メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第14回 地域福祉の理論と方法

 皆さん、こんにちは。忙しさのなかで体調を崩さないよう、健康管理に留意しながら学習を進めていきましょう。今回は「地域福祉の理論と方法」を取り上げていきます。この科目は、地域におけるさまざまな分野の実践について出題されますので、どの分野から出題されても対応できるようにしておきましょう。それでは、まず前回の課題の解説をしておきます。

第21回 精神保健福祉士国家試験 「現代社会と福祉」

問題24 イギリスにおける福祉政策の歴史に関する次の記述のうち、正しいもの1つ選びなさい。

  • 1 エリザベス救貧法(1601年)により、全国を単一の教区とした救貧行政が実施された。
  • 2 労役場テスト法(1722年)は、労役場以外で貧民救済を行うことを目的とした。
  • 3 ギルバート法(1782年)は、労役場内での救済に限定することを定めた。
  • 4 新救貧法(1834年)は、貧民の救済を拡大することを目的とした。
  • 5 国民保険法(1911年)は、健康保険と失業保険から成るものとして創設された。


正答 5

解答解説

  • 1 誤り。エリザベス救貧法は、全国を単一の教区とした救貧行政を行ったのではなく、救貧の財源として教区ごとに救貧税を徴収し、教区ごとに置かれる貧民監督官が救貧行政を実施しました。貧民を「有能貧民」「無能貧民」「扶養する者がいない児童」に分類し、「有能貧民」は、ワークハウス(労役場)に収容して労役を課し、「扶養する者がいない児童」は強制的に徒弟に出し、救済は「無能貧民」に限定して、救貧院に収容するという制度で、本質的に救貧を目的とするよりも、都市の治安を維持し、都市にあふれた浮浪者や貧困者を排除、抑圧することを目的とする法律でした。
  • 2 誤り。労役場テスト法は、労役場の中でのみ貧民救済を行うとした法律です。エリザベス救貧法におけるワークハウスは、労働力のある貧民に労働を課す収容施設でしたが、収容者の増加や濫給によって救貧費用が増大したため、国は救済の申し出を思いとどまらせるために、過酷な労働に耐える意志の有無を確認するワークハウステスト法を制定しました。この結果、ワークハウスは、入所者に厳しい労働と規則を課し、違反者には厳しい処罰を行う「恐怖の家」となり、救済を申請する有能貧民は減少し、実質的には、老人や児童、障害者、病人などの混合施設となってしまい、労役場というより、救貧院としての性格のほうが強くなっていきました。
  • 3 誤り。ギルバート法は、居宅での貧民救済を行うことを定めた法律です。エリザベス救貧法のもとにおける抑圧的、処罰的救貧行政に対して、人道的な立場から制定されたもので、実質的な救貧院の性格を持つようになった労役場には、老齢者や病者等の労働能力のない者だけを収容し、労働能力のある者は、居宅において職業を斡旋するという院外救済を行うというものでした。
  • 4 誤り。新救貧法は、貧民の救済を縮小することを目的として制定されました。居宅保護を行ったギルバート法やスピーナムランド制度によって救貧税が膨大化したことに対して、マルサスの『人口論』やアダム・スミスの『国富論』の考え方に基づき、公的救済は怠惰を生みだすだけであり、貧困は自己努力によって克服すべきであるとして、公的な救済を最小限に抑制することを目的として制定されました。救済行政の「全国統一の原則」、最底辺の労働者の生活水準より低い救済基準とする「劣等処遇の原則」、院外救済を禁止しワークハウスに収容する「院内救済の原則」に基づき、救貧の対象を極めて限定し、救貧を抑制することを目指しました。
  • 5 正しい。1911年に制定された国民保険法は、健康保険と失業保険から成り、社会保険によって、病気や失業による貧困から国民を守ろうとするもので、イギリス救貧法体制の改革を目的として制定されました。ベヴァリッジ報告における少数派報告の意見は、国民にすぐには受け入れられませんでしたが、ウェッブ夫妻は啓蒙活動を全国的に展開していき、その後の総選挙によって、労働者階級を含む政党が勝利し、さまざまな社会保障関連の法律が成立していき、その集大成ともいえる社会保険に関する法律です。

 いかがでしたか。「現代社会と福祉」の科目では、福祉の原理論やニード論、福祉政策などについてもよく学習しておきましょう。では、「地域福祉の理論と方法」について、出題基準に沿って過去問題を分析しながら対策を立てていきます。