メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第5回 精神保健福祉相談援助の基盤

精神衛生相談員

 1964(昭和39)年のライシャワー事件を契機に、1965(昭和40)年には、精神衛生法が一部改正されました。この改正で、保健所が地域の精神保健行政の第一線機関として位置付けられ、保健所に精神衛生相談員が配置できることとされました。精神衛生相談員の任用対象者として、大学で社会福祉に関する科目を修め卒業した者、精神衛生に関する知識および経験を有する者、その他政令で定める資格を有する者等が含まれました。

札幌宣言

 1973(昭和48)年には、日本精神医学ソーシャルワーカー協会の全国大会で、Y問題が提起され、精神科ソーシャルワーカーによる精神障害者への人権侵害が課題とされました。

 日本精神医学ソーシャルワーカー協会は議論を重ね、協会の目的を、「精神障害者の社会的復権と福祉のための専門的・社会的活動」を行う組織として位置付けました。そして1981(昭和56)年の協会の指針において、「クライエントの立場を理解し、その主張を尊重する」という、本人の立場に立った日常実践の深化と確立のための取り組み、精神障害者を取り巻く状況分析を通して、日常実践や協会活動を進める取りくみ、あるべきワーカー・クライエント関係の樹立に向けた取り組み等の課題を提示しました。

 1982(昭和57)年には、日本精神医学ソーシャルワーカー協会全国大会で、この内容を基本指針とする、「札幌宣言」を採択しました。

精神保健法制定と精神科ソーシャルワーカーの必要性の認識

 翌年の1983(昭和58)年には宇都宮病院事件が起こり、我が国の精神医療現場における人権侵害が世界的に問題となりました。これを契機に、1987(昭和62)年には、精神衛生法が改称・改正され、任意入院制度や精神医療審査会、退院請求制度等が規定されて、精神障害者の人権を重視した精神保健法が制定されました。このときの附帯決議として、精神科ソーシャルワーカー等の、マンパワーの充実を測ることが盛り込まれました。

精神科ソーシャルワーカーの国家資格化

 ソーシャルワーカーに関する国家資格の制度としては、1987(昭和62)年には、「社会福祉士及び介護福祉士法」が成立し、社会福祉士が国家資格化されました。このときはまだ、独立した精神保健福祉士という資格は国家資格化されませんでした。

 1995(平成7)年には、精神保健法は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に移行し、1993(平成5)年改正時と同様、附帯決議に「精神科ソーシャルワーカーの国家資格制度の創設」について検討することが盛り込まれ、精神保健福祉士の国家資格化への取り組みが加速しました。
 そして、1997(平成9)年には精神保健福祉士法が制定・公布され、精神保健福祉士の国家資格化が実現しました。

精神福祉士の業務の拡大

 その後、社会的ニーズに対応して、精神福祉士の業務の範囲が拡大し、2010(平成22)年の精神保健福祉士法の改正では、障害者自立支援法(現在の障害者総合支援法)における地域相談支援の利用に関する相談が規定され、精神保健福祉士の業務として明記されました。

以上の内容を簡単に表にしておきましょう。

社会事業婦 1948(昭和23)年国立国府台病院に社会事業婦という名称で精神科ソーシャルワーカーを初めて配置。
日本精神医学ソーシャルワーカー協会設立 1964(昭和39)年日本精神医学ソーシャルワーカー協会設立。構成員の所属先は、ほとんどが精神科病院勤務者だった。
精神衛生相談員 1965(昭和40)年精神衛生法一部改正により保健所に精神衛生相談員が配置できることとされた。任用対象者に大学で社会福祉に関する科目を修め卒業した者を含む。
Y問題 1973(昭和48)年Y問題提起。日本精神医学ソーシャルワーカー協会は、「精神障害者の社会的復権と福祉のための専門的・社会的活動」を行う組織として位置付けた。
精神保健法制定 1983(昭和58)年の宇都宮病院事件を契機に1987(昭和62)年、精神障害者の人権を重視した精神保健法制定。附帯決議に精神科ソーシャルワーカー等のマンパワーの充実を測ることを明記。
国家資格化 1997(平成9)年精神保健福祉士法制定。
業務範囲の拡大 2010(平成22)年、精神保健福祉士の業務に地域相談支援の利用に関する相談が規定された

 いかがでしたか。私たちが目指している精神科ソーシャルワークの発展の経緯をみると、新たに気持ちが引き締まる思いがします。次回は、「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」を取り上げていきたいと思っています。
 では、第21回精神保健福祉士国家試験の問題から今回の課題を挙げておきますので、チャレンジしてみてください。

第21回 精神保健福祉士試験 「精神保健福祉相談援助の基盤」

問題16 精神科ソーシャルワーカーの歴史に関する次の記述のうち、正しいもの2つ選びなさい

  • 1 1948年(昭和23年)に、精神科ソーシャルワーカーは精神衛生相談員という名称で初めて精神病院に配属された。
  • 2 1964年(昭和39年)に、保健所の精神衛生相談員を主たる構成員とする日本精神医学ソーシャル・ワーカー協会が設立された。
  • 3 1987年(昭和62年)の精神衛生法改正時の附帯決議では、精神科ソーシャルワーカー等のマンパワーの充実を図ることとされた。
  • 4 1993年(平成5年)の障害者基本法では、精神科ソーシャルワーカーの具体的な義務が規定された。
  • 5 2010年(平成22年)の精神保健福祉士法の改正では、精神障害者への地域相談支援の利用に関する相談が精神保健福祉士の役割として明確に位置づけられた。