メニュー(閉じる)
閉じる

ここから本文です

張先生の受験対策講座

張 百々代(はり ももよ)

受験勉強のガイド役となるのがこのコーナーです。受験対策のプロである張(はり)先生が、あなたの合格までの道のりをサポートします。

プロフィール張 百々代(はり ももよ)

精神保健福祉士・社会福祉士。児童養護施設、老人福祉施設での勤務を経て福祉系専門学校講師に。
現在は受験対策講座講師、各大学での受験対策に従事しており、第三者後見人として精神障害者・知的障害者の成年後見活動にも携わっている。

第2回 本試験までの学習方法について

 皆さん、こんにちは。新年度を迎え、新たな思いでスタートを切られたことと思います。
 大学の最終学年を迎えた4年生、受験資格取得のために養成校に入学された方、現場で一層責任ある立場に立たれた方々等、さまざまな形で決意を新たにしておられることでしょう。

 大学生の方々は卒論や実習、就職活動と受験勉強との両立、現場で働いておられる方々は責任ある仕事との両立になります。専門学校の方々は日々の学習に毎月のレポート提出やスクーリング、現場実習との両立となり、現場で働いていて指導的立場の方は部下の指導や運営管理、残業等との両立、そして主婦の方々は子育てと仕事と勉強の両立です。
 どなたにとっても、これからの受験は時間との闘いになるでしょう。健康に留意して、限られた時間のなか、効率よく合格できる力をつけていきましょう。

 どなたも置かれている状況は異なりますが、精神保健福祉士の国家試験に合格するという目標は一つです。この受験対策講座がこれからの約10か月、初受験の方にとっても再チャレンジの方にとっても、ともに合格に向かって励まし合い研鑽していける場になるよう、さまざまな角度から学習を支援していきたいと思っています。
 では、今回は試験までの学習方法と学習計画の立て方について取り上げていきましょう。

精神保健福祉士国家試験の性格

 まず、近年の精神保健福祉士の国家試験の結果から、精神保健福祉士の国家試験の性格と特徴を把握しておきましょう。
 前回もみましたが、第21回の合格率は、全科目受験者の場合62.7%、合格ラインは87点、得点率は53.3%でした。共通科目免除受験者の場合は、専門科目80点のうちの合格ラインは41点、得点率は51.3%でした。

合格率

 全科目受験生の合格率についてみてみると、第19回からは、62.0%、62.9%、62.7%となっており、過去3年は62%台を維持しています。出題形式の変化や問題の難易度に大きな変化がない限り、合格率の約6割という基準は今後も維持されるのではないかと思われます。

合格ライン

 合格ラインは、最も気になるところですが、第17回が91点、第18回が86点、第19回が91点、第20回が93点、第21回が87点でした。80点台後半から90点台前半の微増減を繰り返している状況といってよいでしょう。

 合格ラインは、問題の難易度と受験生の実力、及び得点率をどの位置に設定するかによって変化します。得点率だけをみると、第16回が50%、第17回が56%、第18回が53%、第19回が55.8%と、第20回が52.5%、第21回が53.3%となっており、50%から60%の範囲を推移しています。

6割の試験

 以上のことから、全問のうち約6割が解ければ、合格できるということ、また100人のうち60人は合格できるように、問題が作成されている試験であるということができます。

完璧を目指さなくてよい

 完璧を目指さないというと、いい加減でよいのか、ということになりますが、そういうことではありません。以上にみてきたように、精神保健福祉士の国家試験に合格するためには、163問のすべてが解けなければいけないということではないということがおわかりいただけたと思います。163問のすべてを正解する力は求められていないので、完璧を目指す必要はないということを、まず確認しておきましょう。

難問にとらわれない

 なぜ、最初にこれを確認する必要があるかというと、過去問を解くとき、全問をすべて理解しなければならないと思い込んでしまい、いわゆる難問といわれる問題に時間をかけてしまって、本来できなければならない問題を、おろそかにしてしまう傾向がみられるからです。

出題の構成

 試験問題の構成についてみていくと、このことがよくわかります。問題の構成は、精神保健福祉士として、当然知っていなければならない基礎的な内容の問題が約5割、それらの知識を応用して実践で活かせるかどうかという、応用力を問う問題が約2割、新制度や時代の動向を正確に把握しているかという問題が約1割で、そのほかの約2割は、落とすための問題だと考えていいでしょう。

 つまり全問のうち25問から30問近くは、いわゆる難問といわれる、落とすための問題も入っているということです。専門科目、共通科目それぞれ15問ほどは、1回限りの極めて時事性の高い問題や、聞いたことのない人物や理論が出題されることがあります。

 このような構成になっていますから、受験対策としては、必ず得点させるために作られている、基礎的な問題に対応できる内容を、十分に学習することがまず基本になります。そして、それらの知識を応用することができる力をつけていくこと、最後に新制度や時代の動向について、データ関係を含めてチェックする、という学習を行っていくのがよいでしょう。過去問を解いていくとき、落とすためのいわゆる難問、落とし問といわれる問題に、時間をとられないように注意しましょう。

共通科目は理解を中心に

 また、受験生に共通してみられるのは、専門科目は何とかなりそうだが、共通科目が苦手で不安だという方が多いということです。これは、共通科目は暗記力ではなく、理解力が求められるのがその理由かもしれません。

 たとえば、単純に言葉や人物・業績を暗記しても、それらの歴史的背景や意味、理論に対する理解が無ければ、本試験に対応できる力にはなりません。学習の仕方のコツは、暗記する前にその内容をよく理解することです。よく理解したあとに、その知識を定着させるために暗記していくと、非常に記憶が定着しやすくなります。

学習の進め方

 学習の進め方には、大きく分けて2つあります。一つは、テキストなどを最初から読み進めて、全体の概要を知ってから問題を解いていく方法です。この方法は、知識を満遍なく網羅して学習できるという長所はありますが、重要なポイントがどこなのか把握できないため、漫然とした学習になってしまいやすいという短所があります。

 もう1つの方法は、まず問題を解いて出題の傾向を把握してから、テキストなどで理解を深めていくという方法です。この方法は、ポイントを把握しやすいという長所がある反面、全体の流れがつかめず知識がバラバラになってしまいやすく、内容相互の関連が把握しづらいということ、問題に出題されていない部分は見落としやすいという弱点があります。