メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第18回 低所得者に対する支援と生活保護制度

 皆さん、こんにちは。厳しい暑さが続きます。毎日の忙しさのなかでの学習は困難を覚えることと思います。健康に留意しながら、限られた時間のなかで効率的な学習を進めていきましょう。

 今回は、「低所得者に対する支援と生活保護制度」を取り上げます。この科目では、生活保護法をしっかり学習しておけば一定の得点を確保できますので、ぜひ生活保護法に習熟しておきましょう。

 また、生活保護法の改正、生活困窮者自立支援制度等、低所得者対策については、近年大きな改正や取り組みが進められていますので、特に注意して学習しておきましょう。この講座では12月に法改正・制度改正について重点的に取り上げていく予定です。では、はじめに前回の課題の解説をしておきましょう。

第21回 精神保健福祉士国家試験

問題58 「障害者総合支援法」の障害福祉サービスに関する次の記述のうち最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 生活介護とは、医療を必要とし、常時介護を要する障害者に、機能訓練、看護、医学的管理の下における介護等を行うサービスである。
  • 2 合同援護とは、外出時の移動中の介護を除き、重度障害者の居宅において、入浴、排せつ、食事等の介護棟を行うサービスである。
  • 3 自立生活援助とは、一人暮らし等の障害者が居宅で自立した生活が送れるよう、定期的な巡回訪問や随時通報による相談に応じ、助言等を行うサービスである。
  • 4 就労移行支援とは、通常の事務所の雇用が困難な障害者に、就労の機会を提供し、必要な訓練などを行うサービスである。
  • 5 就労持続支援とは、就労を希望し、通常の事務所の雇用が可能な障害者に就労のために必要な訓練などを行うサービスである。
  • (注)「障害者総合支援法」とは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

正答 3

解答解説

  • 1 適切でない。生活介護とは、障害者支援施設等で、常時介護を要する障害者に、主に昼間、入浴、排泄、食事等の介護、創作活動・生産活動の提供、身体機能・生活能力の向上等の援助を行うサービスである。医療を必要とし常時介護を要する障害者に機能訓練、看護、医学的管理の下における介護等を行うサービスは、療養介護である。
  • 2 適切でない。行動援護とは、行動に著しい障害のある知的障害や精神障害を有する者に対して、行動の際の危険回避のために必要な援護や移動中の介護等を行うサービスである。外出時の移動中の介護を除き、重度障害者の居宅において、入浴、排泄、食事等の介護等を行うサービスは、重度訪問介護である。
  • 3 最も適切である。自立生活援助は、居宅で単身等で生活する障害者に、原則1年間、定期的な巡回訪問や随時通報を受けて行う訪問等により、居宅における自立した日常生活を営む上での問題を把握し、必要な情報提供、助言、相談、関係機関との連絡調整等の必要な援助を行うサービスで、対象は、障害者支援施設や共同生活援助(グループホーム)等を利用していた一人暮らしを希望する者等である。
  • 4 適切でない。就労移行支援とは、一般就労を希望する65歳未満の障害者に対し、一定の期間、生産活動、職場体験等の機会の提供等により、就労のための訓練、就労の相談に応じ就労支援を行うサービスである。選択肢の記述は、就労継続支援の説明である。
  • 5 適切でない。就労継続支援は、通常の事業所の雇用が困難な障害者に、就労の機会を提供し、必要な訓練等を行うサービスで、「就労継続支援A型(雇用型)」と「就労継続支援B型(非雇用型)」がある。「就労継続支援A型」は、企業等に就労することが困難な障害者に対して、雇用契約に基づいて、生産活動の機会の提供、知識・能力の向上のために必要な訓練等を行う。「就労継続支援B型(非雇用型)」は、通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害者に、生産活動の機会の提供、知識・能力の向上のために必要な訓練等を行う。

いかがでしたか。それでは、今回の「低所得者への支援と生活保護制度」について、出題基準に沿って近年の出題傾向を分析し対策を立てていきます。