記述のうち、最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 国連で定めた国際障害者年(1981年(昭和56年))のテーマは、「万人のための社会に向けて」であった。
  • 2 「障害者虐待防止法」(2011年(平成23年))における障害者虐待には、障害者福祉施設従事者によるものは除外された。
  • 3 「障害者雇用促進法」の改正(2013年(平成25年))では、雇用分野における障害を理由とした不当な差別的取扱いの禁止について、努力義務が課された。
  • 4 「障害者差別解消法」(2013年(平成25年))では、障害を理由とした不当な差別的取扱いの禁止について、民間事業者に努力義務が課された。
  • 5 障害者の権利に関する条約(2014年(平成26年)批准)では、「合理的配慮」という考え方が重要視された。

正答5

解答解説

  • 1 適切でない。国連で定めた国際障害者年のテーマは「完全参加と平等」です。続いて1983年から1992年を「国連障害者の十年」として「障害者に関する世界行動計画」を定めました。わが国はこれを契機に、1982(昭和57)年に「障害者対策に関する長期計画」を策定しました。これは「国連障害者の十年」の一環として、わが国の国内行動計画として策定されたものです。
  • 2 適切でない。障害者虐待防止法では、障害者虐待を、(1)養護者による虐待、(2)障害者福祉施設従事者等による虐待、(3)使用者による虐待の3種類に定義しています。虐待の種類は、身体的虐待、心理的虐待、養育の拒否・怠慢、性的虐待、経済的虐待の5種類に分類しています。
  • 3 適切でない。2013(平成25)年には障害者雇用促進法が改正され、雇用分野における障害を理由とした不当な差別的取り扱いの禁止を義務づけました。また事業主に対して、障害者に対する合理的配慮を提供することを義務づけ、職場における苦情解決や紛争解決の援助を行うことを努力義務と規定しました。なお、精神障害者の雇用を法律上に規定し法定雇用率の算定基礎に追加しました。
  • 4 適切でない。2013(平成25)年に制定された障害者差別解消法の制定により、障害者に対する不当な差別的取り扱いを禁止し、障害者の権利利益の侵害の禁止については、行政機関等、事業者ともすべて法的義務としました。また、差別解消措置として合理的配慮を規定し、行政機関は義務、民間事業者は努力義務としました。
  • 5 適切。障害者の権利に関する条約は、社会的障壁の概念を導入して障害を社会モデルの視点から捉え、障害者に対する合理的配慮を盛り込んだものです。「合理的配慮」とは、「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。」と定義されています。

 いかがでしたか。では、今回の「低所得者への支援と生活保護制度」に入っていきましょう。今回は、扶養義務と各扶助の内容について取り上げます。