メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第32回 「福祉行財政と福祉計画」

 皆さん、こんにちは。今回は「福祉行財政と福祉計画」を取り上げます。この科目は大きく分けて、地方自治法における行政組織、社会福祉にかかわる法定機関、行政における専門職、国と地方の福祉財政の実態、各法律を根拠とした福祉の行政計画という分野に分類されます。今回は、福祉計画の策定の分野について取り上げていきます。
 はじめに、前回の「地域福祉の理論と方法」の課題の解説をしておきましょう。

第21回 精神保健福祉士国家試験 「地域福祉の理論と方法」

問題32 地域福祉の政策に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 「これからの地域福祉のあり方に関する研究会」報告書(2008年(平成20年))では、地域住民の生活課題を踏まえて公助を拡大することの重要性が指摘された。
  • 2 生活困窮者自立支援法(2013年(平成25年))では、生活困窮者の自立の促進と尊厳の保持とともに生活困窮者支援を通じた地域づくりが基本理念とされた。
  • 3 「医療介護総合確保推進法」(2014年(平成26年))では、地域包括ケアシステムという用語が初めて法律に明記された。
  • 4 「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン」(2015年(平成27年))では、分野別の専門的相談支援体制の強化に向けての改革の必要性が提示された。
  • 5 社会福祉法の改正(2017年(平成29年))では、市町村地域福祉計画について、3年ごとに、調査、分析及び評価を行うこととされた。

正答2

解答解説

  • 1 誤り。「これからの地域福祉のあり方に関する研究会」報告書は、「制度の谷間」にある問題や多様で複合的なニーズや社会的排除に対して、これからの地域福祉は、地域における「新たな支え合い」(共助)を確立すること、そのためには、地域の生活課題に対して、住民が主体となって参加する場とネットワークづくりが必要であるとしています。
  • 2 正しい。生活困窮者自立支援制度の目標として、「生活困窮者の自立と尊厳の確保」「生活困窮者支援を通じた地域づくり」があります。本人の自己選択、自己決定を基本に、本人の状態に応じた自立を支援し尊厳を確保すること、また、生活困窮者の早期把握や見守りのための地域ネットワークを構築し包括的な支援策を用意して、生活困窮者が社会とのつながりを実感して主体的な参加に向かえるよう、相互に支え合う地域を構築することが重視されています。
  • 3 誤り。地域包括ケアシステムという用語が法律上初めて使用されたのは、2013(平成25)年12月に制定された「持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律」によります。この法律は、社会保障制度改革の全体像・進め方を明示するものとして制定されたもので、少子化対策、医療制度、介護保険制度、年金制度等の改革の方向性と具体的な施策を提言しています。「医療介護総合確保推進法」は、この提言を踏まえて、地域包括ケアシステムの構築と介護保険制度の持続可能性の確保を目的として制定されたものです。
  • 4 誤り。「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン」は、複合的な課題に対して、多機関の協働によって包括的な支援システムを構築していくことの必要性を提示しています。具体的には、「包括的支援体制構築事業」に「相談支援包括化推進員」を配置し、「相談支援包括化ネットワークの構築」などを実施していくこと等を提言しています。
  • 5 誤り。共生社会の実現を目的として2017年(平成29年)に改正された社会福祉法では、市町村地域福祉計画の策定が努力義務化され、市町村は策定した地域福祉計画について定期的に調査、分析及び評価の手続きを行い、必要に応じて見直しを行うことが努力義務とされました。ただし、見直し期間に関する規定はありません。

 いかがでしたか。「地域福祉の理論と方法」では、社会福祉協議会やコミュニティ論、特定非営利活動法人、民生委員、共同募金、地域における住民参加、住民主体の実際、地域福祉における専門職等についてもよく学習しておきましょう。
 では、今回の「福祉行財政と福祉計画」に入っていきましょう。今回は、福祉計画の策定について取り上げていきます。