メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第13回 現代社会と福祉

 皆さん、こんにちは。学習は進んでいますか。大学生の皆さんは、実習や就職活動等でなかなか学習の時間が取れないかもしれません。また働いている皆さんも仕事に追われ、時間との闘いの日々だと思います。体調に気をつけながら、自分の学習ペースを作っていってください。

 今回は「現代社会と福祉」を取り上げます。福祉政策論をはじめ、ニーズと資源、福祉と経済の関係、現代社会の課題等、広範囲におよぶ知識と理解が求められます。苦手な方が多いと思いますが、共通科目の基盤となる科目なので、他の科目を理解するためにも、基本的な福祉の考え方と枠組みについて十分学習しておきましょう。

 では、最初に前回の課題の解説をしておきます。

第21回 精神保健福祉士国家試験 「社会理論と社会システム」

問題20 社会的行為の主観的意味を理解することを通して、その過程及び結果を説明しようとする考え方を表す用語として、最も適切なもの1つ選びなさい。

  • 1 合理的選択理論
  • 2 主意主義的行為
  • 3 理解社会学
  • 4 コミュニケーション的行為
  • 5 社会システム論


正答 3

解答解説

  • 1 適切でない。合理的選択理論とは、個人の合理的行為と社会全体の利益について分析した理論です。一人ひとりが個人の利益を追求し、合理的と思われる行為を選択すると結果的に社会全体の不利益をもたらしてしまうという、「社会的ジレンマ」に代表される理論です。2人のそれぞれの行為が相互に影響を与える「囚人のジレンマ」、共有地で自己の利益を追求して次々に放牧する牛の数を増やしていくと、結果的に共有地の草が無くなってしまうという「共有地の悲劇」などがあります。
  • 2 適切でない。主意主義的行為とは、「内面化された価値観による主体的な意志による行為」という意味で、パーソンズが提唱した概念です。「万人の万人のための闘争」という「ホッブズ問題」に対して、社会の構成員が内面化された主体的な意志として共有する「共通価値」に基づいて社会的行為を行うことにより、社会秩序の維持がもたらされるとして、「主意主義的行為」論を提唱しました。
  • 3 適切。理解社会学は、ウェーバーの社会学の立場です。ウェーバーは、個人の行為の主観的意味を内面的に理解して、その行為を引き起こす動機によって社会的行為を分析する立場に立ち、これを「理解社会学」と名づけました。ウェーバーは社会的行為を、「目的合理的行為」「価値合理的行為」「感情的行為」「伝統的行為」に分類しました。
  • 4 適切でない。コミュニケーション的行為は、ハーバマスが提唱した理論で、言語を媒介として、自己と他者の相互了解や合意形成を目的として行われる行為です。真理性、正当性、誠実性に基づき、承認や異議を自由に表明しながら行われる、主体的なコミュンケーションによる合意形成としてのコミュニケーション的行為によって、真の意味での社会秩序の形成に、より近づくことができるとしました。
  • 5 適切でない。社会システム論とは、生態学の影響を受けたシステム思考を基盤とする 理論で、システムを要素の集合として捉え、各要素間が相互に影響を与えて、システム全体に影響を与えていると考えます。パーソンズは、社会をシステムとして捉え、社会というシステム全体は、それぞれ独自の機能を持ったサブシステムが相互に影響しあい、社会という全体のシステムの秩序を保っているとしました。

 いかがでしたか。「社会理論と社会システム」は、範囲が広く概念的な理解が求められますので、内容をよく理解して学習していきましょう。それでは、「現代社会と福祉」を取り上げていきます。出題基準に沿って対策を立てていきましょう。